Surface Pro 7レビュー:全てを満たす2 in 1の決定版!
おすすめレビュー access_time update

Surface Pro 7レビュー:全てを満たす2 in 1の決定版!

 Surface Pro 7を発売日に買いました。


 Surfaceシリーズを使い続けてとうとう5台目。Pro 2→Pro 4→Pro (2017)→Laptop 2と来て、またProに戻ってきました。

 変更点はそこまで多くない新モデル、しかもSurface Laptop 2を買ってからまだ半年程度しか経っていないにも関わらず、なぜ購入したのかを含めて書いていきます。

 主に今Pro 4 / 5 / 6 や Laptop 1 / 2 などを持っていて、買い換え検討している方の参考になれば幸いです。

[amazon_link asins='B07Y2VWWG6' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']

 ちなみに購入したのはこのモデル。RAM 16GB / Core i7 / ストレージ 256GB / プラチナです。


Surface Pro シリーズの特徴

 Surfaceを使い始めてもう4年くらい経っているので、Surfaceの良さなんていうのは自分の中ではもはや説明不要になっているのですが、

 Laptop 2で一時的に伝統的なラップトップを触ってみて改めて気づいたこともあるので、

 ここで一度初心に返ってSurface Proの良さを挙げていきます。

img


持ち運びやすいサイズ・重さ・カバー

 Surface Laptopを買った時に、「同価格なら画面サイズは大きい方が良いに決まっている」と思っていたのですが、実際使ってみると、「大きいとそれだけバッグから取り出しにくいしテーブルにも置きにくい」という落とし穴がありました。

 200gという重量差はそんなに気にならないのですが、12.3インチのタブレットと13.5インチのPCではサッと取り出せる頻度が違いました。

 もちろんiPad Proに比べるとやや重いですが、そこはスペックが全く違います。タイプカバーなしで持ち歩くことはないでしょうが、タブレット単体790gに最大で16GBのメモリを積めるのは感動的です。

 あと、取り回しで言うと「両面とも硬いノートPC」って結構使ってて怖いなと思いました。それが普通なのですが、傷とかつきそうで。Surface Proを多少雑にバッグに突っ込んでも、タブレット側がバッグの布と接していれば少なくとも傷つくことはないという安心感があります。


革新的で美しいデザイン

 Surface Proシリーズの外観は、キックスタンドが多段階化したSurface Pro 4以降、ほとんど変化していません。

 それほど完成されたモデルと言えるでしょうし、今でも古い印象は全く受けません。

 総合的に見たデザインでMacBookにも対抗でき、スタバで使うことが許される唯一のWindowsマシンです

 強いて言えばベゼルの太さですが、このサイズのタブレットであればベゼルの幅は「掴む時に指を置いても問題ない位置」にもなるので、一概にデメリットとも言い切れません。

 ……まあSurface Pro XDell XPS 13を見た後に写真を眺めると若干野暮ったい感はありますが、どうせ下端のベゼルはキーボードの折り返しで隠れますし、使っている分には別に気になりません。


キックスタンドによる携帯性と機能性の両立

 Surfaceの最大の特徴であり、新しいカテゴリーを作った発明でもあるキックスタンド。

 よく、「SurfaceはノートPCと違って膝の上で安定しない」「フットプリントが大きいので新幹線で使えない」などと書いているレビューを見ますが、それは記者という職業特有の現象であって、実際ほとんどのユーザーは膝に置いて使うことも新幹線に乗ることも滅多にないはずです。


 むしろカフェやファミレスで作業することが多い身からすると、「キーボードを外しても画面のみで自立する」「タッチしても画面が揺れない」という点で、ノートPCより便利かつ安定する場面が多いなとさえ思いました。

 例えば、スタンドを立てたままカバーを閉じることで、狭いテーブルであってもPCをいちいち片付けることなく、PCを使わない作業をしたり、ケーキを頼んで食べたりできます。

20191115_015106

 これはラップトップにもiPad Proにもできないテクニックです。


 伝統的なラップトップに慣れていると「ノートPCをタッチしたいなんて思ったことがない」という方もいるでしょうが、ウェブブラウジングをしている時にタッチでスクロールした方が快適な場面って意外とあります。

image-20191115013245427

 こんな風に、人差し指と中指でキックスタンドを挟み込むように手を差し込んでガシっと掴んでスクロールさせるのが地味に安定します。これもSurfaceにしかできないスタイル。


Windows Hello、Micro SDカードスロット、タイプカバー

 Windows HelloはSurfaceに限ったことではないけど、ひたすら便利。

 Micro SDカードがキックスタンド裏にあることで実質的な追加ストレージとして扱えることの便利さは、Nintendo Switchを持っている方なら想像がつくでしょう。Switchのおかげもあって大容量Micro SDがどんどん価格下がっているのも追い風。

 タイプカバーも、過小評価されがちですが、この薄さでありながらしっかりとした打鍵感があります。

 何なら若干の傾斜がついているおかげでLaptopやBookよりも打ちやすいと個人的には思っています。ここは好みだと思いますが。


前世代(Pro 6)からの進化

念願の USB-Cポート 搭載

 Pro 5ではキックスタンドの最大角度向上、Pro 6ではブラックモデルの追加などがあったものの、Pro 4以降ハード面では基本的にマイナーチェンジに留まっているProシリーズ。

 Pro 7も外観の変化はほとんどありませんが、一点だけ、

 ついにUSB Type-Cが搭載されました!

 Pro 4の頃は、USBポートを全廃してType-Cに絞ったMacBook Proと比較して絶賛されていたUSBですが、それから約4年が経ち、Pro 6では完全に時代遅れという様相を呈していただけに、ついにといったところでしょう。

 Mini DisplayPortがリプレースされた以外は、USB-AもSurface Connectもイヤホンジャックも続投しています。

 ここまでワイヤレスやクラウドが発展した現代において、PCでUSB 3.0もUSB-CもMini Displayportもイヤホンジャックも使う機会は特にないと思いますが、あって損はないし、単なる充電ポートとしてUSB-Cは便利です。

Image

Surface ProをType-C充電!『BETOP Surface Connect to USB-C Charging Dongle』でSurface+USB PDの未来を先取り

 1ヶ月ほど前ですが、「BETOP Surface Connect to USB-C Charging Dongle」を購入しました。  名前の... 続きを読む

access_time2019-01-07

 USB-C to Surface Connectの変換ケーブルを買って先取りしていましたが、やはり直接差せるに越したことはなく。

 Surface・スマホ・Nintendo Switchの充電を1つで賄えるのは最高です。iPhone+MacBookではこれはできませんから、Androidのアドバンテージでもあります。まあ、私はiPad miniとAirPods使ってるのでLightningケーブルも持ち歩いてますが……。


 その一方で、マグネットで簡単に着脱できるSurface Connectも持ち運びを考えなければとても便利ですので、片方だけに絞らなかったMicrosoftを称賛したいです。

 これは先行してUSB-Cを搭載していたSurface GoやBook 2にも共通して言えますし、Pro XにもSurface Connectを搭載しているので、その便利さは理解しているのでしょう。

 家や会社ではSurface Connect、外出先や旅行に持っていくのはType-C、という運用が基本になるでしょうか。

[amazon_link asins='B07TXYZ4GZ' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']

 今ならこんなに小さいアダプターもありますし、適材適所。


CPU・GPUが強化、その他スペック向上

 見た目はPro 4からほとんど変わっていないPro 7ですが、中身は進化し続けています。

 今回のIntelのCPUは第10世代、Ice Lake。遅れに遅れた10nmアーキテクチャがついに登場。

 とはいえこういうスペックは今まで使っていたPCとの相対評価なので、具体的に何が早くなったとは言いにくいのですが、少なくとも動画の書き出しは馬鹿みたいに速いです。Premiereで2時間の動画の書き出しが2~30分くらいで終わりました。

 他にもBluetooth 5.0、Wi-Fi 6に対応しました。大きく使い勝手が変わることはないでしょうが、長く使えそうな仕様です。


RAM 16GB搭載モデルが買いやすくなった

 実は今回の一番の改良点がここだと思っているのですが、

 歴代のSurfaceシリーズは、一部モデルを除いて「RAM 16GBならCPUはi7、ストレージは512GB以上」というラインナップしか用意されていませんでした。

 ところが、今回のSurface Pro 7 / Laptop 3でついに、「i5 / 16GB / 256GB」「i7 / 16GB / 256GB」というバリエーションが追加されました。

 今までのSurfaceであれば、RAM8GBの最安値モデルとRAM16GBの最安値モデルには9万円の価格差がありましたが、今回は4万円まで縮まることに。

 9万円の価格差と言われるとさすがに躊躇してしまいますが、4~5万円なら一気に魅力的な選択肢になってきます。

 Surface ProはMicroSDスロットもあるので、本体SSDの容量はそこまで重要ではありません。


タイプカバーに新色追加

 今まで「ブラック・コバルトブルー・バーガンディ・プラチナ」という4色だったタイプカバーに、

 「ポピーレッド」「アイスブルー」という新色が追加されました。どちらもAlcantara。

 これは個人的な話ですが、アイスブルーが本当に良い色です

 コバルトブルーはカジュアルすぎるけどプラチナは何だか面白みがない、というところにぴったりハマる、

 主張しすぎず大人しすぎない絶妙なカラー。

image-20191115015624332

 プラチナ・アイスブルー・コバルトブルーを比較するとこんな感じ。……何で全部持っているのかは置いておいて、アイスブルーのちょうど中間という感じが伝わるでしょうか。

 この質感と色は歴代Surfaceでも一番気に入っていて、買って良かったなと思ってます。

[amazon_link asins='B07Y1LF49B' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']

 ブラックに比べて4000円という価格差はありますが、Surfaceを買う人が4000円ケチっても仕方ないので、より高い満足感を得るためにAlcantaraにするべきです。触り心地も良いし。汚れに関しては、どの色を選んでも1年くらいで汚れてくるので、消耗品だと割り切りましょう。Laptop 2と違って買い換えられます。


総括

 1年ぶりにアップデートされたPro 7ですが、Surface Pro 2、Pro 4、Pro 5と使っていた身からすると、特に目新しいことはないですし、見た目も使用感も従来のSurface Proそのものです。

 しかし、だからこそ、その完成度の高さは折り紙つき。

 唯一の欠点だったUSB-Cポート非搭載も解消され、まさしくハイスペック2 in 1の決定版と言えるものになったな、と思います。


 加えて、ストレージ256GBの選択肢の拡充により、Surface Proシリーズの最新のRAM 16GBモデルが20万前後で買えるようになり、コストパフォーマンスとしても申し分ありません。

 個人的に買い換えた一番の理由もこれです。

 もちろん、標準的なスペックであるi5・8GBモデルでも、ほとんどの方には十分でしょう


 他のノートPCやPro 5以前のSurface、特にRAM 8GBモデルを使っている人で、買い替えの機会を伺っていたのであれば、今が乗り換える絶好のタイミングだと言い切れます。

 もちろん3月になればおそらく学割キャンペーンなども始まるでしょうが、

 少なくとも私は発売日に定価購入して良かったなと思っています。

[amazon_link asins='B07Y2W2RC1' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']

[amazon_link asins='B07Y2VHS4P' template='Original' store='galeglad-22' marketplace='JP']


 最後に、もしSurface Proを買うことを決めた、もしくは既に買った方は、

Image

Surface Proシリーズと一緒に使って良かったアクセサリをまとめて紹介

 私は2014年末にSurface Pro2を買ってからSurfaceファンになり、その後Pro4、Pro5、Laptop 2を経て、現... 続きを読む

access_time2017-04-23

 この記事で一緒に使うと便利なグッズをいろいろ紹介しているので、こちらも参考にどうぞ。