ひとりごと access_time

縮小

 3月が終わりますね。

——————–

 久々に聴き始めた佐久間PのANN0 × 藤井健太郎、面白かったです。もう水曜日のダウンタウンは1年くらい観てないけれど……。後夜祭中止は残念。

 あとはまあいつも通りのラジオやテレビを観ています。

——————–

 auの新プランが相変わらずカオスすぎるけれど、頑張って読み解いた限り、たぶん家族4人以上で契約している私は5Gプランに契約した方が安くなるように見えるので、プラン変更しようと思っています。土曜日に行くつもりだったけど開いてなさそうだなー。

——————–

専門家会議の「クラスター対策」の解説 ――新型コロナウイルスに対処する最後の希望|吉峯 耕平|note

「日本でも欧米のような大流行が起きるの?」「大規模イベントどうする?」 専門家会議が共有したかった危機感とは

「同時に引き締めと励ましのメッセージを」 リスク・コミュニケーションの専門家が評価する日本の新型コロナ対応

 良い記事。

 ただ、リスクコミュニケーションみたいな話の難しさって、リスクコミュニケーションを理解している側が政治家に対してそれを求めることが許されないというか、上から目線みたいになっちゃうんですよね。

 「もっと優しい言い方をしないと怒っちゃうよ」とかみたいな感情の話になってしまうというか。お互いにそういうコミュニケーションの重要性を理解している人同士であればちゃんと意思疎通ができるのですが。

 何だかんだ自分は大学でそういうことを学んできたので話はできるけれど、他の人はそうとも限らないのだろうなということを最近いろいろな場面で痛感します。自分が気を遣ってコミュニケーション取ってるのに向こうが普通に傷つけてくると理不尽にムカついてきたりします。

 「言っていることはわかるが言い方が気に入らない」っていう話に対して、「言っている内容は通じているし言い方だけの問題で悪気がないことも伝わっているのだから、あなたが我慢すれば良いだけの話」ということを言われると、何でこっちだけが一方的にコミュニケーションのコスト支払わなきゃいけないの、と思ってしまうけれど、まあたぶん気づかないところで自分の方も傷つけまくってるのだろうし言い出したらキリがない。

——————–

 正直「あと1ヶ月もしたら収まる」みたいな話もそろそろ現実味がないというか、たぶんこれが今年いっぱい、ひょっとしたら2~3年くらいは続く、という前提で行くしかないだろうなと思います。

 が、それはそれで受け入れられそうな気がしてきました。別に中止になった行きたかったイベントとかもないし。 ……平常時も楽しいことがないだけでは?という気もしますが。

 ちょっとマスクしたり手洗いを念入りにしたりするくらいしか日々の生活が変わってないので。

 あー、あと私自身はそういう感じで別に過度に自粛する必要はないと思っているのですが、周りの人が全然会ってくれない感じが続くのだけしんどい。

 行きたいイベントはないですが、家にいたくなくて休日含めて毎日近くのガストとかに出かけてはいるので、ロックダウンにだけならなければ別に全然今の感じで数ヶ月は生きていけそう、と思っていたのですが、それもうどうやら怪しい雰囲気。

 ぶっちゃけ欧米がロックダウン始めたから何となく合わせただけじゃないかという気もしていますが、まあどうでもいいです。


 最近はスタバとガストに通い詰めています。日々の楽しみがもはや食しかない。

 スターバックスラテが200円でおかわりできるようになったので、いよいよ今月は週8回くらいのペースで通ってた。

 ガストは家の近くにあってコンセントがあるのでもはや家より家。というか、こういう状態だと行ける時に行ってお金を落として支えようという気持ちになっています。

 ……と思っていたら明日からリモートワークになりました。急展開。まあそれはそれで……という感じ。普通に自宅の居心地が悪いのと、スタバでラテを飲みながら仕事できないことがストレスではありますが、何だかんだリモートワークが終わる頃には通勤するのが嫌になってるだろうなー。そもそも終わるのか知りませんが。

——————–

 サイドメニューの人気の記事の取得方法をちょっと変えたので、人気の記事をクリックした時のページ遷移も爆速になりました。試してみてください。

 そろそろ技術記事書かなきゃなー。

 ブログの更新が疎かになっているのは自分の気持ちの問題なのでどうでもいいんですが、お金を稼げる記事を書かないのはただの怠慢なのでちゃんとやりたい。Surface Goなんてもう1年経つしそろそろGo 2が出てしまう……。