おすすめレビュー access_time2019.01.07 22:46 update

BETOP Surface Connect to USB-C Charging DongleでSurface Pro+USB PDの未来を先取り

 1ヶ月ほど前ですが、「BETOP Surface Connect to USB-C Charging Dongle」を購入しました。

 名前の通り、Surface ConnectとUSB-Cの変換ケーブル(充電専用)で、写真のようにType-Cケーブルを差し込むことでSurfaceを充電できるようにする画期的なアイテム。

20190107_222059

Surface Connect端子で充電できるUSBケーブルが海外で発売! 日本発送可能。 – WPTeq

 他のサイトでも紹介されている製品ですが、実際どうなのかと思って買ってみました。

 結論から言えばSurfaceユーザーなら間違いなく買って損はないです。

 

なぜUSB-C変換ドングルが必要なのか

 2018年に6世代目が登場したSurface Proシリーズ、未だに搭載されていないことへの不満が聞こえるUSB Type-Cポートですが、実際USB-Cポートって欲しいですか?

 結局USB-Cをデータ通信やLAN接続する際は変換ドングルを噛ますし、会社や家で使う分にはマグネットで簡単に着脱できるSurface Connectの方が取り回しが良いわけで、

 実際に「SurfaceにUSB-Cポート欲しい」と思う場面を考えると、充電、しかも、「モバイルバッテリーで充電したい時」と「出張・旅行・ノマドなどで重くて大きいアダプターを持ち歩きたくない時」の2パターンだけだという結論に至ります。

 

 ただ、実際モバイルバッテリーに対応していれば……と思うことは結構あって、せっかく軽量でどこでも作業ができるデバイスなのに、電源問題のせいで場所が制限されてしまうストレスがずっとありました。

 馬鹿重いDCのモバイルバッテリーを13000円で買ったりもしましたが、重いし、充電にも時間がかかるし、そのくせ半年ほどで使えなくなったり……。

 私のように出先やカフェで作業する人間にとって、Surfaceをモバイルバッテリーで充電するのはまさに長年の悲願

 もちろん理想は「Surface Book 2」のSurface Connect & Type-C両搭載なのですが、それとほぼ同じ使い勝手を実現してくれるのがこのドングルです。

 このドングルを使えば、外出先のみSurfaceをType-C充電対応端末としても使えて、いいとこ取りできるのです。しかもたった4000円で!

20181129_015005_HDR

 ちなみにこの製品は日本未発売ですが、Amazon.comで日本への発送に対応しています。ちょっと検索すればわかりますが、クレジットカードさえあれば問題なく買えますのでオススメです。

Amazon.com: BETOP Surface Connect to USB-C Charging dongle

 USB-Cのオス側になっている「BETOP Surface Connect to USB-C Charging Cable」もあります。

 Dongleを買ったのはそちらしか在庫がなかったからです。交互に在庫切れになったり復活したりしているようですが、使い勝手は基本同じなのでどちらでも良いと思います。

20181221_235932

 Surface Connect側は何の問題もなくピタッとSurfaceに差さります。

 以前、某メーカーの安い互換充電器を使った時は、コンセントに差すだけで(充電開始していなくても)ランプが点灯していましたが、このケーブルは純正品と同じく、実際に充電されている時のみ点灯します。

 

実際の使い勝手

 控えめに言って、最高です

 Power Delivery対応モバイルバッテリー、USB-Cアダプター、USB C to CのPower Delivery対応ケーブルという3点を追加で手に入れる必要がありますが、

 これらを揃えればSurface Proの不満点を全て解消してくれます。

 

 具体的なメーカー等は後述しますが、

 まず20100mAhのモバイルバッテリーとのセットで、輝度最大でもコンセントなしで7時間は持つようになりました。

Image

New Surface Pro (2017) に Pro4から乗り換えた感想。バッテリーの持ちが2倍以上に!

 Surface Proを購入しました。  2017年6月に発表・発売された、Surface Pro シリーズの第5世代モデル... 続きを読む

access_time2018-05-31

 Surface Pro単体のバッテリーの持ちが約3時間だったので、2.5倍。

 今あなたが使っているSurfaceのバッテリーの持ちが、このモバイルバッテリーとSurface Connect to USB-Cケーブル(またはドングル)を買うだけで2.5倍になるというのは、革命です。

 重さも普通のモバイルバッテリーより少し重い程度ですし、何よりNintendo Switchやスマートフォンなど他のデバイスと共通なのが便利。「Switchをプレイしながら充電」もできます。USBポートもありますし。

20181215_171208

 こんな感じ。Surfaceをモバイルバッテリーで充電するという夢が見事に実現されています。

 Web編集のVisual Studio Code、動画編集ソフトのPremiere Proや音楽制作ソフトFL Studioといった、処理の重いソフトを起動していても余裕でバッテリーが回復していきます。

 

 アダプターの方はそちらに比べるとやや出番が少ない、というよりもモバイルバッテリーでの充電が便利すぎて、わざわざコンセントのあるカフェを探すことが減ったのですが、

 「とりあえずカバンに入れておけばどんな状況でも充電できる」安心感があります。

 今まで、Surfaceの充電器を持ち歩くためには、Surfaceのためだけにアダプターを丸ごと携帯する必要がありましたが、この小さなアダプターと変換ドングルだけ持っておけば良い。例えば旅行に行く時もこれで十分。

 USB-Aポートが搭載されているアダプターならスマートフォンやタブレットも同時充電できるので、USB-A to Cケーブルをおまけで持っておけばそれだけで足ります。

 少し前に泊まったカプセルホテルのラウンジで作業した時も、このアダプターのおかげで身軽に動けましたし、寝る時はそのまま同じアダプターでスマホが充電できるのでSurface充電器もUSBアダプターも両方兼ねてくれます。

 正直Surfaceのアダプターも別にそこまで重くはないのですが、とにかく大きくて持ち運びづらい。重さ以上にサイズ面での恩恵がかなり大きいです。とりあえず鞄の中に入れておくこともできるサイズなので。

 

45W出力という高い要求を満たすには

 ところで、上で書いたような「使いながら充電」をするためには、もう1つ、出力の大きな充電器が必要になります。

 これはSurfaceの仕様ではなく、元々USB-Cポートが搭載されているMacBook ProやNintendo Switchと同じ。USB-Cは給電速度を指定した規格ではありません。

 つまり、コンビニで1000円で売っているモバイルバッテリーと、ダイソーで売っているUSB-A to Cケーブルなんかで充電できるわけでは当然ないのです。

 

 Amazonの製品仕様を確認してみると、

12V or 15V output is must

29W or greater for Surface Pro M3, or Surface go

36W or greater for Surface pro and Surface laptop, 45W or 60W is recommended.

 Surface Proを充電するのであれば「36W以上、できれば45Wか60W」ということがわかります。

 この36Wというのが曲者で、USB Type-Cの高速給電規格「Power Delivery」対応を謳うモバイルバッテリーや充電器であっても、

 その多くが最大出力24~30Wなのです。

 

 例えば、スマホ周辺機器メーカーとして有名なAnkerの「Anker PowerPort ll PD」は最大出力30Wだし、小さくて持ち運びにも便利そうなCheeroの「USB-C PD Charger CHE-324」は出力18W。これもPower Delivery規格ではありますが、Surface Proの要件は満たさない。

 モバイルバッテリーも同様で、Nintendo Switch対応で任天堂公式ライセンスのある「Anker PowerCore 20100」は出力15V=1.6Aで24W。MacBookに対応しているRAVPOWERの「RP-PB058」、26800mAhと容量は大きいものの出力は最大30W

 念のため書いておきますが、これらの製品が優れていないということではありません。スマホやタブレット、Nintendo Switchや省電力PC(MacBook AirやSurface Goなど)を充電するのであれば30Wは十分すぎるので、無理に45W出力に対応するよりも軽量化を目指す方がユーザーにとっては有難い。適材適所。

 ただ、Surface Proを充電したいというワガママに応えてもらうためには、36W、いや45W欲しいのです。

 ということで、1ヶ月ほどいろいろ探し回り、私なりに結論を出しました。

 

モバイルバッテリーは「cheero Power Deluxe 20100」一択

 まず購入したモバイルバッテリーは「cheero Power Deluxe 20100」。

 信頼できるメーカーの出している製品に絞るとほぼこれ一択になります。中国製の謎のブランドの製品なら他にもありますが、充電回りは変な出力で故障の原因になるとちょっと怖いので。

 ただこのモバイルバッテリーには問題があって、どうやらほぼ生産終了しているっぽいことです。2018年6月に発売されたのですが、なんとAmazonでは商品ページが削除されています。楽天の商品ページは残っていますが在庫は切れています。

 同じように45W出力できるモバイルバッテリーがRAVPOWERから発売されたので、そちらがオススメです。

 

 USB-C to CのPower Delivery対応ケーブルが付いてくるのも見逃せない利点。Dongleの方を買ったなら必須。

 短いですが、Surfaceに充電するなら十分。ベッドで寝ながらスマホを弄る、みたいな使い方をするわけではないので。

“ノマド電源問題”に決定打、45W給電のcheero製モバイルバッテリー – ケータイ Watch

 上記の記事を読むと使い勝手の参考になるかと思います。

 Matebook XやMacBook Proなど、USB-C搭載の高性能ノートPCとの組み合わせでレビューを書かれている方は多いのですが、Surface Proがその仲間入りできるというだけで感動。

 

 

 

ACアダプター、軽さを取るかコスパで選ぶか

 一方、アダプターはもう少し選択肢がありますが、

 こちらもブランドを加味して考えると「AUKEY USB充電器 PA-Y10」と「RAVPOWER USB-C充電器 RP-PC104」が最有力。

 36Wであればもう少し小さくて軽いものもありますが、どうせ買うなら推奨されている45W出力が欲しいところ。あと、Surface純正のアダプターが44Wなので、45Wあれば間違いなく使用中の充電ができるという安心感も。

 Aukeyの充電器は、USB-Cの最大46W出力に加え、USB-Aポートは合計ではなく個別で10.5W出るという優れもの。45Wを維持しながらスマホも充電できるので、旅行などに持っていくのもこれだけで十分です。デメリットは多少大きいことと、毎日持ち歩くには重いこと(136g)。

 一方、2019年注目の技術である「窒化ガリウム(GaN)」をいち早く搭載したRAVPOWERのアダプターは、45W出力でありながら82gという圧倒的な軽さがウリです。

 今は50gの差に拘らなければAUKEYの充電器が良いと思いますが、このGaNアダプターはAnkerなど他のメーカーも投入を予告しているので、2019年には価格もこなれてくるのではないでしょうか。私自身はAUKEYの方を買いました。

 あと、モバイルバッテリーなら近くに置けば良いのですが、コンセントはちょっと遠いこともあるので、長めのPower Deliveryケーブルが結局欲しくなって買い足しました。

 

おまけ:ACモバイルバッテリーとの比較

 ところで、「Surfaceを充電したい」という欲望を満たすだけなら、AC出力(コンセントの差込口)を備えたモバイルバッテリーでも可能です。

 例えばRAVPowerから発売されている「電源供給器 RP-PB054」などが該当します。

 これとCheeroのモバイルバッテリーを比較してみます。データは実測ではなく商品ページ記載の情報です。

 RAVPOWER RP-PB054cheero Power Deluxe 20100
容量20100mAh20100mAh
最大出力65W45W
価格¥14,999¥5,580(ケーブル付属、ドングル別売)
重量585g(+Surface 電源アダプター約200g)368g(+USB-C to Surface Connect ケーブル)
サイズ258 x 225 x 100 mm162 × 79 × 23 mm

 どうでしょうか。私はRAVPOWERの方を買う理由はないと思います。カフェにこれを持っていきたいかという話です。

 

Surface Proの未来の先取り

 2019年、Pro 4以来4年ぶりのモデル刷新が予想されているSurface Pro 7(とLaptop 3)では、Surface Connectがなくなるかはともかく、USB-Cポートはさすがに搭載されるでしょう。

 既にSurface GoにもBook 2にも搭載されているので。

 このUSB-C Dongleは、それまでの繋ぎでしかないですが、十分すぎるほどに活躍してくれて、そしてPro 7への期待を高めてくれるアイテムです。

 というか、これがあれば別にUSB-Cポート要らないな、という気になります。同時に使うわけではないので。

 

 さらに言えば、仮にPro 7でUSB-Cポートが搭載されたとしても、要らなくなるのは変換ドングルだけなんですよね。

 つまり、USB PD対応のモバイルバッテリーも、小型アダプターも、全て未来への投資であって、無駄にならない。

 Pro 7に搭載されなかったとしたらこのままドングルを使えば良い一方、

 別に今年SurfaceからMacBookやiPad Proに乗り換えるとしても使っていけるし、スマホもSwitchも充電できる。

 今後無駄になるかもしれない¥3000のSurfaceの互換充電器や馬鹿みたいに大きいモバイルバッテリーを買うくらいなら、

 確実に今後も使い続けられるUSB-C変換ドングルを買うのがベストでしょう。

 海外Amazonというハードルさえ越えられれば、間違いなく買うべきアイテムです。

BETOP Surface Connect to USB-C Charging DongleでSurface Pro+USB PDの未来を先取り への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*おすすめレビュー* カテゴリーの最新記事