最近の話題 access_time

ハイカライブ、Nintendo Laboなど

 元々、ハイカライブなどの話をするこの記事は一昨日投稿しようと思って書き始めたのですが、

 その中で志保のメインコミュの話を始めたら長くなったので独立させ、

 昨日この記事の続きを書いていたら、テレビとラジオの話だけで1個分の長さになってしまったので分割し、

 結果2日前に書いた話がどんどん先送りされていく不思議な現象が起きました。

——————–

Nintendo Labo

 楽しそうー。ワクワクする。

 さすがに自分では買わないけど、思ったよりヒットしそう。

 このあたりの自由度の高いチュートリアルは『バンブラ』『マリオメーカー』などこの手のクリエイト系ゲームを作ってきた任天堂ならではというか。

 発展形の「入力-出力」というプログラミングの単純化は『メイドイン俺』を思い出すけど、どこまで自由なことができるのかは実際出てみないとわからない気も。

 YouTuberとかがどのくらい喰いつくのかも影響しそうだし、それによってはMinecraftみたいになる?


ハイカライブ2018

 YouTubeで確認。良いライブ。ラストの合唱とか絶対楽しいやつ。スプラ単体でこういうライブやってほしいー。

 観ながら思ったけど『シオカラ節』のテンタクルズアレンジ欲しかったなあ。シリーズ重ねるたびにアレンジされる感じで……。まあ『Now or Never』がその枠だということかもしれませんが。

 そういえばライブ音源CDは今回も出るんでしょうか? どうせならライブアレンジをきちんとマスタリングして発売してほしいところなんですが、そこまで行くと任天堂のやることでもなくなっちゃうのかなあ……。サウンドトラック、ループ仕様になっていてフェードアウトで切るしかなくなるのがとても惜しい。ゲームBGMだから仕方ないけれど。


 テンタクルズに関してはどういう人気傾向なのか把握しかねているところがあって、どうやら世間的にはイイダが圧倒的に人気らしいんですけど、私の中ではMC HIMEという名前だけでヒメ推し確定してたし、それ抜きにしても毒舌低身長というキャラが魅力的過ぎるし、ハヤテのごとくからアニメにハマったオタクとしても普通にヒメ一択だろ……と思ってしまうので、イイダが人気の理由がよくわからなかったり。

 テンタクルズの後にシオカラーズ見ると改めてこちらの方は圧倒的にポップというか一般受けしやすいデザインだったなあと……。だからこそ2で攻められた部分もあるでしょうし。

 ハイカラニュースでシオカラーズを完全に切る選択ってなかなか潔いなあと思いましたが、イメージ一新という意味では大成功だったのかも?

 全然関係ないですけど、2では「さらわれたアオリをホタルが探しに行く」展開だったので、3では「今度は2人ともさらわれたのでテンタクルズが探しに行く」展開だとスーパードンキーリスペクトな感じがして最高ですね。期待。


 Amiiboも発売。

 正直スプラに関しては一時期より確実に熱量下がっているんですけど、まあディスプレイ用として買っちゃうかなあ……と。

 ちなみにスプラ自体は本当にここ1週間くらい一切やってないです。

 友人が卒論終わったらまた協力プレイはするかもしれませんけど、一人でやるのは次のバランス調整を見てからでいいかなあ。……仮にそれが来たとしても別に楽しい感覚は戻らない気がしますが。


最近のゲーム

ミリシタ、ガルパ

 さらっと琴葉復帰。ライブとかの目玉にするのかと思ってましたが、別にキャラとしては休養してたわけじゃないので正しい。盛り上げるためのネタに使わなかったのは英断だなあと思います。

 iPadに戻してからは普通に触っていますが、この前のPSTイベント、しっかり30回プレイしたのに50000位漏れたの解せない……。1倍でしか回してなかったのに余らなかったから単純にプレイサボってたんでしょう。


 ガルパはこの前のイベでパワフルのカケラが集まって、全体的にモチベがなくなってきたというかやることが……。さすがにコインも貯まったし。

 ミリシタにもガルパにもあらゆるゲームについて言えますが、新規の敷居下げるためにエンドコンテンツを厚くできない問題はオンラインゲームにおける永遠の課題ですね。

 それを補うためのイベントなのでしょうが、音ゲーはどこまで行っても音ゲーなのでやること変わらないし、キャラは好きですがストーリーは正直読み飛ばしていたり……。さっさとスター欲しいので。でも、データ容量気にしなくてよくなったから今後はちゃんと読もうかなあ。

 あとはとにもかくにも次のカバー曲。難易度28でWEDH来たら一生やるのにな~。

 ようやくY.O.L.O.をフルコンしまして、難易度26制覇の状態に戻しました。難易度27で残っているOnenessもファントムシーフも苦手すぎて、先にシュガビタの方が埋められそうな気がします。


ポケモンGO

 最近まんまと課金しまくってます。レイドパス+ふかそうちに釣られてスペシャルボックス買ってしまった。

 しかし孵化装置は同時装填できる都合上、何個買ってもなくなるスピードが変わらないので何だか虚しい。

 ポケGOの孵化装置とかおこうとか、実質的にガチャと同じだという指摘はもっともだと思うんですが、大きな違いがあるとしたら「その場で結果が出ない」、つまり「感情的に際限なく課金することができない」ということが一番の良心だと思うんですよ。

 孵化装置も、その場でタマゴを割れたら次々抽選したくなるかもしれませんが、MAXでも8個買った時点で一旦打ち止めになるので、次に課金するとしてもクールダウンする余地があるのが良心的だなあと……。

 例えば、レイドバトルでカイオーガに逃げられ続けててうんざりしてるんですが、あそこで「50ポケコインでプレミアボールを買い足しますか?」という実質コンティニューを迫ったら課金する人は結構いるんじゃないかと。


畑健二郎・浅野真澄 結婚

 驚きのニュース。おめでとうございます。

 自分が最初にアニメとかにハマったキッカケが『ハヤテのごとく!』で、こういうブログを始めるキッカケになったのも『まんが家 BACKSTAGE』で、そういう意味では間違いなく自分の人生を変えた中の一人であるし、

 そのハヤテが終わって、次の連載が始まって、畑先生も結婚して……というのは、なんかこう、10年という時間の重みを感じさせます。


 あと、現在22歳の身からすると、畑先生もそうだし、あとはオードリー若林さんとかもそうですけど、

 感覚としてもうめちゃくちゃ年上というか、”どちらかというと自分よりも親に近い世代”という感覚があって、

 40歳というのはもう「人生の折り返しを過ぎた年齢」というイメージになるので、

 「その歳でも独身ということはもう結婚なんかしないんだろう」とつい思い込んでしまうのですが、実際全然できるんだなあと思いました。もちろん、一般人とはちょっと違う状況にあるかもしれませんが、それを差し引いても。

 なんというか、大人になってからも恋愛ってあるんだなあ……みたいな無駄に子どもじみた感想を持ってしまいますね。もちろん、そのための積極的なアクションは前提となるのでしょうけど。

ハイカライブ、Nintendo Laboなど への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*最近の話題* カテゴリーの最新記事