ひとりごと access_time2019.06.02 23:32 update

ごちゃごちゃの

 気づけば6月になってしまいました。ちょっと時間が経つのが早すぎて怖いですね。

 いろいろと忙しすぎてブログ書けませんでした。

 一旦、追悼会のことには触れずに書きます。

 それより前に書いた文章も多々あって時間軸おかしいのですが、ご了承ください。そちらは改めてと書きます。

 あと、それに関連して、昨日の追悼会に関することをこの記事にコメントするの一旦止めて頂けるとありがたいです。明日以降上げる記事に影響受けたくないので、すみませんがお願いします。

——————–

wowaka&ヒトリエメドレー

 6/1のお昼ごろに、動画を投稿しました。

wowaka&ヒトリエアレンジメドレー

 先々週に投稿した『裏表ラバーズの最初の音でwowaka&ヒトリエメドレー』を、DTM音源に変更し、再構成したものです。

 ほとんどのことは上の記事に書いているので、詳しいことは書きませんが、少しだけ。興味のない方は飛ばしてください。


サブタイトル

 タイトルだけだとシンプル過ぎたので『Recollection Into Polaris』というサブタイトルを付けました。

 こういうの解説するのダサいのでかるーく触れると、

 文法的には全然成立していないのですが、collect A into B(Aを集めてBにする)という構文があって、

 wowakaさんとヒトリエの楽曲を集め直して、一つの曲にすることで、それを自分にとってのポラリスになればと思って、付けました。


選曲・構成

  1. (New) プリズムキューブ / アンハッピーリフレイン
  2. るらるら / ルームシック・ガールズエスケープ
  3. インパーフェクション / WONDER & WONDER
  4. コヨーテエンゴースト / HOWLS
  5. ハグレノカラー / IKI
  6. ローリンガール / アンハッピーリフレイン
  7. アンチテーゼ・ジャンクガール / イマジナリー・モノフィクション
  8. リトルクライベイビー / IKI
  9. ポラリス / HOWLS
  10. SisterJudy / ルームシック・ガールズエスケープ
  11. 5カウントハロー / WONDER & WONDER
  12. 後天症のバックビート / DEEPER
  13. 深夜0時 / モノクロノ・エントランス
  14. アンハッピーリフレイン / アンハッピーリフレイン
  15. センスレス・ワンダー / WONDER & WONDER
  16. ワンミーツハー / DEEPER
  17. (New) シャッタードール / DEEPER
  18. (New) 日常と地球の額縁 / アンハッピーリフレイン
  19. (New) NAI. / ai/SOlate
  20. (New) SLEEPWALK / HOWLS
  21. (New) (W)HERE / イマジナリー・モノフィクション
  22. フユノ / DEEPER
  23. カラノワレモノ / ルームシック・ガールズエスケープ
  24. / HOWLS
  25. アンノウン・マザーグース / ai/SOlate
  26. トーキーダンス / モノクロノ・エントランス
  27. ハネルマワル / non-fiction four e.p.
  28. 踊るマネキン、唄う阿呆 / イマジナリー・モノフィクション
  29. ワールズエンド・ダンスホール / アンハッピーリフレイン
  30. ウィンドミル / HOWLS

今のところ入れられたら入れたいと思っているのは、積み木の人形、日常と地球の額縁・リバシブルドール・プリズムキューブ、SLEEPWALK、シャッタードール、あとai/SOlateからもう1曲くらい……。

 ほぼ以前の記事で予告した通りの増え方です。

 逆に減ったのは『裏表』『グレーゾーン』。要するに、実質ヒトリエメドレーにしたかったということです。


 正直言って、入れられなかった曲のことを考え始めるとキリがないのですが……。

 もっと言えば、入れた曲の入れてないパートとかも含めて原曲全部流すのが一番良いって話になって、じゃあアレンジ必要ないしメドレーも要らない。

 それでも作らないよりは作った方がヒトリエ・wowakaさんを知る・思い出す入り口がほんの少しだけ増えると思って、それだけをモチベーションにしていたんですけど、

 そもそもたぶん原曲だけ流して100分くらいの動画をちゃちゃっと作った方が伸びたと思うんですよね。

 そういうことも含めて、作りながらどんどん虚しくなっていたのも事実で、こんなことしててもwowakaさんは帰ってこないしその新曲を聴くことももうないし、そこにどれだけ頑張っても、ヒトリエとかwowakaさんの楽曲が今以上に評価される可能性なんてもうゼロでしかないわけで、何をしているんだろうっていう。

 自分はなんて無力なのか、自分の作るもののなんと無価値であるか……。

——————–

 このブログを追ってくださっている読者の方……たぶん10人もいないと思いますけど、そんな方の中には、興味のないレビュー記事系を飛ばしてる人もいるかもしれないと思っていて、実際Surfaceレビューとかはほんと100%アフィ狙いなので別に読まなくていいんですけど、

 テラスハウスの毎週レビューは皆さんが思っているよりもひとりごとなのでぜひ読んでください。

多様性を自己肯定に使えない矛盾 ── 『テラスハウス TOKYO 2019-2020』#2 感想

#1感想 [nlink id="5913"] まえがき  最近の日本で、「社会の多様性」「個性の尊重」といった言葉で... 続きを読む

access_time2019-05-25

 特にこの1~2年くらい、こういう「普段考えている持論」みたいなものをブログに書くタイミングがなくなっていて、脈絡なく出すとありもしない妄想上の敵を叩く藁人形論法のようになってしまうし、

 社会問題にいちいちキレるヤフコメ民やツイッター持論撒き散らしおじさんみたいになるのも恥ずかしいし、

 そういう意味でテラスハウスって社会を考える題材にちょうどいいんですよ。だからこそこういう記事を毎週上げようと決めたわけですし、たぶんほとんど感想の体をなしてない感じになっていくんじゃないかと思います。

 と言いつつ今週分ちょっと時間がないので2週まとめてとかになりそうですが……。


 今のところテラスハウス観てなくても問題ない記事ですけど、当然ながらテラスハウスのストーリーのネタバレがどんどん入ってきますし、テラハほど先が予想できないストーリーもない(生身の人間だから当たり前)ので、できればNetflix入って追いかけながら読んでほしいですね。もしくはフジテレビで4週遅れで追いかける手も一応ありますが……。

——————–

 周りの人が突然死んでしまうのが辛いけど別に自分が死ぬことは辛くないですよね。死んだら終わりだし。今回のwowakaさんのことで「健康に気を付けよう」とかは全然ならない。自分が死んだらさすがに家族とか友人とかは多少悲しんでくれるのかなあとは思うけれど、それだって本当に、ショックで何も手に付かないみたいな状態になるのは片手で数えられる以下の人数だと思いますし、

 そもそもこのブログを読んでいる方にそれが伝わることもないのかなあと思ったりします。死んだら急に更新が止まるだけなので。


 だからこの前の川崎の事件のこととかも他人事とは思えなくて、

 というのは、急にああいう形で自分の周りの人が死んでしまった時に自分がどう思うんだろう、っていう部分ももちろんあるのですが、

 自分がああいう事件を起こさないとも言い切れないなと……。

そして『自滅』の先には、まさに自分を滅しようとする『自殺』と、自分をこんなふうに苦しめている他者や社会もろとも滅してしまえという『爆発』があるような気がしています。実際に、平成のうちに起きたいくつかの印象的な事件の犯人の供述を読んでいると、『自滅』からの『爆発』パターンなのでは、と思うことが結構あるんです。自分はこの社会で意味がない、価値がない、という思いが犯行動機の土台にあるケースです

朝井リョウさん「素晴らしき“多様性”時代の影にある地獄」|平成 -次代への道標|NHK NEWS WEB

 今回の犯人像がどういうものであるかは不明な点も多く、ステレオタイプで語っているだけで実際の犯行動機は全然違うのかもしれませんが。

 例えば……自分の家族が全員先に死んで、自分の大切なアーティストも死んで、どうでもよくなって、自殺する時に周りの知らない子供たちを巻き込まないと言い切れるかと言えば、

 どうでもいいっていうのは巻き込んでも巻き込まなくてもどうでもいいって意味なんで、最後にそういう他人を巻き添えにして死ぬっていうのは、突拍子もない考えでは全然ないとも思います。

 今生きてて楽しいから事件を起こさないっていうのも、楽しくなくなったら事件を起こすということと同義だし、そこを拠り所にするのは凄く不安定だなとも。

 wowakaさんが亡くなっただけでも未来への期待みたいなものがこれだけ傷つけられて、だから例えば母親が亡くなったりとかしたらどうなるんだろうとか。このブログも。やってて意味あるのかな、自分は何をしているのかなって思っちゃいますよね。

——————–

 この記事で書いてるようなこと、wowakaさんの話も事件の言及もテラハも全部そうですけど、Twitterで書くとどうしようもなく薄っぺらいというか、全部誰かに見られることを想定しているようになってしまうので、それを書くことでどう思われたいかが透けて見えて嫌なんですよね。

 例えばツイッターで

 「毎日wowakaさんのことを考えてる つらい」

 とか呟いたらそれはもう絶対違うじゃないですか。

 もうそれを書いたら10いいね来るとか脳内で計算しながら書いてるわけで、そんなの「こいつやってんなー」としか思わない。

 じゃあブログならいいのかという話ではありますが、少なくともこの記事を書くことで良く思われようとかはないので。別に引かれるだけでしょうし。

 だから先月あたりの、数人の読者の方からのコメントとかいいねとかメッセージを計算に入れて記事を書いてるのがめちゃくちゃ浅ましくてダサかったので、止めさせて頂いた、という感じです。コメントくださる方が悪いんじゃなくて私の自己顕示欲の問題として。

——————–

 今週、ヒトリエメドレーもそうなんですが、仕事の最終週の引き継ぎが大変でした。土壇場で後任が見つかったので逆にしんどかった。

 何だかんだ4年いた会社なのでだいぶ寂しかったし割と後悔もしつつ、

 特に直近2ヶ月が割と仕事量的に楽だったこともあって、今の職場に何の不満があったのかが思い出しにくくなっていて、最後の数日は何ヶ月後かに戻ってこれるように保険かけまくったりもしたのですが笑、

 まあ過ぎたことは仕方ないので先に進むしかない。

 明日からどうなるか……期待1割不安9割って感じですね。

 今までの経験上、期待して入ったもの(学祭サークル、シェアハウス、合宿免許)はダメダメで、不安を抱きながら始めたもの(大学、カナダ留学)は意外と悪くなかったので、入ってみたら楽しいかもしれないなと。

 まあエンジニアは転職しやすいとも聞くので、少なくとも今年末くらいまでは頑張って、そのあとは軽率に辞めてもいいのかなと思ったりしてます。少なくともキャリアとしては良い経験が積める(技術的な部分と、共同作業やコードレビューなどの作法的な部分)に違いないので。

 wowakaさんが亡くなったのに自分が生きてることの虚しさを抱えながら、死ねない間は生きていくしかないのだろうなと思います。別に無理に生きている理由もないけれど。お金を稼げてる間は他人(家族)の役にも立っているし。

——————–

 いろいろなことが一段落したので、6月はとりあえずFirebaseのブログ移行をメインに検討していこうと思っています。

 ただ新しい会社での仕事に慣れるまではそれどころではなくなる気もしますが……。それでもブログは書いていくと思います。精神的にしんどい時は更新が増えるので。

ごちゃごちゃの への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事