ひとりごと access_time

正しいままではいられない

 この1週間いろいろありすぎて話題が飛び飛びですが許してください。

——————–

 この土日は加賀旅行でした。夜行バスで行って1泊3日。帰りは新幹線でした。

 新幹線でブログを書いていると何となく嫌な思い出が蘇ってくるのですがなかったことにしました。

 『加賀温泉郷フェス』、2年連続。楽しかった。2回目なので何となく楽しみ方もわかっていたし、というか、ほとんど目当てのアイドルライブしか観てないんですけどね。

 オサカナ、クマリ、ブクガ、リリスク、あとZOCを少しだけ。

 土岐麻子さんもtofubeatsさんも上のアイドルと時間被っていたり、去年と違ってyunomiさんもいなかったし、

 クマリデパートはアイドルっぽいアイドルライブが逆に珍しいなーという感じ。ブクガもリリスクもスタンダードなコールはあんまり入らないので。オサカナもたぶん生で観るの初めてだったけど可愛かったし楽しそうでした。ブクガはもう独自の世界観。

 ただ来年も行くかどうかは……割と微妙なところ。正直アイドル数組観てあと寝るだけってなると若干割高というか、だったら普通の旅行でもいいんじゃないかと思ったりするんですが、普通の旅行だとたぶんわざわざ行かないんですよね。旅行気分自体は好きなので。もう少し近場でもいいのかなあ……。

 日帰りで北関東とかでゆっくりするのも楽しそうではあるんですが、一方で日帰りで昼間から温泉とか行ったところで、自分はなんて生産性のない活動のためにエネルギーを消費してるのかという自責の念にも駆られそうだし、実際金沢でも割とそんな気分になったりしたので。何してても楽しくないんでしょうね。それこそプログラミング合宿みたいな形で閉じこもって作業したいけど、たぶんダラダラして終わっちゃうだろうし、結局それだと別に近所のガストでも良いっていう……。

——————–

 選挙もありました。

 まあ大体予想通りの結果というか、選挙によって社会が良くなったりはしないという前提に立った中ではまあ良くも悪くもなく。

 というかれいわ新撰組ってなんというか、一つのムーブメントだったんですね。山本太郎さんって結構ここ何年もずっとああいう……一部の層から支持されるけど社会を変えるほどの規模ではない活動をやっている人という認識だったので、終わってから今回それが成功していたことを初めて知って驚きました。本人は落選しているので成功なのかわかりませんが。

 やりたいことはわかるし共感もするんですけどその周りに漂う雰囲気、というか、その党名の寒さが全てなんですけど、あまりにも内向きというか、

 今の左派政党の活動内容やデモの雰囲気やその他の全てから漂う古臭さが本当に嫌だし、自民党は新しくてクール、民主党は口だけ、みたいなイメージ戦略によって若い世代から馬鹿にされている現状に対して無抵抗が過ぎる。その中だと立憲民主党は戦略的にまだマシなので期待しているのですが。

 その意味で、SEALDsがあの活動をちゃんと継続して、SEALDsっていう政党名で出馬してたら、その響きのカッコよさと何となくの革命感だけで議席取れたと思うので本当に惜しい……いや、仮にそうなったとして社会が良くなるのかと聞かれると何とも言えないですけど。

 ああ、あと、NHKから国民を守る党、「あんなのに1議席与えるのは税金の無駄、恥ずかしい」みたいなツイートが散見されましたが、ただ個人的には意外と良かったのかなと思ってて、だって、あの1議席をどの党が取ってたとしても別に政治は動かなかったと思うんですよ。

 れいわ新撰組が3議席になったとしてもそれで自民党がれいわの存在を急に重視するわけではないし、立民も民主も共産も同様に。

 改憲の補完勢力になるみたいな話も出てますが、N国党に入れるような人たちはそれがなくても別に左派には入れないでしょうし、ちょうど1議席足りないとかでもないので。

 であれば、その1議席で1つの問題を確実に提起できるって意味では悪くないんじゃないかなと。これによってNHKがどれだけ嫌われているかが誰の目にも明らかになったわけですし、その意義はそれなりにあるんじゃないかと。

 むしろこれでNHKのスクランブル化が万が一国会にかけられでもしたらほんと、史上最も意義のある1議席政党になるのではないかと思うし、

 これを機に次の選挙では「年金制度への強制加入を廃止する党」「夫婦別姓を認める党」「同性婚を法制化する党」「奨学金を完全無利子にする党」とかが乱立していけば、それは実質直接民主制になるわけで、完全に崩壊してしまった間接民主制をこのまま放置して「今回も自民党が勝った!国民は安倍首相が大好き!4期目!」とかやるよりそっちの方がより良くなりそうじゃないですか?

 ああ、そういえば消費税ほんとに上がるとしたらそれは憂鬱ですね。いやほんと、自民党が勝つのはもちろん知ってますけど改めて誰が投票してるの?という疑問は尽きない。そういえばアベノミクスのデータ改ざんとかもすっかり忘れられてました。

——————–

 ここ一週間は本当にいろいろなニュースが多かったなと。

 まず、吉本興業の件で言うと、やっぱり善悪がきっぱり分かれる話なんてないんだなと思って、あの会見は素晴らしかったですが、だからといって最初お金は貰ってないっていう完全な嘘をついたのも、もっと言えばそれまでの宮迫が不倫をうやむやにしたりとか他人を馬鹿にする笑いの取り方だとか、いろいろやってきた結果として信頼を得られなかったのも全部同一人物だし。

 だからこそ一回の失敗で人の人生を奪ってしまってはダメなんですよねきっと。それをすると結局、失敗の大小とかも全部無意味になって、ただ失敗を隠し通せた人だけが勝ち逃げする世界になるのだろうなと。実際吉本の社長はそうなろうとしていたし、それは松本人志のこともそうですが。

https://twitter.com/hiko1985/status/1152474104429027329

 自分の中で安倍首相とか松本人志に関しては、良い部分があることも認めた上で、その良い部分によって得た影響力も含めて総じて社会を悪くしている感じはあるので、そこも含めて全否定せざるを得ないのですが、それはまあ個人の主義ということでともかく、

 ワイドナショーだったり Twitterだったりを通して松本がああいう風にガス抜き・矮小化を行うことで、吉本が完全に倒れるみたいな可能性は逆になくなったんだなと、社長も会長も辞めないし何なら亮や宮迫の契約解除も撤回されそうな雰囲気ですよね。

 ……というところまで日曜に書いていて、契約解除撤回が当たったのはまあいいとして、社長の会見があそこまで酷いのは予想外でしたが。


 そもそもワイドショーっていうものが、そういう政治や社会の問題を笑って小馬鹿にすることで、「こんなのを真面目に考える方がバカ」だという認識を刷り込みながら現状維持に加担するための装置でしかないわけで。

 だからこそ、そういうものを断っている若林さんだったり、その中でスレスレの発言を放り込んでいく加藤さんだったりが素晴らしいわけですが、

 良くも悪くも吉本のマネジメントがしっかりしてないからこそ、本来こういう問題あったら所属タレント全員に緘口令出すだろうにそれができてなくて、バラバラにTwitterで発信してる、だからこそ意外と変わりやすいのかもしれません。結局あんなに叩かれたジャニーズもAKSもレプロも一切体制は改まってないわけですし、問題に対してタレントが触れたりということもほとんどなかったので。

 本当ならこの一件によって経営陣が全員辞めて松本人志も引退するのが社会にとっての理想ではありますけど、そんなことは急に起こらないし、これ一発で吉本や芸能界が正常化することはない。ただ、そのくらいのスピード感でしか世界は変わっていかないので、少しずつマシになっていくことを祈るしかないのでしょう。

 あとは、NGT48の件もそうですが、「こういう会見でボロを出さないのが本当の悪」だと思うので、こういう杜撰な会社を叩くことって本当に正しいのかなとも考える一方、こんなレベルのしょうもない人間でも政治とか教育に関わるような悪の中枢に入れてしまうわけで、つまり今の日本社会って発展途上なんだなあとつくづく思わされたりも。

 そういう意味では、この状況に対して「会社の体制を改めないなら吉本芸人は一切起用しない」っていう発表を出せないテレビ局・メディアが一番終わっているわけですけれど。

——————–

 そして、京都アニメーションの事件については……あまりにも凄惨だし言えることもない。人命の観点からしても史上最悪であるし、同時に、このことが日本のアニメに与えるネガティブの影響はたぶん10年とか20年とかそういうレベルで刻まれてしまうでしょうし、ただただ怒りと悲しみしか湧いてこない事件ですが、そういう……これも言い方が難しいですが、そういう今から語っても何も変えられないことを一旦切り離すとしたら、

 まず一つは、やっぱり自分が今生きてるのが不思議だなという部分、それこそこの前の記事の流れでもありますけど、結構そういうことを考える瞬間は良くあって、

 例えば夜行バスで運転手が居眠りして事故を起こすみたいなニュースも時々あって、ということは自分が今回金沢まで乗った夜行バスが事故らなかったのってある種ロシアンルーレットみたいなものじゃないですか。

 もっと言えば、路上で急に傘に突かれて失明、というニュースが最近ありましたが、本当に、たまたますれ違った人に心臓刺されたら終わりじゃないですか。電車のホームで後ろの人に突き飛ばされたらとか。自分がそうなってないのが不思議だなと……。歩きスマホしてて轢かれそうになったことも実際あるし、ただ轢かれてないのはたまたま運が良かった以外の因果がないので。

 そういう意味で今回のも京アニである必然性なんかなくて、そりゃもちろん犯人の中では因果関係はあるんですけど、そういうことではなく、大きな意味での災害というか。


 ただ、やっぱり自分はこういう事件であっても加害者のことを考えてしまうんですよね。さすがに擁護とか同情とかするつもりはないけれど、だからこそ、自分があの犯人の側に立っていないと言い切れるか?というのは考えてしまいます。

 もちろん犯人の動機とかそういうものはわからないし、全然的外れなことを書いているかもしれませんが、

 インターネットで何かを叩いているうちに、だんだんとそれが人生の中心に食い込んでしまうような感覚であるとか、一度思い込んでしまったが最後、もう論理的に説得されても冷たく馬鹿にされても少数派であることを突き付けられても全部がそれに反発する燃料になってしまって、もう後戻りができなくなってしまうこととか、

 そういう感情の暴走は自分にだって経験があるし、頭がカッとなって、「こいつ殺したいな」ということまで真剣に考えたことだって、一度や二度じゃない。

 こういうことを前に書いたような気がして調べたら、10周年の時の記事でした。

 それができないのは誰かを殺す勇気がないし自殺する勇気もない、さらに言えば他人のために自分が死ぬという行動を取れない我儘な人間であるという話でしかない。こういうところが自分のダサいところだと本当に思うんです。

 強い言葉を使うのにそこに精神の強さが伴っていない、殺すって言っても実際面と向かって殺したい相手に怒鳴られると泣いちゃって何も言い返せなくなる、そういうのを全部捨ててそいつのことを殺したいって思うのに行動できない、包丁を握ってもそれを突き付けるシーンを想像してもそれだけで実際にはそうしない、

 今後の人生そんなことばっかりに決まっていて、こんなにも理不尽なものとか身勝手なものに対する憎悪があって、怒りがあるのに、理不尽なものと対峙した時に精神の強弱だけで押し切られてしまう、そういうことが続いていくんだろうなと思って、じゃあそんな人生に何の意味があるのか。

 自分の思ったことは何も叶わないし、自分がしたいことは何も通らない。なぜなら弱いから。他人に自分の要求を通させる強さがないから強い他者に突き通される、その繰り返しを永遠に続けていく人生がもう決まってるんだなーという。

(中略)

 結局「したいと思った」と「した」は全然違う、「したいと思った」ということをいくら言ってもそんなのは何の価値もないわけで、

 この一連の話だと、でも「殺したいと思う」と「殺す」だったら前者の方が正しいから今回はそれでいいじゃん、って思う人もいるかもしれませんが、

 どっちみちそんなことを強く考えてる時点で人としては終わってるじゃないですか。終わってるところにもう1個臆病が乗るか乗らないかなんだから、それは乗らない方が優れていると私は思いますよ。

 まあこれで本当に更新止まったら何かの間違いで自殺したか逮捕されたんだってことで、でもそんなことは絶対ありえないので大丈夫です。本当に。それはわかっています。わかった上でこういうことを書くのがメンヘラアピールだっていうのも当然伝わっていますしね?

ブログ10周年とこれからのこと | Our Story’s Diary

 今こんなことを新規に書いてちょっと自分が有名人だったら即炎上しそうなくらい危険な思想ですが、これを2年前に書いているくらいには一貫してこういう感覚が自分の中にあることは間違いないわけです。実際父親への憎悪とかもずっとありますし。

 だから、犯人と自分の違いは、そういう一時の衝動に途中で水を差されたかどうかに過ぎなくて、普通の人が普通の人生であれば1時間や1日や1週間くらいで収まる昂ぶりにたまたま燃料が投下されてしまい続けた結果、わざわざ東京から京都まで行って凶行に及ぶところまで突き動かされたのだとしたら、それはやっぱり今の社会と時代の生み出したものの1つであるだろうし、だから、それについて「自分は絶対にあんなことをしない」とは言い切れない。

 それは当然犯人の擁護でもなければ自己弁護でもなく、自分はそういう最低な行為をしかねない人間だという自覚を持ち続けることが、そうならない唯一の方法であるからこそ。

——————–

 ちょっと今月あまりにも更新少なすぎて申し訳ないですね。週1回。

 これに関しては反省しかないんですが、ただこれ以上は無理だったというのも事実です。

 3連休は体調崩してたし、前職のヘルプに駆り出されまくるし、金沢旅行もあったし、ブログ書く時間なんて全然……。ただブログ書く頻度が下がると書き方を忘れてしまうなあと思ったので、来月こそはそれなりの頻度で更新していけたらと思っています。

 さしあたってまずは今週末に何回か更新したいなと思っています。せめて月7~8回更新くらいにはしたい。いろいろ話題も溜まっていますしね……。

 いろいろ話題があるのでこういう暗いことを一気に吐き出してみたという感じです。

正しいままではいられない への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事