Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

10月SPW以降のラジオ備忘録(DCG、CreepyNutsのANN0など)

 ここ1ヶ月のラジオ。もう完全にいろいろ終わっているのですが、自分用の備忘録として書き留めておきたいのです。

 前回のスペシャルウィーク、すっかり感想を書きそびれてもうだいぶ前ですが、

 オードリーANNのゲストがCreepy Nutsだし、爆笑問題カーボーイのゲストがハライチだし、アルピーはラフターナイトに出てるし、実質好きな番組が2倍になったような楽しさがありました。


アルコ&ピース D.C.GARAGE(10/16、23、30、11/6)

 10/16のSPWはゲストにチョコプラ。普通にトークとして面白かったし、有吉の壁に関する話題など十分笑えましたが、やっぱり今までのクレイジーラジオを期待していると肩透かしな感が……まあ1時間でそこまで展開することはないだろうと思っていましたが。

 10/23はM-1グランプリ敗退という悲しい事件。ハライチともども来年は本当に出ないのでしょうか……。

 アルピーのラジオのこの面白さってどうにか漫才に落とし込めないものなのかと他人事ながら考えてしまいます。前半で平子が瀬良社長的な演技をして、酒井が乗っかるふりをして追い詰めるようなやり取りとか、全然観たいんだけどなあ。

 10/30は誕生日プレゼントを贈るやり取りにほっこり。11/6はうしろシティ乱入のラジフェストーク。

 しかし最近コーナーやらないことが増えてますけど、ネタ切れならボイパのコーナーはリニューアルして良いのにな。


Creepy Nutsのオールナイトニッポン0(10/16、23、30、11/6)

 10/16は初のゲストにハマ・オカモト。微妙でした。いや、バラエティノリをやる必要はないのだけど、だったら別に出てこなくて良かった。

 「お前らのそういうイジリに乗ってやんねえから」「はいはい、その通りですね」みたいなリアクション、もう本当にダメ。冷める。リスナーと共犯関係を築いて面白くないものを面白いかのように錯覚させるのがラジオなので、現実に戻して冷や水浴びせることをしたら全部終わる。ああいうスタンスが面白いと思っちゃう姿も含めて痛々しかった。二度と出ないでほしい。


 罰ゲーム失敗という10/23の地獄を挟んで、10/30はハロウィン回、いわゆる神回。ハロウィンというメールテーマから脱線していくCreepyNutsラジオの醍醐味が存分に発揮され、

 「渋谷に住んでいるがコスプレギャルに肩パンされたのでハロウィンを肯定し続けます」というメールを受けて、最低な会話から、助演男優賞への完璧な入り、そして「肩で出た話」という意味不明なテーマに発展。パーソナリティーとリスナーのワードセンスのぶつかり合い!

 「大江戸シーラン」も史上最高傑作が誕生し、今後何度も聞き返したくなる最高の回でした。

 11/6の録音放送回もリスナーの「新曲の感想メール」が届いたりとやりたい放題。

 そろそろニッポン放送恒例のクソ改編の足音が聞こえてきますが、YouTubeの転載動画を観ても今まで芸人ラジオを聞いたことのない層にも刺さっているし、そこを汲んで何とか2年目残ってほしい……。

 ANN0リアルタイムでハマるのは初めてなので、辛い。まぁさっさとTBSラジオに移るならそれでもいいんですがw

 そういえばこの前のリリスクネットサイン会でyuuとhimeがCreepy Nutsのラジオ聞いてる発言してて良かったです。himeさんゲスト出てくれないかな……。



根本宗子と長井短のオールナイトニッポン0(10/15、22、29、11/5)

 ゲストにフットボールアワー岩尾を迎えてからというもの、突然ほぼ毎週ゲストを呼ぶ大盤振る舞い。

 CreepyNutsや芸人のラジオほど面白くはないのですが、何となく聴きやすいのと月曜夜(火曜昼)に聴きたいラジオがないので流してます。

 11/5のあやなちゃんゲスト回は面白かったのですが、あれが「お灸を据える」ドッキリかと言われると……「知らない可愛い素人かと思った?知らない可愛いプロでした!」って言われても別に可愛さは変わらないので……。ヨブンのことのラジオマジシャン回もそうですけど、理屈が通っていないことが妙に気になりました。藤井P脳。


ハライチのターン!(10/18、25、11/1)

 安定しすぎて怖いくらい面白い。やっぱり岩井のフリートークが全て。

 10/19のスペシャルウィークでも発揮されていましたが、レクサスの代車トークに「たまにある嘘じゃん」、やっぱり澤部のツッコミセンスが抜群。

「総合力で澤部に勝てる芸人はいない」ハライチ岩井勇気の相方論 – 朝日新聞デジタル&M:朝日新聞デジタル

 11/1の回は、仲良くないカメラマンに誘われた時に当たり前のように断ると語る澤部の闇が見えたかと思いきや、韓国料理屋から平気で帰る怖い話でした。ハライチもオードリーもそうですけど、どっ ちも根が暗くて好きです。というか、「根が明るい、何の闇もない」人って本当にいるのかな、とも思いますが。『ヨブンのこと』のたかみなも、朝井さんに共感することもありますし。

 11/8での、泥酔を理由に羽目を外す人にキレる岩井さんも最高でした。「今週は、以上です」という斬新な終わり方w


オードリーのオールナイトニッポン(10/20、27、11/3、11/10)

 Creepy Nutsゲスト回は面白かったけど、ヒロシのコーナーは本当にいらない…いくら関係性が前提にあるとはいえ、先輩が後輩にああいうことをやらせるノリは誰であっても苦手です。若林さんがそうであるように、年を取ったら自分のような人間でもあのノリを認めることになるのでしょうか。

 11/3は完全に狙って土曜朝にニュースを出されたとしか思えない、南沢奈央さんとの破局の話題。やっぱり1月の時より勢いがないというか辛さが見えるのと、こういう話題だと春日さんがなかなか攻め込んでいかない。この点では『激レアさん』『セブンルール』の方が楽しみなので、早くこのニュース後の収録回になってほしいですね。11/10の


ヨブンのこと(10/21、28、11/4、11/11)

 ここまでの話題でちょこちょこ触れてますが、スペシャルウィークの予防接種回とかもうずっとふざけてて最高でした。

 あとはCreepy NutsのANN0が終わる前に何とかゲストに……チア男子映画化という口実もあるし、何とか。

 11/11は「自分が普通の人間だと再確認するためにバレーボールで知らない子の中に混ざる」という朝井リョウさんのトークが完全にオードリーANNのDJ松永と一致してて笑いました。この2人が共演するトークが未だに電波に乗ってないの本当に日本の損失。何ならロフトプラスワンでトークイベントしてください。


沈黙の金曜日 ゲスト:梅澤美波(9/28、10/5)

 ちょくちょく聴いてるのですが、梅澤美波さんゲスト回が凄い良かったです。アルピーの面倒なノリに初対面とは思えないほどしっかり対応していて能力の高さを見せつける形に。平塚出身という微妙な育ちの悪さも酒井と相性が良くてかなり盛り上がってました。

 人気メンバーらしいので沈金レギュラーになることはなさそうらしいですが、普通にいろんなバラエティとか出てほしい。


その他

 『ノースリーブスのオールナイトニッポン(11/7)』。ラジオスターたかみなのツッコミ力の高さ。そして「週刊ノースリー部」がアルピーDCG・CreepyANN0などを手掛ける天才作家福田さんの担当番組だったことも知っていたので、メールのテンションも高くて最高でした。

 『AKB48のANN(10/24)』、中井りかさん出てたので最初だけ聴きましたが、全然ハネてなかったので途中で止めちゃいました。やっぱり根がメンヘラなだけあって青春高校やNGT48みたいな内輪じゃないと本領発揮できないし、

 同時にMCの役回りするよりもおぎゆかとか佐久間Pとか吉田アナみたいな包容力のある常識人がいた方が面白いよなーなんて思いました。

 『山里亮太 不毛な議論(11/7)』。1月の熱愛報道の後3週間だけ聴いた以来に聴きに行きました。今週あたりまでは一応聴こうかな?

——————–

 単発含め聴いてるのはこのくらい。いやーたくさん聴いてるー。

 テレビは『水曜日』『テラスハウス』くらいしか楽しみがないかも。水曜日のダウンタウンはとにもかくにも毎週やってほしい。久々に隔週状態に突入していて困る。あともしヤラセ理由に『イッテQ』終わるなら同じ時間帯に『スター名鑑』がガチ相撲で復活するしかないのでは?

 『相席食堂』『勇者ああああ』『ゴッドタン』『セブンルール』とかも更新されたら一応観てますが。あ、ゴッドタン前回の西野回は久々に腹爆発するかという勢いで最高でした。あれでも髪切りデスマッチよりはまだ心を痛めずに観られるのも有難かった。

 ラジオだったりテレビだったり受動的な楽しみだけで充分に生きていけているのは嬉しいようなそれに満足していてはダメなような。仕事中にラジオが聴けるというだけでいろいろ感謝しなくてはならない環境なのだろうとも思いますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。