ひとりごと access_time

ロジックとシステム

 今働いている会社は10~19時勤務なのですが、テレワークになってから、11時ギリギリに出勤ボタンを押して、21時くらいまで働いていることが多いです。21時を超えると残業申請が必要になるので。

 なのですが、昨日の夜は20時くらいに仕事を終わることができたので、そこからの1時間で豚ロースとほうれん草の炒め物を作りました。

 本来仕事が終わる時間に、既に自炊と食事を終わらせていることの満足感がとても高かったです。


 結構最近自炊を頑張っている期間に入っている気がします。いや、一人暮らし始めてから自炊全くしてない時期は別にないので、そういう意味ではずっとやってるんですけど。

 夕食はよほど疲れてる時以外は自分で作っているものの、仕事してる最中に昼食まで作るのはちょっとしんどいなあという感じだったのですが、ここ2週間くらいは週2~3くらいは3食とも自炊してますね。


 最近のお気に入りはキノコとアボカドとベーコンのパスタ。アボカドを炒めるという発想あんまりなかったけど、生で食べる場合と違って熟しきってなくても食べられるので便利です。

 アボカド、野菜系に分類される中で唯一ちゃんと美味しいのが素晴らしいですよね。キャベツとかニンジンとかジャガイモとかも、調理方法によっては美味しく食べられますけど、それって結局塩と醤油がおいしいだけというか。風邪薬を水と一緒に飲むときの感覚の延長線上にあると思っています。

 その点、アボカドだけは生で何もつけずに食べてもまあまあ美味しいので凄い。あと、本当に何も作りたくない時にとりあえずマグロの刺身を買ってきて切って醤油と和えれば1食それっぽいものが成立するのも良い。


 なので一時期は週に3個くらい買って毎日食べてたんですけど、先週のオードリーのオールナイトニッポンで、フワちゃんがエアロビの大会直前はアボカドを食べないようにしていた、という話を聞いて、食べすぎは良くないのかなと思ってちょっと控えています。まあ普通に飽きますしね。

 何だかんだで自分の中で良い距離感というか、このくらいなら30分で作れてそんなに苦にならないな、というラインが掴めてきた気がする。何よりも他の生命維持活動と違ってダイレクトに幸せを得られるのが良いですよね。

 ちゃんと美味しいものを作ったらちゃんと美味しいし節約にもなるという。わざわざ料理作った結果ストレスが溜まってお金もかかるとかだったら絶対やってないので、やったことに対するフィードバック、報酬が正しく返ってくるので気持ち良いです。


 その意味だと、美味しいものだけ食べていると健康を害する、というのがあんまり理に適ってないなと思います。システムとして安全が担保されていないというか。自動化ツールやチェック機構によって、人間がどれだけ油断していたとしてもそれによってサービスがダウンしたりしない仕組みが整えられているのが良いサービスだと思うので、自分の脳で栄養バランスを考えなきゃいけないのってあんまり良くないですよね。……みたいなことを考える人がオートミールとかのサービスを発明したんだろうな。



 そこにリングフィットまで追加でやる気力はないので最近サボり気味です。

 やりたいことに対して全然やりきれている感じがないのは、突き詰めると自分の体力がないからかなとも思うんですけど、リングフィットやると余計疲れて他のこと全然できなくなるというジレンマ。難しい。


 仕事でコード書いてると仕事以外でまでコード書きたくない、というか、

 あんまり同じ方向のことに偏るべきではないんじゃないかということはちょっと考えていて、

 脳の同じ領域だけをずっと使っていることでうまく負荷が分散されていないんじゃないかと思ったりします。


 本来、仕事と全然関係ない領域のエネルギーを使うことを趣味としての息抜きにしたいんですけど、

 ありがたいことに、自分が一番好きなのがいま仕事でやっているようなことなんですよね。おそらく。

 それは、別にプログラミングそのものが、ということではなくて、プログラミング的な脳の使い方というか。ロジックを最優先に考えてしまう。

 今このブログを書いている行為もあんまりそこから外れていないというか、自分が何かを考えたり感じたりする時って全部そういう方法論になってるので。

 だから本当は全然違う、運動とかゲームとか頭を空っぽにして楽しめるようなものを趣味にしたいんですけど、そういうものって楽しくないから続かないんですよね。


 続かないというか、自分が楽しいと思っていないものを続けるにはそれ以外の理由が欲しいんですけど、そもそもそういう理由を探してしまう時点でロジックに縛られているわけで、そこから脱したい気持ちもありつつ、でもそこから脱するモチベーションが別にないんですよね。今それで困ってないので。


 みたいなことを思いつつ、じゃあ例えばアプリ開発とか技術系の勉強みたいな、明らかに自分にとって利益があることなら頑張れてるかというと別にそんなことはないので単に自分が怠惰なだけでした。すみません。


 自分の怠惰さって結局先延ばしグセというか、やってもやらなくてもいいことをとことんやらないタイプということに尽きる気がしていて、

 だから自炊はお腹が空くから仕方なくやってるという側面も絶対あるんですよね。

 なので、それを解決するには、自分の意志決定を介さずにやるようにシステム化する方が良いのだろうなと思って、なので「ブログを毎日書く」というルールを決めてみた次第です。

 何だかんだで仕事そこそこ頑張りつつ自炊してたら十分なんじゃないかなあという気持ちもあるんですけど、

 とはいえひたすらネットサーフィンしてたりアプリゲーやってたりして無駄にしている時間も明らかにあって、

 それをどうにか減らせたらいいなあと思いつつ、とはいえそれをいきなり運動とか勉強に置き換えるのは難しいので、とりあえずブログを毎日書いて、

 「何だかんだで仕事そこそこ頑張りつつ自炊もしたしブログも毎日書いてたな」という4月にしたいです。


 ちなみにアプリはここ2週間くらいで結構進んでます。ブログ書いてなかったおかげですね。本当は3月中に公開したかったのですが無理だったので4月中……まあ来週くらいには公開できるのではと思っていますが、このブログでは一切紹介しません。本名でリリースして自分のエンジニアとしてのステータスを上げることだけを目的にやってるので。