ひとりごと

追究

 3月ですね。すっかり暖かくなってきました。

 ここ1ヶ月くらいポタージュスープを作るのにハマってるんですけど、春になったのを油断して1日放置していたらドロドロに腐っていて変な臭いがしていたので全部捨てました。辛い。それ以降はちゃんと学んだので作ったら冷蔵庫に入れています。


 いや、ほんと、夕食はほぼ100%自炊してるの結構ちゃんとしてる方だと思うんですけど、それでも週7で外食してることになるわけで、これ以上ちゃんと自炊比率上げて節約を極めてる人は一体どうやって時間とかモチベーションとかをやりくりしているのか気になるし、

 逆に今の自分の生活でもそこそこ食費かかってるなーと思うので、もっと自炊してない人はどういうお金の使い方をしているのかも気になって仕方ない……と思ったんですけど、調べたら20代の貯金額の中央値が8万らしいので、自炊していない人はほんとに収支ゼロでギリギリを走ってるんだろうなと思いました。

——————–

 先々週くらいまで仕事が忙しすぎてブログどころではなかったのですが、いろいろひと段落したので先週は久々にヒトカラに行きました。

 とりあえず入ったと聞いた『INAZMA』と『フォニイ』が歌えて満足。ただ何も考えずにDAMにしたらクマリデパートが1曲もないし、ヒトリエ曲も少ないしでいろいろ困りました。

 基本的にJOYSOUNDの方が好きな曲多いんですけど、ただlyrical schoolの『ワンダーグラウンド』と『brand new day』がDAMにしかないので、たまに入るとそっちが唄えて楽しかったりします。

 ワンダーグラウンド、私がリリスクにハマったきっかけの曲ですけど、歌詞の韻の踏み方が凄すぎて毎回感動する。『逆さまにした砂時計 それは誰かのいたずらのせい』とかで7文字踏んでるのも凄いし、それでいて出てくる単語に一貫性があって無理やり感がないのが好きです。脈絡のない単語を出して韻を踏むのは誰でもできるし、それはラップじゃなくてダジャレ寄りだと思ってしまうので聞いてて恥ずかしくなる。フリースタイルならそれでも十分に凄いですが。

——————–

 ラジオ。最近は本当に霜降りANNがただただ面白くて毎週楽しみです。トークも面白いけどコーナー全部面白すぎる。永遠に続いてほしい。

 Creepy NutsのANN、1部昇格! まあ人気としても実力としても納得。最近はほとんど聴けていませんが楽しみです。ずっと言ってるけど朝井リョウさん呼んでくれないものかな……。

 YOASOBI ANNXは3月終了、残念……。元々1年予定とは言われていたし、スケジュール的な問題というのは仕方ないと思うものの、記念公演の主題歌をCreepy Nutsとコラボで担当するというニュースもあったり、明らかに評判が良くてもう1年続けるルートに乗っていたので期待してたのですが……。

 これで安眠ラジオがなくなってしまった。なんか良い感じに「時々聴きたい」くらいの番組が1つあるといいなと思います。長屋晴子ANNXはちょっと楽しみだけどそうじゃないんだよなー。同世代の2人喋りというのが良かったので。

 EXITのANNXが霜降りの前の時間帯に来たのはとても嬉しいですね。絡みが楽しみ。

——————–

 あとは相変わらずYouTubeばかり観ています。

 リリスクで一番推してたhinakoさんがYouTuberデビュー。可愛い。

 ちょっと編集に気合い入りすぎというか、効果音とかリプレイとかもうちょっと減らしてほしいのだけど、普通の女の子にウケてるYouTubeチャンネルはこういう編集なイメージも確かにあるので好みの問題なのかなあ……。

 まあそれを差し引いても可愛いので観てられる。初回は緊張気味だったので、もうちょっと緩くて本人が楽しんでる雰囲気の動画が増えてきたら嬉しい。ディズニーについてひたすら語るみたいなのとかやってくれそうだし、美味しいものをたくさん食べてほしい。

 あと、そもそもの話、hinakoさんは大学卒業したらリリスクも卒業しちゃうだろうなと思ってたんですよね。看護師大変そうだし。アイドル向きなタイプではあると思うけれど、そういう人ほどあっさり辞めて普通のOLとしていくらでも幸せな人生を送れると思うし。

 それが、まあコロナとかで負担が減ったとかの要因もあるかもしれませんが、こういう活動を新たに始めるというのは、しばらくは卒業しない、卒業したとしても表舞台から離れるわけではないという意志表示でもあるはずなので、かなり嬉しいです。

 リリスクの握手会も4年くらい行ってないなあ……。あまりにも期間空きすぎると、お久しぶりですって言っても向こうが思い出せなくて、思い出せないのは全然いいんだけど気まずい思いをさせてしまうんじゃないかと心配になってますます行けないというループ。Twitterでいろいろツイートしてた頃はまだHNと合わせて認知のフックがあった気もするのですが、今はそれもやってないので。

——————–

 あと、最近ハマっているのがポケソルことポケモンソルジャーさん。

 ポケモン対戦に関する動画を上げているのですが、剣盾のガチ対戦攻略に限らず、ポケモン対戦をやってた知識があったら何となく楽しめる動画も多い。メンバーが第4・5世代からの廃人ということで、私が一番やってたBW~XY~SM時代の話も出てきて、懐かしくて、とりあえず流し聴きするのにちょうどいいです。

 

 ポケソルのA0さんとか、フェアリーchのドラ焼きさんとか、あとはデュエプレ配信で観てるこむさんとかもそうですけど、なんかこう、ちゃんと頭が良くて理性がある人がいることでの雰囲気の良さというか。

 YouTuberというかインターネット全般で、やっぱり強い言葉で言い切って対立構造を煽るとか、真実を伝えます!みたいな立ち位置の方がわかりやすく人気が出るのは間違いなくて、まあそれこそ今だったら暴露系とかもそうだと思いますけど、そういうのは全然観たくないので、

 そうではない人たちが程よくエンタメを提供する立場として活動を継続できるくらい儲かっていてほしいなあと強く思います。まあその方向性のトップランナーがQuizKnockだと思いますが。


 ポケソルの動画を観てちょっとポケモン対戦またやりたいなーという気持ちが出てきたところに、スカーレット・バイオレットが発表。

 オープンワールド化はびっくり。別に嫌ではないんですけど、レジェンズアルセウスからそんなに間が空いていないこと、アルセウスのUIが評判良くないということもあってちょっと心配。

 ポケモン本編って最終的には快適さが一番欲しいゲームなのでそういうのあんまり求めてないんだけどな……みたいな気持ち。


 あとこの感じだとやっぱり全ポケモン登場はしないのか……というのも悲しみ。このポケモン使えないんだ……というところでガッカリしてしまいそう。

 あとメガシンカも返してほしい……。メガデンリュウとかメガチルタリスとかの可愛い系のメガポケモンが普通に好きだったので。メガガルーラ・メガゲンガーあたりを調整した上で復活させてほしい。

 半年後までモチベーションが残っているかどうかは不明なので、テンションが上がった今のうちに剣盾の対戦デビューしようかなと思ったんですけど、今のランクマッチのルールが禁止伝説ポケモン2体まで採用可能という、剣盾を2年間やり尽くした廃人だけが楽しめるルールだったので心が折れてしまいました。シナリオくらいは最後までやろうかな……。

 レンタルパーティで数戦潜ってみたんですけど、やっぱりこう……完全に懐古厨みたいになってしまうんですけど、そもそもダイマックスというシステムが、それまでのポケモンの醍醐味だったサイクル戦を否定して別ゲーになってしまっている気がしているんですよね。

 やり込めばそれはそれで楽しい部分もあると思うんですけど。まあそもそもSMのZ技もそうだったんですけど、「このポケモンにこれを後出しできる」みたいな概念がどんどん薄れていて、メジャーポケモンがマイナーポケモンを狩るのにどんどん苦労しなくなっているというか。ダイマックスはその上で技を撃ってるだけで能力上昇まであるので余裕がない。6~7世代で愛用していたヌオーが活躍してるのだけはちょっと嬉しかったです。

——————–

 つい最近始まったチャンネルでもう1つ期待しているのがボンタクTube

 フェアプロきっかけでデュエマの対戦動画だけ観てる話はちょくちょくしていると思うんですが、このチャンネルのアプローチは結構新しくて、「競技志向のメンバーが集まって、最適なプレイについて話しながら対戦を重ねる調整の様子を生配信でひたすら垂れ流す」というもの。

 5時間の生配信、もちろんさすがに全部は観てないんですけど、流し見するにはちょうどいい。単純に大人になってもこういうのでわちゃわちゃ盛り上がってるのが楽しそうだなとは思いますし、期待値計算とか事前情報を基に、プレイにおける分岐を適切に選んでいって練度を上げていく面白さというのは確かにあるんだろうなーと。

 正直なところ、昔やってたような、面白い動きをするデッキでそこそこに遊ぶみたいなのはもうどうやっても帰ってこないし、別にこう、そういう友達が欲しいなとかでもないんですよね。

 なんかこう、例えばデュエマやりたいですってTwitterで絡みに行くとか、Discordのそういうサーバーに入るとかで、そういう環境を作ることはできるんでしょうけど、そこで自分のやりたいことを通してニヤニヤしている自分を想像した時に、別に自分がそれを楽しいと思えていなさそうというか。たぶんそこで嫌われないように立ち回るストレスの方が上回ってすぐに嫌になってしまいそう。

 だから万が一復帰するとしたら、仲良くなることが主眼ではない大会に出るとかそういう方向になるんでしょうけど、ただそれをやるにしても仲間が必要という……。

 そういうわけでとりあえずはデュエプレをやっています。覚醒編、ちょうど自分が一番ハマっていた時期に入るので楽しみ。Splatoon3が出るまでちょっと真剣にやろうかなと思っています。

 っていうかSplatoon3、7月に出るとしたらあと4ヶ月とかなんですね。早い。

——————–

 すっかり月1です。さすがに今月はもうちょっと更新したい気持ちはありましたが……。

 ブログで書きたいこともないわけじゃないしレビュー記事とかも上げたいんですけど、やっぱり優先度として今はなかなか上がっていかないですね。ただやりたいことはあるので引き続き頑張りたいと思います。


 こう……とにかく自分の主体性のなさみたいなことを最近プライベートでも仕事でも反省する機会が多くて、どっちでもいいんだけどなあという姿勢だといろんな機会だったりを逃していくことが多い。どっちでもいいならあなたにお願いしたい、というほどの才能だったり人望があったりする人にしか許されないポーズなので。それは。

 もちろんそれが特に苦手なタイプではあると思うし、そういう姿勢によって揉め事を避けられている側面というのは確かにあると思うのですが……ここを克服していくことが自分の今年の目標になっていくんだろうなと思います。そこが自分の天井になってしまっているというか。なんかこの悩みも何回も書いている気がしますが……。

 環境の中でやっていくしかない、というのはずっと思っているけれど、その中で言われたことをそのままやるだけというのは別に最低ラインではなくて、今の会社での立ち位置というのがそれ以上に成長していくことを前提にしたポジションだから、走り続けないと維持できないんですよね。ベンチャー企業だからこそというのもあるかもしれませんが。

 そこで頑張った結果うまくいきませんでした、はもちろんあるかもしれないけれど、とりあえず頑張るだけ頑張ろうと言い聞かせています。いやでもそんなことを言ってる間にもう上半期も半分終わるんですよね。早すぎる……。もう少し頑張ります。