Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

リピート

 日曜日に『若おかみは小学生!』2回目を観てきました。

 監督やプロデューサーが登壇するトークショーが終演後に行われる上映が意外と近くで行われて、そのチケットが意外と余っていたので。


 2回目観ると改めてこの映画はファンタジーと現実がうまく入り組んでいるというか、最初に事故で助かるところから全部ファンタジーのお話で、

 ただ物語で実際に起こり得る奇跡とか偶然を描くと全部わざとらしくなってしまうからむしろファンタジーの方が気持ち良く観られるかもしれないなあ、と。

 それこそ今やっている『青ブタ』にも通じる話ですが。

 「両親が亡くなって主人公だけが生き残る」っていう設定からして、ファンタジーで描かない限り全部ご都合主義を感じてしまいそうだし、それを隠蔽してくれるからこそ、そもそも小学生が何で働いてるのみたいなところの負の側面を見せずにひたすらポジティブに描ける。気持ち良い作品です。


 しかしほんと良い作品だし、SNSで爆発しそうな雰囲気を見せながら、結局そんなに盛り上がりきらなかったの、サブカルの限界みたいな感じがします。

 『勝手にふるえてろ』とか『溺れるナイフ』とかもそうですけど、観た人に何かを考えさせる、訴えかけるような作品がSNS全盛の今は本当に弱い……。いや、そんなものが大衆に広く受け入れられた時代なんて過去にだってなかったのだろうから、当たり前なのかもしれませんが。サブカルが受け入れられる時代が来たのでは全くなくて、オタクがアングラからただのポップカルチャーになっただけ。

 トークショーで監督が「何とか監督業を続けさせてもらえそうなので」とぶっちゃけてましたが、これを機にこの監督やスタッフ陣に次はもっとちゃんと予算が貰えることを祈ります。

——————–

最近(というか今日)ずっと聞いてる曲

 アニメ『RELEASE THE SPYCE』OP。

 ヒゲドライバーさんの作る曲、全部似たような曲に聴こえるけどまあ毎回クオリティ高いし、声優ソングとしてアイドル声優のボーカルを最大限に活かしてるから文句なんて一つもない。

 今は完全に無限リピート中ですが、たぶんずっと聴いてたらすぐに飽きるのでそれも1クールのアニメにぴったりなのだろうなと。そういう意味ではヒャダイン系?

 『回レ!雪月花』とか『ヒャダインのカカカタ★カタオモイ』とか、今聴きたくなったりは全然しないじゃないですか(私だけ?)。聴き直して懐かしいなーとはなっても、「今聴いてもいい曲だなあ」みたいなことは全然感じない。

 その点『Sparkling Daydream』とか『irony』とかは同じアニソンでもたぶん10年後に聴いても色褪せてないと思うし。それは志向するものの違いなのだろうなと。


 あと今回初めて「聴きたくなった曲がPlay Musicにある」ことのありがたみを知りました。わざわざ買わなくてもフルで聴ける。素晴らしい……

——————–

スタバアルバムのコーナー

20181104_192257_HDR 20181124_200642 20181201_170302

 ジンジャーブレッドラテ。

 程よくスパイスが効きつつも甘みもあって最高。値段も高いけど高すぎない。

 ホイップ倍増させたりショット入れたりチョコレートソースかけたりいろいろ試してます。

20181108_134939

 ストロベリーケーキミルク。

 下のホワイトチョコレートスノーもですが、ラテじゃない期間限定ドリンクにショット追加してラテにするやつは絶対に外れないから強い。

20181129_200505

 ホワイトチョコレートスノーにチョコチップをトッピング。チョコチップ全部底に沈んでなかなか残念でした。


 結局スタバが一番落ち着く。コスパ悪いとかいろいろ言われてますけど、ドトールと違って禁煙だし、めちゃくちゃうるさい客もいないし、

——————–

 12月は毎日更新しようかなと一瞬だけ思っていたのですが、気づいたら3日でした。すみません。

 先月は5回更新。少ないと思いつつもライフワークとしては妥当なのかもしれません。


 まあ最近更新できてない理由は

 ・仕事が忙しい(残業がヤバい)

 ・プライベートも忙しい(家族のいろいろ)

 ・趣味も忙しい(あるものの作業中)

 そりゃブログ更新する暇なんかないですよねっていう。ちょっとなかなか今ハードです。夏、9月くらいまでは、仕事終わってからの毎日夜が結構自由だったのですが、仕事で使うエネルギーがだんだん増えてきた(自分が背負う責任だったり、自分が他の人に振る仕事とかを計算しないと回らない案件の割合が大きくなってきた)


 プライベートのいろいろはそのうちというか年末記事でまた吐き出します。とはいえ今年は全部書いちゃうといろいろ不味い話があるので、『重たい話(©根本長井のANN0)』よろしく伏字を入れながら書くことになりそうですw


 まあ今月はそれなりのペースで更新しようとは思ってます、一応。15回くらいは目指したいですね。宜しくお願いします。誰も見てないと思いますが。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。