Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

受動

 引っ越ししてから1週間ちょっと経って、ようやく生活のサイクルが安定してきたような気がします、

 しかし何と今週月曜日で授業が終わり。あとは期末試験とレポート提出を残すのみ。

 首尾よく単位を全て取り終えられれば、なんと冬学期は授業自体がないので、完全なるニート生活が待っています。

 まあ卒業研究がやばすぎてそれどころじゃないし、そもそも今学期の授業態度が不真面目すぎて単位取れるかわからないのですが……。

——————–

 ミリマス終了を受けての記事(アイドルマスター ミリオンライブ! の思い出)、久々に10000字オーバーの長文になりました。

 完全に自分のための備忘録なので別に読んでもらえなくても良いのですが、こう、ソーシャルゲームの本当の強さってこういう生活の一部として密接に関わってるところなんだろうなあと。

 ゲームの体験として区切られてなくて、だから何年か経っても「電車の中でSurface出してテザリングでBMD走ったなあ」とか「ハワイのホテルで深夜にイベント走ったなあ」とかそういうことを思い出すのだと思いますし、本当に覚えているのはそういうことなんですよね。

 wowakaさんが以前、isai beatのアンバサダー記事(http://natalie.mu/music/pp/isaibeat)で、

例えば僕だったら、高校生3年生の頃、受験勉強しながら聴いてた曲をふと今聴くと、寒かったセンター試験の時期を思い出す。夜中走りながら聴いてた曲を今聴くと、その川原沿いの風景を思い出す。そうやって、音楽が人生に寄り添ってきたんですね。スマホで音楽を聴くというのは、音楽が生活に溶け込むということだと思うので、その状況でこの臨場感のある音が聴けちゃうっていうのは、人生が変わるくらいの経験になるんじゃないかな。

 という話をしていましたが、スマホゲームもそういう生活に溶け込むものとしての価値こそがCSとの違いなのかもしれません。


 ただ逆にここまで美化した思い出として語れるのはほとんど課金しなかったからでもあると思います。記事内でも書きましたが、「無課金でいかにガシャSRを効率よく手に入れるか」という攻略スタイルであれば、グリマスのゲーム性はそれなりに強度があったし、面白いゲームだったと語って良いと思っています。

——————–

 リリスクのライブ。

 最近行けておらず、ワンマンに向けて期待をチャージしている状態なのですが、

 この前上がったライブ映像なんか見てると、

 一周して最近のヒップホップに全振りしたリリスクはあんまり好みじゃない気も若干してきました。

 リリスクのライブってとにかく楽しい!ハッピー!っていうところが好きで行ってたので、

 カッコいい!クール!っていう部分が50:50くらいで混ざるのは良いけど、カッコいい100になっちゃうとちょっと違うというか。

 新体制1曲目の『夏休みのbaby』は割とガーリーな部分を押し出してて、合間合間のhinakoさんの可愛い仕草に殺されるためにライブ通ってた感があるのですが、『NOW』とか『(GET AROUND!) TOKYO GIRLS』とか、完全にヒップホップの文脈になってて、それもうアイドルじゃないのではっていう、いやアイドルであることに拘る必要はないんでしょうけど……うーん……私の観たいリリスクの方向性ってこうだっけ、というか、なんかもうちょっと毛色の違う曲も聴きたいんだけどな、って思ってしまうところも……。

 旧体制曲を一掃しようとしている感じとか、私が嫌いになった頃のヒトリエと被って怖い。せめて新体制のワンダーグラウンドを一度だけでも……。

——————–

 今学期なんでこんなに酷かったのか覚えてないくらいに授業を真面目に受けてなくて、毎週3回出席はしてたのにずっとネット見たりしてて全然頭に入ってなかったりとか、ほんとクズいなあと思うんですが、

 最近わかったこととして、私は「受動的なインプットだけをしている時間を無駄だと思う傾向が強い」んだなと。

 例えば、テレビを見ているだけ、とか、他人の話を聞いてるだけ、とか、そういう、自分の意思が介在しない活動をしている時に、だったら他に手を動かすことをしていたい、という。

 それは大学に入る前もそうで、例えば授業中にノート出して歌詞を考えたりとか。


 ただ当たり前なんですけどマルチタスクしたいだけで別にできてはいないんですよね。結局意識はどちらかに集中してしまうので、授業中にブログ書いたりとかしてますが、授業を聞いてないか、もしくはブログが全然進んでないか、どっちか。

 だからどちらかに集中する方が効率良いこともわかってるんですけど、それでもそう思ってしまうのは、とにかく時間が足りない感覚が特に最近強すぎるからかなあと。

 スプラやりながらガルパやりたいなっていっつも思います。スプラは能動的にやってるけど、ガルパのスタミナ消費は頭を使わないから、手がもう1本あったらガルパやらせるのになあって思ったりします。

——————–

 月火水木更新で金土日休みとかいう穴だらけのサイクルだった先週と比較して、今週は割と良いペースで更新できた気がします。

 どうせなら1日おきに更新する方が良いですよね。今後も週3~4くらいをベースに、うまくバラけさせていきたいなと思っています。一応。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。