ひとりごと access_time2019.03.25 13:02 update

理想の

 土曜日、リリスクのリリースイベントに行ってきました。

 前回が12月だったと思うので、おそらく3ヶ月ぶり。(その時はrisanoさんお休み中だった気がするのでrisanoさんとは加賀温泉郷以来かもしれない)

 ライブもすっかりご無沙汰なので『Crawl (For You!)』を生で聴いたの初めてかもしれない。好き。『FRESH!』もノれるし、リリスクのライブは楽しいなーと改めて思いました。

 そもそもリリスク現場にちゃんと通ってたのは2017年だけで、去年(というか就職以降)はまばらにしか行けてなかったのですが、

 それでも「お久しぶり」と言ってもらえるのは本当にありがたいなと思います……。特にminanさんの記憶力にいつも驚かされる。

 himeさんにはいつも「スプラトゥーンの服着てた人」って言われるので、2017夏にユニクロのスプラTシャツをしつこく着ていった甲斐があったなあと……今考えるとよくアレ着ていけたなという感じですが。自分が記憶力の弱い人間なので、握手会に並ぶ時はなるべく同じ服装で、というのを徹底していました。最近はそうでもないですが……。

 Creepy NutsのANN0が大好きだという話を早めにhimeさんに伝えたいので近いうちにもう一回行きたい、と思い、とりあえず4/6の湯会のチケットを買いました。楽しみ。ライブも楽しみだしお風呂も楽しみ。ちょっとした旅行。

 実は昨年末のシングルを1つ買い逃しているので、それで特典券が貰えれば一番嬉しいのですが……。もしくはグッズ。

 やっぱり同じCDを複数枚買うのは抵抗があります。夏ベビのように複数形態あれば多少の免罪符にもなるのですが。実用性全然ないカラビナとかリストバンドでいいから特典券付きグッズを売ってほしい……。これはリリスクに対してというかアイドル業界全体に対して思うことですが。

——————–

 そして今回のイベント行った理由の1つでもあるのですが、リリスクhinakoさんが看護師国家試験合格との報。ちょっと凄すぎないですか……。

 試験直前に活動お休み的なことはありましたが、もっと長いスパンで、この2年リリスクとして活動しながら勉強をしっかりやってて、その大変な感じを全然見せずにイベントからインスタライブまで笑顔を振りまいてたわけで、もう何もかもが凄すぎる。

 hinakoさん、アイドルとして間違いなく稀有な才能を持っている方だと思っているんですが、

 それを「天性のもの」という言い方をするのも厳密には違っていて、

 ディズニー仕込みのホスピタリティと努力家な部分が結実したプロ意識の高さだとすれば、それは偶然ではなく必然なのかなあと思ったりもしました。

 そしてhinakoさん本人が凄いのはもちろんですが、その試験という部分を尊重してくれるリリスクも本当に良い運営ですよね。

 hinakoさんは新潟出身ですが、ちょうど新潟のアイドルがあんなことになっているという皮肉……。まさに陰と陽。

 本人の意思を何よりも尊重するという、本来当たり前のことができていないアイドル運営が驚くほど多い中で、リリスクはメンバーと運営が理想的な関係を結べているように思います。

 結局、アイドルとしての活動だけ考えたら休まず毎週過密スケジュールで働かせた方がいいし、それが最終的にはメンバーの利益にも繋がるんですよ、っていう方針でやってる運営も、100%の大悪人ではないのでしょうけど、だからこそリリスクみたいな全員がハッピーであることを愚直に目指すアイドルが評価される時代でありますように。

 アイドルに滝行とか総選挙やらせる運営が天下取るんだったらそっちが正解になっちゃいますけど、それでいいんですか、とはずっと言っていきたい。

 新潟と言えば、NegiccoのNao☆さんが結婚というニュースもありました。少し前ですが。

 結婚を祝うムードであること自体は素晴らしいんですが、だからこそ、「Negiccoが長く活動を続けてきたからこそファンが受け入れる態勢ができているのであって、他のアイドルグループがこれを羨んだり後に続こうとしたりするのは違う」みたいな発言を見ると、いや、それも変じゃない? と思ったりも。

 なんか女性声優業界とかでも、30歳くらいまでは恋愛スキャンダルで炎上してクリスマスの動向監視とかを面白がる文化があるのに、

 ちょっと年齢超えたら「早く結婚してください」とか謎の応援ムードになるの、すっごい気持ち悪いじゃないですか。20代に恋愛することを許さなかった犯人がなんで急に他人事なのっていう。

 20代をアイドルに捧げたご褒美として30代になったら自由に活動していいよ、って、どうして、ファンがそれを許してあげる、みたいな言い方になるのか。そういうのって絶対に女性声優にしか起こらないことだからその点でも性別の非対称性が浮き彫りになってしまっているし。

 それは恋愛以外でもそうで、最近だと、長濱ねるさんとかが顕著ですけど、「今と違う景色を見たい」っていう欲求は、一度持ってしまったら誰にも止められない。今のままの方が成功する可能性が高いとかそんなことは百も承知の上での決断でしょうし。だから卒業とか引退とかも本人の選択の自由なのだろうなと。ジャニーズも最近いろいろありますし、タレントであっても自分の人生を好きに生きられるようになってくる過渡期なのでしょう。

 だから……まあ正直、hinakoさんも今回の試験合格を受けて、このまま何年もずっとリリスクで、というのは難しいんじゃないかなという不安もあるんですが、でもそれはちゃんと受け入れなきゃいけないんだろうなと思うし、それをちゃんと覚悟しながら今を応援していくしかないのだと思います。

 ……あ、でも以前『セブンルール』に出ていた、看護師とファッションモデル両立してる青木美沙子さんみたいな例も一応ある……ので、もしアイドル活動が何らかの息抜きになるのであれば何とか続けてほしいなとも無責任に思います!

——————–

 日曜日には流山産業博に行ってきました。

 1年に1回、ろこどる難民の生き残りが集まる日。去年も一昨年も行きました。

 日中に予定があったので朝イチで行ったのですが、9時前から行列ができていてTシャツが30分くらいで即完売したのは驚きました。来客数を全く予測できないから少なめに作ったんでしょうけど……。私はTシャツは買えなかったのでカレンダー、ラバスト、あと梅酒を買いました。

 梅酒は去年も買いましたが、300mlを使い切るのに1年かかったので、今年も300mlを1本買いました。

20190325_011435

 さっさと帰ってきたので魚心くんは見れなかったのですが、昼間にはちゃんと着ぐるみも登場したようで。普通に市のキャラクターに混じって深夜アニメキャラが受け入れられてるのは凄いことです。

 もうそろそろアニメ放送終了から5年経つのに、今でもイベント出展が続いて、新規グッズが出ているのは本当に恵まれているなあと……。

 この熱がどうにか広がってクラウドファンディングでOVAとかそのくらいまで繋がってくれればもちろん最高ですけど、それは難しいこともわかっています。それでもここだけは長続きしますように。。。

 ろこどる、さくら荘、リリスク旧体制、いずこねこ、アルピーANN、スター名鑑、自分の好きなコンテンツがマスに刺さらなくて終わってしまう(または知ったときには終わってしまっている)という業を背負いつつも、良いものが形を変えながらも生き残ったり次に繋がっているのを見ると、まだまだ捨てたもんじゃないなあと思えるのかもしれません。

——————–

 3月もあと1週間。

 つまり今の会社を退職するまであと1週間。

 残念ながらまだ次の職場が決まっていないので、4月は社会に縛られないニート生活を1年ぶりに楽しもうと思います。

 でも本当に、それこそhinakoさんを見習って自分も頑張らなきゃなって思いますね。転職活動に限らず……。きちんと自分の人生を充実させないと頑張っているアイドルに対しても向き合えないなあとも改めて思いました。握手会とかも、そういう権利のある人間ではないって思ってしまうので。良くない考え方ですが。朝井リョウさんの「原稿を書いていないと罪悪感から娯楽を100%楽しめない」みたいな話はまさに。

 とりあえず今週も変わらず仕事と面接と引っ越しですが、今週さえ乗り切れば来週からはバイトと面接だけになるんで、ブログとかもガンガン書いていこうと思ってます。まあ今週もいろいろ書く気ではいますが……。よろしくお願いします。

理想の への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事