ひとりごと access_time

季節感

 久々にスタバに来ました。久々?

 良く考えたらこの前チョコホリック飲んだから1週間ぶりでした。

 私の感覚では滞在時間1時間以内の利用は持ち帰り扱いなので記憶から抹消されてる。

20180220_183059

 期間限定のさくらラテ!美味しい!!

 もう最近ガストとかサイゼとかドリンクバーの安いコーヒーと紅茶ばっかり大量に飲み続けてるので、こういう質のいい飲み物を体に入れるだけで幸福感があります。スタバが良いのかは別にして。私にしては500円は高い方。


 今は家から自転車で30分くらい行ったところにあるスタバに、しかもその周辺で買い物とかしてから入ったので、割ともう全身が疲れているんですけど、何が問題かってこれから家まで帰らないといけないというところ。寒い。スタバから出たくないー……。

——————–

 毎週月曜日は更新お休みの日! と決めてるつもりは別にないんですけど、なぜか今月は月曜だけずっと休んでます。

 むしろ月曜以外で更新してないのが1日しかないことの方がおかしいのですが。

 だいたい感覚的に土日で1週間終わって、月曜はちょっとモチベが上がらない感じはあります。今日更新しなくてもあと6日もある……みたいな。話題もないですしねー。

 あと月曜の方が友達と会ったりバイトしたりの予定が入りやすい感じも。


昨日の記事、完全に話題分割すべきだった…PWAの話は今日に持ち越しても全然足りる… (2018.02.19 00:37)

 とはいえ日曜の記事に関しては完全にこれでした。

 PWAとストーリーズの話は「今年の目標」というタイトルからもズレてるしどう考えても要らなかった。

 だからといって一度上げた記事の一部をわざわざ消して次の日に上げ直すのも変な話だと思ったのでそのままにしましたが……。

 最近の普段の記事がだいたい2500~4000字くらいなのに、昨日の記事は6500字もあって、どう考えても毎日更新する人の書く分量ではない。

——————–

 こういうこと書くと逆張りひねくれアピールかーって思われそうで恥ずかしいんですが、まあそんなこと言い出したら何も書けないので書いてしまうと、

 オリンピック一切観てないし何の興味もないのでこのシーズンはとても辛いです。

 2年前も同じこと書いてたら申し訳ないんですけど、

 オリンピックの日本代表とは言っても、羽生選手も高梨選手も、会ったことのない、知らない人じゃないですか。

 知らない人っていう意味では、日本代表も韓国代表もアメリカ代表も私にとっては同じ距離感の人たちであるわけで、その中で日本代表が勝ったからって嬉しいですか?

 それで嬉しいなら「誰かが勝ったから嬉しい」ってことだからアメリカ代表が勝っても嬉しいはずですよね?

 知らない人と知らない人の対決の結果、どっちが勝ったとしても、湧く感情は全く同じだし、というかどちらが勝っても皆無。何の感情も動かない。

 まあそれは別にオリンピックに限らず野球とかプロスポーツも甲子園とか駅伝も全部そうなんですけど……。あれを好き好んで観てる人は何が楽しいんだろうと思います。

 あーでも甲子園とかはそれぞれの選手のバックグラウンドとか知って感情移入できるのはわかるかもしれません。でもオリンピックって元々その競技追ってた人以外の大多数は、正直オリンピック始まるまで知らなかった選手がメダル取っても喜ぶじゃないですか。それはおかしいと思いません?


 あ、選手の皆さんが凄いっていうのはもちろんそうです。羽生選手かっこいいなあとかは人並みに思います、が、それで湧くのは嬉しさではないですよね。

 むしろ適切なのは悔しさとか羨望とか悲しい気持ち、もっと言えばあの人たちに比べてなんて自分は醜くて価値のない人間なんだろうという自己嫌悪だけ。もうそろそろオリンピックに出てる選手の半分くらい年下ですよね?ほんと嫌になります。だからますますオリンピック見ても何の楽しさもない……。

——————–

 最近買ったもの。

 あ、リリスクライブ盤ずっと聴いてます! 名曲揃い。『DANCE WITH YOU』『NOW!』『GIRLS QUEST』がお気に入り。ライブならではの声の不安定さはもちろん魅力でもあるのですが、きちんと収録されたバージョンも楽しみです。


 何だかんだで書き忘れてたのですが『君の名は。』の4K Ultra Blu-ray版を購入しました。

20180210_125333 20180210_125339

 特典の台本+5枚組でとても分厚い。

 前に「HMV ONLINE」のクリアランスセールで50%オフになっていて買うか迷う、と書いていたのですが、それから1週間くらい忘れていて、もうそろそろ売り切れたかな~と思って覗いてみたらさらに値下げされてました

 70%オフ、14000円のものが4200円。こうなるともう単なるDVDとかBlu-ray単品より安いわけで、その中に特典映像とか入りまくって5枚組であることを考えればまあさすがに買いだろうと。昨年末のAmazonのサイバーマンデーで10000円も切らなかったこと考えると、ほぼ最安値だろうと思われましたし。

 というわけで買って久々に観直してやっぱり凄い作品だなあと改めて感じたのですが、

 Ultra Blu-rayとしてどうだったかと訊かれると、自宅のテレビは普通にHDなので、いくらXbox One Sが4K Ultra Blu-rayに対応しているとはいえ特に変化はありませんでした。5年後くらいにテレビを買い換えたらまた観直したいですね。


 あとUSB Type-C ケーブル。

 isai V30+にはケーブルがついてこなかったので、前にモバイルバッテリーについてきたケーブルを使っていたのですが、それが先週急に接触が悪くなってほとんど充電できなくなってしまい。

 仕方なくSwitchの充電グリップについてきたケーブルを使ってみたのですが、ちょっと長すぎて持ち運びには邪魔だったので、買い直しました。

 安いものもたくさんありましたが、ケーブルダメになったばっかりでちょっと信用できなかったのでAnkerのものを購入。赤くて太い。強そう。


 ちなみにこれとか、昨年末に買ったほぼ日手帳とか、細々したものはこのブログのアフィで送られてくるギフト券で結構買っています。とても助かってます。

 だいたい月2000~3000円くらい入ってきてるんですけど、これを超える値段のものはちょっと熟慮しないと買わないので、そこまで行かないものを買う時に後押しになります。……そのせいで無駄遣いが増えているとも言えるのですが。

——————–

 あ、あとは、ポケモンGOに課金したりデュエマのカードをちまちま買ったりしています。

 TCGでデッキ組むのは楽しいんですけど、いい加減周りに対戦する相手もいないから大会とか出てみたい気もする一方、そんなにガチで組んでるわけではないから特にやりたいこと何もできずに初戦で敗退して何しに来たの?みたいになりそうで腰が引ける……まあいつか。

 TCGにしろアイドルファンにしろそれ以外の趣味にしろ、結局突き詰めると他人とコミュニケーションを取らないと最大限に楽しめない世界であるという辛さ。Splatoonも、昔からの友人とか弟が一緒に遊んでいるから何とか助かってるけど、周りにやっている人がいなかったらとっくに飽きてるだろうしなあ……。


 コミュニケーションというか対人関係において凄く自分の嫌な部分が、「自分が失敗した時に可愛げを出せない」とか「自分がスベった時に深く傷ついてしまう」みたいなところで、

 失敗して責められるみたいなことも対人関係の中では不可欠なプロセスの1つだと思うし、そういうリスクを負うからこそ成功した時に嬉しかったりするんだと思うんですが、どうしてもそのあたりで臆病になってしまう……

 結局100回に1回あるかないかの炎上が嫌でTwitterを止めたのもそういう流れにあるし、これだけ聞いてて未だにラジオにネタメールを投稿できないのも読まれなかった時のダメージを考えてだったりするし。

 ただそういうリスクを負わずに遊べる趣味って本当に限られているので、だんだんと慣れていかなきゃいけないんだろうなあと。


 一方で、なんていうんでしょうね、そういう「スベる」とか「ウケる」みたいなものって本当に人間に備わった本能なのか、集団に必ず生まれる価値観なのかというのも気になっていて、

 それはテレビバラエティに汚染されすぎているんじゃないかと。この前の女子高生のガールズトークの記事でも考えたことですけど、スベる/ウケるっていう価値判断をするのは、その集団に上下関係がある場合の立場が上の人じゃないですか。それがいわゆる陽キャとかスクールカーストとかってことになると思うんですけど、

 だから例えば「凄く仲の良い女子の友達2人」で、完全に上下がない関係なら、つまらないことをどちらかが言ってもそのまま流して終わりになる。

 そういう空気の流れている空間を作り出すことってできないのかなあとも考えます。他人のつまらない発言につまらないと表明することもまた快楽なので、それを止める何らかのシステムが必要なのか。「他人の言うことを悪く言わない!」みたいなルールが1個書いてあるだけじゃダメなんだろうけれど。

季節感 への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事