Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

最近聴いた音楽の話題(Splatune、リリスク、ライターイチキューゼロイーとか)

Splatune 2

 発売されました。

 もちろん買わない選択肢はなかったしいい曲揃いではあるんですが、何となく1より好みにバシッとハマらない感じなのは、たぶん藤井志帆さんが外れちゃったっぽいことが関係してるのかなあと。前作のシオカラーズ関連曲はもちろん、追加曲だった『Quick Start』『Friend List』も好きだったので。

 シオカラーズ新曲の『あさってcolor』以外は関わってなさそう。Wikipediaで見たらマリオオデッセイに参加してるっぽいのでそっちに取られたのかな。

 収録曲の中だとテンタクルズの『フルスロットル・テンタクル』が一番好きです。あ、ヒーローモードの終盤のアレンジ曲たちは別枠として。

 アプデで追加された曲はそもそもあんまり聴き込んでないのですが……『不意打ちのセオリー』は好きかも。


 そもそもスプラトゥーンの曲って現在の定番のJ-POPから一捻りしたメロディーっていうのが全てのベースになってて、普通のバンドの発想では出てこない曲たちで、

 もちろんそれはスプラというゲームの世界観には最適だと思うけど、私個人の好みとして曲単体の話をするなら、ストレートなメロディーの曲の方が好きなので、スプラの曲単体ではそこまで大好きな曲はなかったりもします。


ライターイチキューゼロイー『宙ぶらりん』

 テンタクルズ・ヒメの中の人であることが発表されたいとうりなさんのバンド。

 前回のシオカラーズ以上に一体スタッフはどこからこの人材を見つけ出したのかと思う人選。だってMVの再生数4桁のバンドって尋常じゃない数あるでしょ……。

 Bメロのコード進行とパキッとしたテンポ、サビのいわゆる四つ打ち裏拍ハイハット、王道ですごい好みだけど、

 大好き!っていう刺さり方じゃなくて、うーん……なんというか、好きだけどこのバンドが売れてないっていうのもなんかわかってしまうなあと……。

 いや、たぶんこの曲の好きの度合いって、私個人で言えば、例えばヒトリエの最近の曲の平均より好きなんですよ。

 ただ、そのヒトリエの最近の曲を好きだという人の好きの熱量を超えるくらいこの曲を好きだっていう人はあんまり多くないんじゃないかっていう。

 その意味で王道ってだけじゃダメというか、このクラスのバンドが万人受けしてもなあという……。


 いやまあそういうの抜きに上がっていってほしいなって思いますし、

 なんかこの『宙ぶらりん』みたいな曲の路線で行くなら、次か次の次くらいに個人的にガン刺さりする曲が出てきそうな匂いを感じるんですよねー。

 それこそ今年で言えば、赤い公園の『闇夜に提灯』とか、SILENT SIRENの『フジヤマディスコ』とか、それ以前の曲もそこそこ好きだったけど、やっとホームランだ!!大好き!!っていう感じだったので、そういうホームランに繋がりそうなヒットの気配を感じます。

 あ、ここでいうホームランとかヒットとかってあくまで私個人の好みの話なので、そういう曲が出たからってメジャーになれるとかは思いませんが。むしろ私の好きじゃない方向に行ったバンドほど人気が出てしまう悲しみ……。


 ……ということで応援していきたいんですが、心配なのはいとうりなさんがスプラをバンドの宣伝に利用しようとして炎上するんじゃないかなっていう……。


 自分のバンドのライブに人を呼びたい、もっとYouTubeの再生数伸びてほしい、という時に、「テンタクルズの中の人」っていう圧倒的なネームバリューを目の前にぶら下げられて、それを利用したくならない人間がどこにいるのでしょうか。

 いや、個人的には全然そういう主張していいと思うんですが、今のギスギスした日本のネット村の中で、それをストレートに表出しすぎて、厄介なファンに変なところで目を付けられなければいいなあという……。

 ざっと200万人くらいファンがいる最強コンテンツなだけに、スプラを売名に使ってる!っていう風に少しでも見られたら本当に再起不能になりそうだなと、それだけが怖い。

 それこそラブライブのμ’s解散後に元μ’sの人がユニット組んで逆にそっぽ向かれたとか、そういうファン心理を読み切れなかった事例はたくさんあるので、そうならなければいいなと思う限り。


 任天堂/Splatoon開発チーム的に、中の人をどういう扱いにしたいのかはやや不明な部分もあって、だって別にシオカラーズもテンタクルズも中の人を公開しない選択肢はあったはずなんですよ。

 キャラの声を誰がやってるかわからないゲームなんてたくさんあるし、スタッフロールにしれっと載せておくだけなら、たぶん大して話題にもならなかったと思うし。それを「レコーディング映像公開」として大々的に発表したのは公式なわけで。

 ここまで来たら正直シオカラーズとテンタクルズに関しては、アイマスとかみたいに中の人でリアルライブやってもいいと思うんだけどなあ……。単純に観たい。


Just Because! ED『Behind』

 iTunesで配信開始。買いました。

 ヒロイン声優3人の声のバランスが素晴らしく綺麗。オススメです。

 Just Because!、結局Abemaでは観ずにプライムビデオで我慢していて、ようやく7話を観ました。いい展開になってきた!!最高なので皆さん観てください。

 ヒロインが大切な日にトラブルに巻き込まれる感じはさくら荘を思い出す。ベタだけどそれが良い……。


lyrical school インタビュー

インタビュー:証人になって欲しい――ワンマン・ライヴ〈TAKE ME OUT〉開催を控えるlyrical schoolの“いま” – CDJournal CDJ PUSH

 素晴らしいインタビュー。

 新メンバー、特にhinakoさんのアイドル力の高さとかrisanoさんの自由さ、himeさん筆頭に全員の意識の高さ、とかがこれを読むだけでもわかると思います、これを読んで曲を聴いてライブに行ってほしいです。

 新メンバー含む5人のそれぞれのキャラクターの強さと、それぞれのバランスの良さというのが、ライブでしか感じられないのでなかなか外に広がっていきづらい問題があって、

 それが最近になってようやくインタビューだったりネット番組出演だったりで少しずつ評価されていきそうな雰囲気はあります。

 フリースタイルブームが収束しつつあり、音源としてのラップ/ヒップホップが相対的に上がってきている感じも、リリスクに追い風なのではないでしょうか。


 なんだけど、どうももやもやするのは、「この方向なら別グループとして始動した方が良かったんじゃないか……」という部分。

――ただ“新しいグループを作る”ような気持ちだったとしたら、それこそtengal6からlyrical schoolに変化したように、グループ名を変えるぐらいの、パッケージからして変わったことが分かるような変化も考えられたと思うんですが。

キム 「新体制と言っても、いまの活動は、過去の活動を礎にしているのは間違いないんですよ。過去に強い影響を受けているから、その恩恵ももちろんあるのと同時に、それが枷となったり、制限になる部分もたくさんある。でも、それがあるから、過去のイメージ、旧体制のイメージから離れていったり、イメージを突き放していく努力や苦悩の中からこそ、“その先のアイディア”が、スタッフや運営だけじゃなくて、メンバーからも出てくるんですよね」


hime 「でも前の曲を聴きたい人もいるし……」

minan 「そのジレンマはあるんですよね」

hime 「過去の曲も大好きだし、やりたくないって気持ちは無いけど、でも聴くと旧体制と重ねるだろうし、どうしてもカヴァーとかコピーって見られるのはしょうがないかなって」

 言ってることはわかるし、ほとんど旧体制曲だけだった初ワンマンの時は良くも悪くも明らかに(旧体制を引き継いだ)リリスクだったんで、あの時点でグループ名変更っていうのもおかしな話だったと思うんですが、

 なんかこう……今のリリスクを、昔のリリスクの未来として語るのは、逆に物事を複雑にしている、余計な対立を煽っている感じもするというか。だったら「今のリリスクは昔のリリスクとは違うものだよ」っていうのをはっきりさせた方が変に引きずらずに済む人もいるんじゃないかなあっていう……・


 個人的に旧体制曲をゼロにすることを目標みたいに言われるとどうもモヤモヤするのは、やっぱり、私がずっと追ってきたヒトリエ/wowakaに対する感情とオーバーラップするところがあるんだと思います。

 「ライブでやっとボカロ時代の曲をゼロにできた!」みたいなのを嬉しいこととして語ってんじゃねえよ、っていうwowakaさんへのずっと溜まっていた怒りがあって、

 もちろん私はリリスクに関してはつい去年初めて知ったニワカだから、そこまで強い旧体制への思い入れはないんですけど、やっぱりこう……そりゃもちろん作ってる側は新しい形が最高だと思っているからこそ変化している(そうでなければ変化していかない)からそういう言い方になるのは当たり前なんですけど……。


 最近リリスクに対して何だか以前のような好きを感じられなくなっていて、ただそれもよくわからないんですよね、

 曲調の変化は別に新体制になってからずっと起きていることで、というか今年の夏は明らかに去年よりも楽しかったし。

 でもその楽しかった夏のライブって全部「TIF以前」なので、それ以降でパフォーマンスがアーティスト寄りになったからなのか……、

 というよりも単に自分がアイドル的なものにハマれる精神的な余裕がなくなっているだけのような、だからそれをリリスクの方に押し付けているのが凄く申し訳ない感じもあるのですが、

 リリスクのライブで私が感じたいのは「楽しい」であって「格好いい」じゃなかったような気もするんですよね。だから12月のTAKE ME OUTもちろん観に行くんですが、それを100%楽しめるか不安だったりもしています。


 まあただその楽しいだけの路線で6、7年やって行き詰まりを見せていた中での新しい姿で、ヒップホップアイドルとして唯一無二な部分を考えたらこれで正解だとも思うし、

 っていうか結局私がリリスク推してるベースにあるのは「ワンダーグラウンド」「サマーファンデーション」という最高の2曲に出会えたところで、それ以降のは全部その延長で得られたハッピーなので、またLITTLEさん作詞の曲が来たらそれだけで……みたいな感じもしています。

——————–

 ヒトリエのトピックはないはずなのになぜかヒトリエの話ばっかりしている記事になってしまった。

 文脈抜きに記事単体で読んでもらえるようにこういうタイトルの付け方をしているのに、こういう話をしたら全く意味がないのですが、そこはまあ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

    Favorite Item List

  • Nintendo Switch

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

    カタチを変えて、どこへでも。任天堂が長年追求してきたコンセプトが完璧に結実した、非の打ち所のないゲーム機。自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベシリーズ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。個人的には2巻のプチデビル後輩が特にお気に入り。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • ズートピア

    ズートピア MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

    完璧なストーリー展開、力強く明確なメッセージ性、魅力的な世界観、全てにおいて非の打ちどころのないディズニー映画の傑作。
    レビュー記事

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。Android・Windows・iPod nanoなどでも一度ペアリングすればスムーズに切り替えできる懐の広さ。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良い。とても高い完成度。