Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

move

 金沢に来ていますー!

 今朝到着しました。

 夜行バスの中では「アルコ&ピースのオールナイトニッポン」の過去回を聴きながら眠りに落ちました。ちょうど金曜夜だったので疑似生放送体験ができて幸せ。

 でも夜行バス結構しんどいですね……全身に疲れが溜まる。安いバス選んだからでもあるのですが。帰りも夜行バスにしなくて良かったー。バスの中で寝るのが辛いだけで、昼間に座ってる分にはそこまでじゃない……と信じたい。車酔いが怖いですが。あと、帰りは3列シートなのも嬉しい。

 今は予告通り金沢駅でスタバにいます。

 といっても朝からずっとというわけではさすがになくて、その前に兼六園に行ってきましたが暑すぎて帰ってきたのです。

20180721_100306_HDR

 兼六園ではひたすらポケモンGOしてました。

——————–

 国内旅行すると自分は日本好きじゃないなーと毎回再確認させられます。

 どこに行っても似たような風景だからあんまり楽しくないんですよね。旅館に泊まってお風呂に入ったりするのは快適だし幸せを感じられて好きなのですが。観光とかって、「せっかく来た以上行かないと勿体ないから」以外の動機で行った記憶があまりないです。

 なんかこう、歴史にあんまり魅力を感じない。昔からある建物とかって、現代では魅力がないから廃れたものなんだから全部取り壊してスタバとかにした方がハッピーじゃないですか? みたいな。地方の大きいイオンモールとかの方がテンション上がります。欧米かぶれというかアメリカ至上主義と言われたら否定できませんが。理由なく持ち上げたいとかではなくて単にその方がカッコいい。

——————–

 この2週間、ブログ更新結構頑張ってると思うんですがどうでしょう?

 毎日更新か、空いても1日、というのは、割と理想的かなあと。もちろん毎日交信できればそれに越したことはないのですけど……。

 まあとはいえ来週からはもう少しペースを落としたいなと。思いつつ、来週また朝マックのアイスコーヒー無料キャンペーンがあるんですよね。

 メドレー作業ならともかく勉強系で朝とか昼の1時間でできることってあんまりないので、来週はブログ書こうかなーというところ。どっちにしても青春高校の記事がなかなか終わらなさそうというところもあり……。

 Ruby on Rails、勉強してみたい気持ちもある一方で、そんなに気軽に「なんとなくよさそう!」で取り入れるものなのかがちょっとよくわからない部分もあって……それよりもVue.jsでPWA作ることに特化した方が良い気もしています。どうなんだろう? 自分の能力として何を付けるべきか。極論全部やりたいけど時間も体力も才能も根気もないので、取捨選択して付き合っていかなければ。

——————–

 まあそんなことはどうでもよくて加賀温泉郷フェスです。

 今、会場に着いて、お目当てのアーティストがいろいろ出始める前の期間でパパっとブログだけ更新しようという感じです。

 https://www.kaga-fes.com/2018/

 もちろん最大の動機はリリスクなんですけど、それだけのために来たわけではもちろんなくて、旅館の楽しみももちろんありますけど、

 ブクガがいるってことと、D.C.GARAGEで大活躍の土岐麻子さんがいる、Yunomiさん・toreinaさんがいる、という、このあたりが大きいです。Yunomiさんが出るイベントなんてあんまり接点がないですからね! 楽しみ。

 逆にそれ以外のアーティストは時間帯的にもあんまり見られないかも……tofubeatsさんとか気になるのですが。泡風呂もせっかくだから行きたいし……。目いっぱい動いて、さっさと寝て体力を回復させます。バス往復の疲れ以上に癒されないと赤字ですからね。癒されたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

person Profile

    Stories

  • ボンバーマン記事がSurface記事よりアクセス数で上回ってるー珍しい。どうやらTwitterで少しだけ拡散されたことは知りましたが。追記しとこうかな。

    (2018.08.15 20:02)
  • 1つのコメントや引用ツイートで全否定されてる気分になったり全肯定されてる気分になったりするのだから、コメントすることってやっぱり大事だな……。自分ではどうしてもそういうことが苦手だけど、有名人にリプライしたりするの、ちゃんとやらなきゃいけない気がしてきた。もちろん相手を人間だと思っていない失礼なリプライ送る人は全員ブロックされて然るべきだと思うけれど。

    (2018.08.15 14:57)

About

    Favorite Item List

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。