Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

目標設定

 今日は久々にlyrical schoolのミニライブに行ってきました!

 昨年末はワンマン以降のクリスマスイベとか通いまくったのですが、年明けからは卒論に集中するため封印していました。

 それが終わってからもなかなかタイミングが合わず……。ネットサイン会とかhinakoさんのインスタライブ(最高)とかは観ていたので、感覚的にはそこまでリリスクから離れていたわけでもないのですけど。


 とはいえ、ライブ2ヶ月ぶりということで新鮮さがあったのに加えて、きちんとしたライブスペースで、フリーとは思えないほどに曲数も多かったので、最高に楽しめました。

 前も書きましたが何だかんだ言っても『NOW!』のコール入れるのは楽しいし、『GIRLS QUEST』も盛り上がれる。『DANCE WITH YOU』も好き。『PIZZA』のハチャメチャ感は言うまでもなく。

 でも何よりもパフォーマンスが最高なので結局どの曲も可愛い! himeさんが寝たフリしてhinakoさんに寄りかかったり、hinakoさんが後ろの照明で影絵ごっこしてたりライト使ってひょっこりはんしたり、risanoさんのGIRLS QUESTでの煽りの上手さとか、夏休みのBABYでhimeさんの入れたアドリブとか、全部好きです。


 そして2Sチェキ。アルバムは特典券が2枚付いてくるということで、握手2回並ぶよりはメンバー1人選んでの2Sチェキに挑戦すべきだろうと……結構ギリギリまでhinakoさんとhimeさんで悩んだんですが、人生初の2Sだし、ここは最初に推してた方にお願いしようと……なんか無駄に重く考えすぎな感が気持ち悪い。

 あと、ポーズをこちらから指定する流れになった際に、直前のライブでやってたGIRLS QUESTのポーズって言えば提案しやすいなと思いついたので。結果的にそれは大成功でしたが、hinakoさんだったら別に勝手にポーズ決めてきたんじゃないかという気もしますw

 チェキをネットに晒すのも凄い恥ずかしいですが、別に誰かが気にすることもないと言い聞かせて。

 himeさんの方から「前にスプラトゥーンのTシャツ着てた人だよね?」と言われたのがとても嬉しかったです。

 別にこの規模のアイドルだと珍しくもないことなんですけど、さっきまでステージ上で歌って踊っているアイドルとそれを見ている人という関係だったのに、向こうから個人として認知されている状況は、リリスク追い始めてそろそろ2年経つのに未だに慣れないところがあります。


 あとチェキ終わった後で、himeさんの方が気を遣って?なのか「アルバムたくさん聴いてくれてる?」って話題振ってくれたんですけど、

 まだアルバム手に入れてなかったので「あ、これから……」という残念すぎる返答に……。

 ただそのおかげで言い訳っぽく「卒論がやっと終わって、今年初めてのリリスクで……」みたいなことまで伝えられたので、怪我の功名みたいな……?


 いや、普通は複数買いが当たり前ですし、今回は発売日(2/14)を過ぎてから行われたリリイベの特典会なのですから、並んでいる人間は普通2枚目であるべき。

 なんですけど、学生の間はそこまで自由に使えるお金が多くないこともあって、「どのタイミングでCD買おうかな」というちょうどいい機会(発売日に取りに行きやすい会場とか特典会の内容とか)を伺っていると、結果的に発売日逃しちゃうケースがたまにあるんですよね……。

 1月のどこかでネットサイン会で注文すればよかったなあと後から思いました。

 ネットサイン会で自分の名前が呼ばれて誰かピンときてない時のことを考えると怖すぎてなかなか決心がつかなかったのですが、何とか今年中には一度やってみたいです。

 あとこれも今年の目標。なるべく楽しく話がしたい!お互いに!

 というのも去年のクリスマスイベントでhimeさんにケーキ渡してもらったのに何一つ楽しい話ができなかったのが本当にトラウマで反省してまして、今年はもっと楽しい話ができる人間になりたいなと強く思っています。今回はそれよりはマシだった……と思いたい。


 最近気づいたのですが、自分がコミュニケーションをする際に大きなネックになっているのが、

 「自分なんかが喋るなんておこがましい」「私がしゃべるたびに他人は私のことを疎ましく思っている」というような思い込みを過剰に抱いてしまうことだなあと思っていて、

 でも「何もしない」とか「訊かれるまで答えない」「話を振られるのを待ってる」みたいな態度って、評価としてゼロじゃなくてマイナスなんですよね。

 及第点を取れるような安定行動ですらなくて、明らかにマイナスになることを積極的にやっている状態と変わらない。

 例えば挨拶とかもそうじゃないですか、挨拶して一瞬でも注目を浴びるのが本当に嫌なのですけど、挨拶しないって評価としてゼロじゃなくて失礼なわけで、それは「『挨拶しない』をしている」状態だし、

 というかそのせいでバイト中に何度か怒られてます。

 で、だからリリスクの握手会でも、「我を出さずに当たり障りのないことを聞く」とか「向こうから何か聞かれることに答える」みたいなのって、

 全然、当たり障りがないどころかむしろ悪印象だろうなと思うし、そういうことを今年は改善していきたい。

 それはもう自分自身の心の成長のために必要なトレーニングだなと。

 そんなものにアイドルを付き合わせるなという話ではありますが……

 あ、もちろんそれは副産物であって、当然メインの目的は最高に楽しいからです。今日のチェキも凄い楽しかったですし。


 別にガールズバー通いで女の子苦手を克服して南沢奈央と付き合い始めたオードリー若林さんに感化されたとかでは決してないです。

 っていうこの例えもガールズバーとリリスクを混同しているわけではなくて、というか正直ガールズバーがどういう店なのかすらよくわかってないですw

——————–

 先週の月曜日に、「今週はあまり更新できない予感」とStoriesで書いたのですが、

 結局先週もしっかりバイトが少なかったのでバリバリ更新できました。

 去年までは、バイトに全く呼ばれないのもそれはそれでお金が……と思ってたのですが、

 もうあと2ヶ月ともなると今更時給なんか要らないからできるだけ引きこもりを謳歌させてほしいという感覚が強いです。


 そういうわけでとりあえずストーリーズの回収を。

 「近いうちにブログで触れたいことのメモ欄」みたいに使うのが良いのかな、と思いつつ、やりすぎると本当にただのツイッターの垂れ流しみたいになってしまうので頻度が難しい。そこまで気にせずメモ欄として使う方が結果的に使い勝手がよさそうですけどね。

やりたいことがたくさんあるのに何もやらないまま4月になりそうな予感、とても4年前のデジャヴ。 (2018.02.12 03:02)

 これは本当に。

 4年前の春、大学受験終わってから何してたんだろうというくらい何もしてなかった気がする。一応HITOLIS作ったりしてましたが、まあ誤差。

 今回は頑張ります。頑張ってます。今のところアイデアレベルなので頑張ってるという段階にもないのですけど……。


目次のページ内リンクがスマホだとメニューバーの分ずれる。実際動かしてみないと気づかない問題がたくさん。(2018.02.14 20:47)

 これは木曜あたりに直しました。

 他にもブックマークアイコンの色を変えたり、ちまちまと弄っていますが、大体はこれで完成かなあというところ。むしろ何かあったら読んでいる方から送ってもらえたら一番ありがたいのですが、まあ当然そんな人はいないですし、一番の読者である私自身がデバッガーになるしかないわけです。

——————–

AppleもiOS/macOSをProgressive Web Apps(PWA)対応へ。次のSafari 11.1でService Workerなど実装 - Publickey http://www.publickey1.jp/blog/18/apple_ios_macos_progressive_web_apps.html

最高のニュース。テンション上がる(2018.02.14 14:17)

 SafariがPWA対応予定ということ自体は前からニュースになっていたのですが、正直「自社プラットフォーム大好きなAppleがApp Store利権を脅かすPWAサポートするなんて嘘でしょ?」と半信半疑だったので、思ったよりもかなりの速さで動いてくれたなあと。


 さらに、Windows 10も対応するようです。こちらはStoreからもインストール可能になるなどより積極的。まあ、Microsoftは「とにかくアプリのマルチプラットフォームにiOS・AndroidだけでなくWindows 10も入れてください何でもしますから」という姿勢で一貫してるので、こちらは予想の範囲内ではあるんですけど。

マイクロソフト、Progressive Web Apps(PWA)をWindows 10のデスクトップで実行可能に。Windows 10はWindows、Linux、PWA対応のプラットフォームへ - Publickey http://www.publickey1.jp/blog/18/progressive_web_appspwawindows_10windows_10windowslinuxpwa.html


 このニュースの最高さについて一体どれほどの人にわかってもらえたのかわかりませんが、最高です

 どういう意味があるのかというと、

 例えば私が何かしらのウェブサービスを作ろうと思った時に、まあある程度はブラウザで作るけど、やっぱりアプリも欲しい。

 でも、今までだったらそこにJavaでAndroidアプリを作る、SwiftでiOSアプリを作る、C#でWindowsアプリを作る、という手順を踏んで、さらにアプリ配信のためにストアに登録してお金を払って……とやらなくてはならなかった。

 もちろん共通化させるためのフレームワークはいろいろあって、Webに近いReact NativeとかCordovaとかもあったけど、個人的には結局何か新しいことをたくさん覚えなくてはいけないというハードルの高さがどうしてもありました。

 

 ところが、iOSとWindowsにこのニュースが流れたということは、

 ブラウザ用に作ったそのサイトをPWAに対応させれば、それだけでiOS・Android・Windows・Macで動くアプリを作ったことになるのです。

 元々画面サイズなどはレスポンシブデザインの時点で最適化されていますし、ブラウザ上でもアプリっぽいルック&フィールを実現できることは、このブログを今見ている方ならある程度想像できるはず。

 「シームレスな画面遷移」とかって、別にアプリでしかできないことではないんですよ。どちらかというとゲーム的な性能を使う内部処理とかが厳しいのであって(ガルパのメイン画面やマップはブラウザで作れるだろうけど、音ゲー部分は厳しい、みたいなもの)。

 ・JavaとかSwiftとかのプログラミング言語を新たに覚えなくていい
 ・iOSアプリのデバッグ用にMacbook必須とかいうクソみたいな縛りを無視していい
 ・ストアの審査待ちやリジェクトなどの規約を気にしなくていい
 ・ストア経由で手数料を取られたりしない
 ・AppleやGoogleに法外な税金を納めずに配信できる(Appleのストア登録料が確か年間13000円くらい。Googleも多少安いけどある程度はかかったはず)

 これだけの利点があるわけです。


 特に重要なのは最後のところで、

 「ちょっと思いついたから気軽にアプリ作って配信してみたいな」っていう時に、13000円ってポッと出せます?それ以上の利益を100%稼げる自信があるなら別にいいですけど。私にはちょっときついです。

 これを緩和できるメリットは結構大きいんじゃないかと。少なくとも私は全然PWAで行けそうだなと思ってます。


 App Storeからダウンロードできるメリットもありそうですが、実のところStoreトップのおすすめに表示でもされない限り、ストアに登録されていることは別に宣伝になってないと思うんですよね。

 電卓とかの実用アプリなら(決め打ちするわけではなく「電卓」でストア検索してヒットするケースが多いだろうから)ともかく、ゲームに関しては、結局TwitterやYouTubeの広告とかで認知してもらうわけで。

 それこそ今度配信されるアイマスのブラウザゲーとか(PWA対応するのかどうかは知りませんが)、

 ああいうブラウザベースのサービスがどんどんPWA対応していけば、PWAのインストール方法はある程度認知されていくと思うし、そうなってくるとわざわざストアに遷移しなくていいPWAの方がむしろ楽じゃん! ってなる可能性もあるんじゃないかと思ったり……。

——————–

 志保のメインコミュの記事とかラジオラジオラジオの記事とか書きながら思ったんですけど、

 私はこのブログを10年続けてきて、

 「ぼんやりと考えていることを形にする」とか、「自分の中で考えをまとめる」みたいな思考能力は非常に鍛えられたと思うんですけど、

 「そのまとまった考えを適切な文章で表現する」みたいな言語能力に関しては全然育っていなくて、こういうのってただ文章書いてるだけじゃ上手くならないなあと当たり前のことを考えました。

 それこそ『青春ゾンビ』のヒコさんなんて非常に美しくて面白い文章を書いていますが、これは「思考能力」と「文章能力」の両方が高くなければ書けない文章だなあと。

 人に伝えることとか人を説得することに重点を置かずにやってきたブログなので、当たり前ではあるのですが……。


 そういう感情に重点を置くような文章が、必ずしも論理的な文章より劣っているとは言えないと思いますし、

 それを10年間鍛えてきたことがうまく活用できるような分野で戦っていきたいということも考えてはいるのですが、

 一方で、論理的な文章を書くということについても、できる限り上手くなっていきたいなと思います。

 結局自分の感情について他人に納得させられるような客観性がないと他人に対して何かを働きかけることはできないのだと思うし、

 それで他人を動かすことの危険性みたいなものを私一人がどうこう言っても仕方ないので。やっていきたいなと。

 年始の『勝手にふるえてろ』記事がそうだったり、もっと言えば去年のレビュー記事のあたりからずっとそうなんですけど、こういう記事を書いていくことも訓練なので、温かく見守ってもらえたら嬉しいです。


 ……なんで2月後半になって今年の目標を立てているのかわかりませんが、そんな感じで今年頑張ります。

タグ:

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。