Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

一人旅視点での加賀温泉郷フェス&葉渡莉宿泊レポ

 7/21、加賀温泉郷フェス2018に行ってきました。

20180721_141339

 「温泉と音楽の融合」というコピーの下、温泉旅館を貸し切って様々なアーティストが次々にライブを披露する音楽イベント。

 開催は今年で7回目だそうです。

 私は今回が初参加だったのですが、最高に楽しかったです。フェスはもちろん、その後の宿泊や前後の観光も含めて旅行として最高の2日間でした。

 どうやら来年もあるようなので、ぜひ行ってほしいなと思って詳細に感想を書くことにしました。

 

 このフェス自体は数か月前から知っていたのですが、行くかどうかかなり直前まで迷っていまして、

 特に気がかりだったのが「友達のいないぼっち参戦でも楽しめるのか」という部分でした。

 友達と一緒にフェス行ってそのまま旅館に泊まるのは楽しいに決まってるのですが、

 私の場合、ぼっちコミュ障が一人で行ってしかも相部屋に泊まるという修羅の道を選んでも楽しいのかという部分の不安が尋常じゃなかったのですが、結果的には杞憂でした。むしろ一人旅にこそ適しているフェスかもしれないと思います。

——————–

見どころ

 まずはざっくりと加賀温泉郷の楽しかったところを紹介していきます。

ライブ

 まずは何といっても、旅館を貸し切って行われるライブ。様々なステージで同時に複数のアーティストがライブを行います。

timetable03

 バンド、DJ、アイドル、芸人、何でもあり。旅館ならではの「大浴場ステージ」では泡風呂の中でDJがパフォーマンスしていたり、「プールステージ」ではアイドルが踊る前にあるプールの中でオタクが沸くという意味不明な光景が見られました。日差しが強すぎたのでプールには入りませんでしたが……。

 プールステージと屋台(エントランス前)のフードコーナーを除いて屋内なので、涼しく回れるのも魅力。

 

 個人的なメインのお目当てはlyrical schoolでしたが、

 それ以外にも楽曲ヤバすぎてアルバム全部買ってるけどライブは1度しか見たことなかったMaison book girlさん、Future Bass最高でこれまたアルバムだけiTunesで買ったYunomiさん、某ラジオで大活躍された土岐麻子さんと、「単独でライブ行くには至らないけど機会があるなら見たい」人たちが多くて幸せでした。あと偶然通りがかったろるらりさんのダンスが中毒性あってTwitterフォローしました。

 

温泉

 フェス開催中は、チケットさえあればいつでもお風呂入り放題。あとプールも。

 大浴場が解放され、男性大浴場が男女共通(水着)の泡風呂になる時間帯は貸切露天風呂が無料開放されます。

 ライブに合わせて飛び跳ねたりしてかいた汗を速攻でお風呂で流せるというのは温泉フェスの醍醐味だと思いました。

 その代わり同時間帯の全てのアーティストを諦めてお風呂に入るというなかなか辛い選択を迫られることになりますが……。

 私はリリスクのライブ終了と同時に速攻でお風呂に行き、浴衣に着替えて特典会に参加し、握手が終わると同時にtofubeatsさんを諦めて泡風呂に行きました。

 まあ正直なところ泡風呂は期待ほどではありませんでしたが……でもこういう機会でなければ泡風呂なんて体験しないので良かったです。ナイトプールも時間があれば行きたかった……。

 

食事

 食事は1F・B1Fの食堂と、エントランス外の屋台で買って食べることができます。

20180721_141931

 食堂はやや割高感ありましたが、屋台の方はそれなりにお得なメニューもありました。500円のカレーやローストビーフなど。

 あと牛串が美味しかったです。

 ドリンクは館内のあちこちで売っています。飲み物持ち込み厳禁のライブ価格(400円~600円程度)なのは仕方ないですが、お風呂上がりにお酒を飲みながらDJのパフォーマンスを眺めるのは幸福度が高かったです。

 

旅館

 サイトからは「チケット」「宿泊」「バスツアー」のオプションを自由に組み合わせて購入できるのですが、

 この宿泊プランを選ぶと、ライブ終了後にそのまま「葉渡莉」または別館の「瑠璃光」で宿泊できます。瑠璃光では23時からアフターパーティーも行われます(私は疲れていたので行きませんでしたが……)。

 個室の方はわかりませんが、私が選んだ相部屋プランに関しては、葉渡莉の方が若干高かったです。(迷ってるうちに瑠璃光が満室になったので仕方なく葉渡莉にしました)

 瑠璃光に行ってないので価格差がどこで生まれているのかわかりませんが、

 そもそも本会場が葉渡莉なので、フェスの最中に着替えや水着などの荷物を自室に置いたり取りに行ったり、と行えるのが圧倒的に楽でした。

 

 逆にアフターパーティーまで行く方は瑠璃光の方が便利かもしれません。

 私の場合は、アフターパーティーまで出るとさすがに睡眠不足で疲れが平日に響きそう(もしくは寝坊して朝食を食べそびれそう)……という懸念があったので、アフターパーティーには出ずにフェス終わったら速攻で部屋で寝ることにしました。アフターパーティーは別で入場料かかりますしね。

 そしてフェスが終わった翌日、チェックアウトまで旅館でゆっくりできるのでお得感があります。帰りが夜行バスならゆっくり観光できるし、高速バスでもそれなりに。私は朝食+朝風呂で至福の朝を過ごしました。(その代わり帰りのバスの時間ギリギリになって最後の昼食が金沢駅構内の吉野家になりましたが)

 

 いろいろと書きましたが、一言でまとめると、「温泉×フェス」の組み合わせに惹かれた方は、おそらくその期待通りの体験が得られると思うので、ぜひ行ってほしいです。

——————–

 さて、ここまでが加賀温泉郷フェスの客観的な、つまり行かなくても書ける褒め記事でしたが、

 ここからはもっと具体的に「一人旅で最高だった理由」を書いていきます。偏見のオンパレードなので適当に読み飛ばしてください!!

ポイント1:旅館から出ずに旅行を満喫できる

 旅行に行く理由って「観光派」と「リラックス派」に分かれると思うのですが、私は完全にリラックス派です。

 が、特に複数人で来ていると、「もうチェックイン後は旅館から出なくて良くない?」とはなかなか言い出しづらいのも事実。

 せっかく遠くまで来たら何となく観光もしないと勿体ないような強迫観念に襲われ、旅館近くの散策をするものの、日本全国どこにでもある神社とどこにでもある山を見て、改めて時間を無駄にしたな、これなら旅館で寝てれば良かったなと毎回思うのが旅行です。

 それでもまだ友達がいれば話のタネにできますし移動時間も楽しいですが、一人旅の観光はそれもない。

 今回も一応フェス前に兼六園に行きましたがぶっちゃけ時間の無駄でした。というかシンプルに暑すぎて感動する余地もなかった。

 その点、加賀フェスに参加すれば、昼頃からは旅館を一歩も出ることなく、それでいてライブと食事と温泉という「ここでしかできない体験」を得られるわけですから、最高ですよね。正直もし来年も行くことがあれば午前中は金沢駅近辺から動かなくていいなと思っています。

 

ポイント2:昼のバスでも帰ってこれる、しかも安い

 今回の旅行では、金曜夜にバスタ新宿からの夜行バスで出発し、日曜昼に金沢駅を出て、日曜夜に新宿に戻ってきました。

 元々はバスツアープランに参加するつもりが、直前の月曜くらいに満席になってしまったようで絶望していたのですが、

 普通の高速バスを調べてみると、片道5000円程度で行けてむしろ安いし、バスの時間もフレキシブルに選べることに気づいたのでこちらを予約。

 

 特に帰りが、金沢⇔東京は片道8時間程度なので、13時金沢発→21時新宿着という便があるんですよね。

 帰りも夜行バスでそのまま出勤というプランもあったのですが、ちょっと往復夜行バスは疲れそうだなと……。

 実際、行きの夜行バスがかなりきつくて、(平日で仕事してそのままだったこともありますが)土曜の朝に着いた頃にはボロボロでした。

 帰りは夜行バスにしなくて良かったと心底思いましたが、かといって朝出発だとゆっくりできないので、「13時半発」という絶妙な時間帯のバスがあるのはとてもありがたかったですね。

 バスツアープランは朝6時半に新宿発という、それはそれできつそうなスケジュールでした。逆にバスの中ではぐっすり寝れそうですが……。

 

ポイント3:相部屋プランがある

 一人旅で旅館に泊まる際のネックになるのが部屋の料金。2人以上で1部屋借りる場合と比べて割高になってしまいます。

 その点、この加賀フェスでは「相部屋プラン」があります。旅館側が適当に振り分けた5~7人?で同じ部屋に泊まり、団体部屋なので1人あたりが割安というプランです。夕食・朝食の有無も予約時に選べます。

 19000円(フェスのチケット代を引くと15000円)で朝食付きであのクラスの旅館に泊まれるのは、一人旅という条件ではなかなかコスパが良いのではないかと思います。土日ですしね。

 

ポイント4:相部屋を選んでも他人と会話しなくて良い

 ここが一番大事!

 いくら価格的に相部屋プランが魅力的とはいえ、

 そもそも友達がいないコミュ障だからぼっち参戦してるわけで、相部屋とか……無理……と思ったのですが、そもそもそれは全員同じ

 相部屋で友達作るぞ! なんてテラスハウスみたいなテンションで来る人は基本、いない。そもそもそんな人は関東で友達作れてるはずです。出演アーティストの関係もあって年齢層も高めだし。

 おまけに、20時頃には部屋でゴロゴロしたくなる普通の旅行と違って、そもそも23時までフェス、その後にアフターパーティーもありますから、部屋なんて寝る時以外使わないわけです。

 さらに、帰ってくる時間も、朝食に行く時間も、チェックアウトの時間もバラバラ。会話をするというか部屋に一緒にいるタイミング自体がほとんどありません。

(バスツアープランに申し込んだ人は、2日目に兼六園散策があるので若干早く出ることになっていたはず)

 

 具体的に私が、フェス中に同室の方と交わした会話は

 「浴衣そこの押し入れに入ってますよ」 「ありがとうございます」

 「電気消していいですか?」「いいですよ」

 「チェックアウトって10時でしたっけ?」「11時ですね」

 この3回だけです。自分からは一切話しかけてません。

 まあアフターパーティー行かずに部屋に戻ったので、全員戻ってくる前に寝てたというのもありますが……。

 2日目朝も、別に無理に部屋でくつろがず、それこそお風呂に行けばいいし、ラウンジやロビーにも休憩スペースがありますから、そちらにいれば良い話。

 なので特に相部屋であることによるストレスは感じなかったです。

 

 一瞬でも他人と同じ密室にいたくない方はさすがに無理ですが、コンビニ店員と話せるくらいのコミュ力があれば十分だと思いますし、

 むしろ部屋で寛ぐ時間がほとんどないのに、1~2時間の快適さのために個室を選ぶメリットがそんなに見えなかったです。同価格で部屋が空いてたらさすがに個室にしたと思いますが……。

——————–

旅行プラン&スケジュール

 今回の旅行、自分の立てたスケジュール&プラン選択が割と完璧だった気がするので共有。

 

プラン選択

 旅館のうち、「湖畔の宿 森本」は団体前提だったりちょっと特殊なのでいったん無視して、あと前日に泊まるプランも、学生か有給取らない限りは金曜夜に金沢に行けるわけないので考えないことにして、

 「葉渡莉(会場)/瑠璃光(別館)」

 「相部屋/個室(シングルルーム、景観などプラン様々)」

 「夕朝食/朝食のみ/素泊まり」

 「バスツアープランの有無」

 という選択肢があります。

 私が選んだのは「葉渡莉、相部屋、朝食のみ、バスツアーなし」でした。

 まあ半分くらいはギリギリまで迷ってるうちに埋まってしまって、というパターンなのですが……。

 それぞれの理由は上に書いてきた通りですが、

 

 *葉渡莉→フェスの最中にさっと自室に戻って荷物を置いたり着替えや浴衣を取ったりできて最強

 *相部屋→どうせ寝る時しか部屋にいないからコスパ良い

 *朝食のみ→夕食はフェス会場で食べれるから要らない、朝食は旅行を満喫できて必須

 *バスツアー→高速バスの方が安いし、土曜も日曜も朝にバタバタしなくて良くなる

 ということで全部が自分のニーズに合っていたので全く後悔していません。

 

行動記録

7/20

24:00 バスタ新宿発

 夜行バスで『アルコ&ピースのオールナイトニッポン』過去回を聞きながら寝る。

7/21

8:30 金沢駅着

 カフェ・アルコ スタツィオーネでモーニング。550円。もう夜行バスの疲れと荷物の重さで駅前の一番目立つカフェに入りました。

20180721_085823

 

9:30 兼六園(バス)

20180721_094809

 兼六園を散策と言いつつ、そんなに見て面白いものもなかったのでほぼポケモンGO。ジムが多かった。暑すぎて若干後悔しました。

 この午前中が唯一のフリータイムなので、兼六園じゃなくても金沢または加賀温泉郷近辺で適当に観光すると良いかと思います。来年また行ったとして、私は少なくとも兼六園は行かないですね。

 

10:30 金沢駅

 暑さで疲れたので駅前のスタバで涼みつつブログ書いたりしてました。

 12時半頃に電車で加賀温泉郷駅まで移動。これなら最初から金沢駅発のシャトルバス(有料)を予約しておくべきでしたが、電車での移動もそれなりに快適で楽しかったです。

 

13:30 加賀温泉郷駅

 旅館までのシャトルバスが30分間隔で出てます。フェス自体は14時に開始ですが、直前に受付に時間がかかることもあるので、フルで楽しみたい方はもう少し早めに行くべきです。

 余談ですが、加賀温泉郷駅付近にも普通にマクドナルド入ってるショッピングモールとかあって、意外と田舎ではありませんでした。

 

14:00 フェス開始

timetable2

 ↑が実際に自分が回ったアーティスト。紙をいちいち出すのも面倒なので、OneNoteに貼り付けてSurfaceでメモしておいて、スマホからすぐに確認できるようにしました。

 tofubeatsさんなど泣く泣く諦めた方もたくさんいるのですが、土岐麻子さん→ブクガ→リリスク→Yunomi & toreinaさん、という行く前からのお目当ての方々は全部観れたので満足しています。

 

23:00 フェス終了

 前述の通りアフターパーティーに出る体力は残っていなかったので早めに部屋に。

 寝る前にお風呂に入ろうと思ってましたが、既にその日2回入ってるし、どうせ翌日朝風呂行くし、ということでさっさと部屋に戻りました。

 

2日目

 そんなに丁寧に書くところではないのでざっくり。

 7時起床、7時半朝食(バイキング)。

20180722_074716_HDR

 8時頃から大浴場でゆっくり長風呂しつつ、お土産選んだりロビーで時間を潰して、11時10分のシャトルバスで加賀温泉郷駅に移動、そこから金沢駅に着いて昼食。

 海鮮丼のお店が混んでいて、いろいろ歩き回ってるうちにバスに乗るまでの時間が全然なくなったので吉野家で妥協しました。悲しみ。

 帰りの高速バスは13:30発。3列で、しかも後ろの席がちょうど空席で、遠慮せずにシート倒し放題だったので、超快適でした。

 

総括

 今回の旅行、社会人になって初めての一人旅(というか学生の頃もそんなに行ってない)ということもあって、

 「なるべく安く済ませつつ、体力的に無茶をせずに疲れを取って帰ってきたい」という目標がありました。

 平日に疲れを残したくない、むしろ回復して帰ってきたかったので。

 

 もちろんもっと安く済ませようと思ったら素泊まりプランとかそもそも宿泊せずに往復夜行バスとかもありますけど、そうではなく、

 相部屋や夕食など削れるところは削りつつ、ちゃんと旅行の醍醐味を満喫しつつ、行きの夜行バスは疲れましたが2日目で温泉にも浸かって、日曜日のうちに帰ってこれるようにして……と、

 かなり良い旅行ができたと思ってます。

 かかった費用は¥37000ほど。なかなかの出費でしたがそれだけの価値はありました。

 

 一言でまとめると、「旅行はしたいけど観光はそんなにしたくない、動き回りたくない、癒されたい」みたいな人に向いてるのが加賀フェスなのではないかなと思います。

 来年の出演者次第ですが、また機会があれば来年も行ってみたいです!

 

 では、1年後の今頃、私と同じようにぼっち参戦していいのか迷って検索した方の参考になりますように。

同じタグの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事