Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

埋葬

 リリスク&スプラトゥーン2の話はガッツリしたので、それ以外の好きなものの話を中心に書きます~

 

ハチ『砂の惑星』MV公開

 米津玄師/ハチさんの『ドーナツホール』以来のボカロ曲。

 いや、これほんと凄い。ごちゃっとするから前回の記事で触れなかったけど、Splatoon2にも匹敵する、凄いインパクトです。

 ミクの10周年に寄せるハチさんの曲で、歌詞に過去のボカロ曲の歌詞が散りばめられる、という。

 wowakaさんの『アンハッピーリフレイン』やDECO*27さんの『ストリーミングハート』『ゴーストルール』、じんさんやkemuさんは言うまでもなくですが、

 昔の曲のフレーズを使った集大成的な曲を今までに出したことのあるPは結構多い中で、

 ハチさんはそういうのを基本的に全然やってこなかった人なので、ちょっと驚きのレベルが一段上がりますよね。

 しかもメルトを筆頭に他のPのボカロ曲まで取り入れるという大胆さ。

 

 ボカロというかニコニコのn次創作至上主義を、ある意味で打ち破ったのがメルト以降のボカロ曲みたいなところがあると思っていて、アレンジよりもオリジナルが偉い(あとお金にもなる)っていう、その流れの帰結にカゲプロがあったわけですけど、その流れをあえて二次創作的に引用したのが凄い。

 (元ネタが誰が見ても明白でないものは一旦スルーして)

 マトリョシカ&パンダヒーロー→ワールズ・モザイク→千本桜・チルレコっていう、間違いなく一つの時代を築いた曲たちが次々に出てくるのはもう、ずるいですよね。強いに決まってる。

 

 ここからは完全に老害の昔話的な深読みになりますけど、

 そういう、まさに私と同世代の、2010年をピークに、ハチさん・wowakaさんを追ってボカロから離れていった人のための曲だと思うんですよ、この曲は。

 だって、メルト以前、カゲプロ以降の有名なボカロ曲を完全に飛ばしてるわけだから。

 「メルトショックで生まれた」って言うのも、Ievenでもみくみくでもなくてメルトなんですよ、それは語感の問題だけじゃなくて、

 「初音ミクがキャラソンではなくオリジナル曲を歌える可能性」を最初に広く示した点で、それ以前のみくみくとか初音ミクの消失とは決定的に違う。その流れでハチさんのようなシンガーソングライターやwowakaさんのような元バンドマンが参入してきたはずで。

 そういう人たちがwowakaさん・ハチさんを筆頭に結局本人歌唱や女性ボーカリストのプロデュースという道を選んで去っていったのが2012年以降の流れで、

 その延長線上で一歩踏み込んでオリジナルストーリーを始めたカゲプロも、ボカロとはだんだん分かれていった。

 そこで一周して、一旦曲のクオリティのインフレが収まった後に出てきたのがナブナさんとかorangestarさん、というのが個人的な認識です。そのへんちゃんと追ってないんですけど……。

 アスノヨゾラ哨戒班とか、セミプロみたいな曲で溢れてた2012年頃に出してたら絶対埋もれてるやつですよね、その良し悪しは別として。

 

 で、やっぱり個人的に感慨深いのは「あのダンスホール モザイクの奥」っていう、同じ行にモザイクロールとワールズエンドダンスホールを突っ込んだところで。

 DECOさんと米津さんだけが現役でネット上での人気を維持してるから後追いした人にはピンと来ないかもしれないけど、

 2010年のボカロ界隈をリアルタイムに見ていた人たちは、あの頃はwowaka・ハチ・DECO*27の3強だったともう間違いなく口を揃えて言うに決まってるんですよ、

 そして、YouTubeで『裏表ラバーズ』の方が伸びていようが何だろうが、この3人の代表曲はワールズ・モザイク・マトリョシカで、

 それが並んでるっていうのが凄い嬉しい。

 

 そういう、カゲプロで時間が止まっている私のような元ボカロファンのための、

 「あの頃(2010~12年)が最高だったよね」っていう曲なので、

 それはある種の傲慢さもあって、だって明らかに「今のボカロは昔よりも盛り上がってない」と、ハチさん本人が突きつけるような作りになっているんですけど、

 まあ別にいいじゃないですか、思い出のための曲なので。

 例えば、2012年くらいに「組曲ニコニコ動画改」が出て、最古参たちの「あの頃はよかった」的なコメントで溢れかえった、あれと同じだと思うんです。

 今のボカロが好きなファンの方角はそもそも向いてないわけですから。

 

 そして、2010年、ワールズエンドダンスホールとモザイクロールが、

 ボカロ史上最速ミリオンを目指して毎晩祭り状態だったというのも一つの歴史としてあって、私自身も毎晩ワールズ開いてコメント色変え祭りとか参加してたわけですけど、

 そういう公的な記録に残らないモノをリアルタイムで立ち会った世代として、

 その『砂の惑星』が最速ミリオン記録を数年ぶりに塗り替える、というのもまた感慨深い。

 それ自体が「今のボカロより昔の方が勢いがあった」ことの何よりもの証明になってしまった気もしますが、まあ。

 というかほんとあの動画に集まってる人の大半は数年ぶりにニコニコにログインした人なんじゃないですかね。想像ですけど。

 

スターバックス コールドブリュークリームフロート

 もう発売以来20杯くらい飲んでると思うんですけど、超美味しいです。

 Tallが420円+税という、スタバの期間限定にしては良心的な価格でありながら、コーヒー+クリーム+シロップという絶妙な組み合わせ、

 しかもバレンシアとヘーゼルナッツという2種類の味があるので飽きない。もうこの夏の定番です。

 バイト先のすぐ近くにスタバがあるので、昼休みに買ってオフィスに持ち込んで午後の作業を頑張る。1日の楽しみなのです。

 

 ……なんですけど、さすがにこう2日に1回のペースで飲んでると飽きてきたところに、

 カスタマイズとしてシロップの変更ができるという情報を聞きました。

スターバックスのパートナーが選んだ! 夏のおすすめカスタマイズ5選【Editor’s Eyes Vol.60】 – Editor’s Eyes

 ということで2日かけてシロップをバニラとキャラメルに変えてみたものをそれぞれ試してみたのですが、

 まあ、あれですよ、

 バニラシロップがバレンシアを超える美味しさなら最初から表メニューとして提示されているはずで、

 バニラやキャラメルが合わないわけじゃないんですが、バレンシアとヘーゼルナッツに比べるとやっぱり劣りました。

 というか、バニラはシンプルすぎてクリームの味に掻き消されちゃうんですよね。

 

 というわけで私のイチオシカスタマイズはこれ!!

WIN_20170728_22_00_38_Pro (2)

 バレンシアのシロップ増量(+¥0)です。

 これまさに今飲んでるんですけど、もはやフルーツジュースです。バレンシアジュースのコーヒーシロップみたいなイメージ。

 じゃあ美味しくないんじゃないかって気がしますけど、凄い美味しいです。コーヒーとバレンシアって合うんだなーとこのクリームフロートで初めて知りました。

 毎回これを飲みたいとはなりませんが、ちょっとコーヒー飽きてきたなって時に飲むと凄い美味しいです。

 夏が終わってこれが販売終了しちゃったら、アイスコーヒーにホイップクリームとシロップ追加して誤魔化したくなりそう。

 

iPod nano 生産終了

iPod nanoとiPod shuffle、とうとう販売終了|ギズモード・ジャパン

 うーん……いつか来るとは思っていたけれど、ついに。

 iPod、特にiPod nanoはある意味で現在のAppleの象徴みたいなところあったので、残念ではありますが、仕方ないんでしょうね。Apple Musicにも対応してないし。

 スワイプで前の画面に戻るとか、機能を絞った分音楽再生UIはiOSよりも圧倒的に使いやすかったので、残してほしかった。iPhoneやiPadがいくら上位互換とは言っても、「ミュージックアプリを開く」という一手間がやっぱり面倒なんですよね。イヤホンを耳に差して再生ボタンを押しても(他のアプリで音楽や動画を再生していたから)音楽再生に戻れない、という。

 ただ、スマートウォッチがそうであるように、「機能を絞ったガジェットをいくつも買う」から「母艦とBluetoothで接続してコントロールする」時代に移っている感じはあって、

 例えば私の場合、(Androidスマホは別として)駅の乗り換えの時とかにiPadで音楽を聴きながら移動するのはきつかったので、移動中はiPadを鞄にしまってiPod nanoを聴いていることが多いのですが、

 AirPodsによってそれはある程度解消されたんですよね。操作性の難はまた別として……。

 

 「持ち運べる小さな機器」そのものの需要がなくなりつつあるのかな、という感じはあります。

 例えばSurfaceも今は素晴らしいタブレットですけど、家にあるハイスペックなデスクトップと遅延なしでリモート接続できる時代であれば、持ち運ぶのはハイスペックなタブレットじゃなくても単なる板でもいいわけじゃないですか。

 Nintendo Switchと同じことをPS4+Vitaのリモートプレイで実現できるならSwitchいらないよね、っていう。

 まあインターネットに関しては実現できていないからSwitchは要るんですけど、近距離通信に関してはそういう傾向が出ているのかな、という感じがします。

 

 それはそれとしてガジェットを複数持って使い分けることの最大の意義、iPhoneが唯一リプレースできてない部分は操作性ではなくバッテリーなんですよ。スマホの電池切れたら音楽聴けなくなっちゃうじゃんっていう。

 なのでやっぱiPod nano必要だし、どっかで安くなってたら確保しときたいなあ……と思いつつ、気づけばAmazonでも在庫切れしてるあたりが怖い。

 

 しかし、Microsoft BandといいiPod nanoといい、私の好きな製品はほんと一般受けしなさすぎて辛い。Wii Uもそうか……。とりあえずSurfaceが切られないことを祈るばかり。Microsoftも結構ばっさり事業捨てるからなあ……。

 

伊藤美来 まるっとまとめ(07/27)

 声優に限らず一人喋りのラジオってそうそう面白くならないと思ってて、まず「不特定多数に対して話しかける」っていう自意識過剰なことをするか独り言の体でやるかでしか成立しないので、どっちに転んでもなんか聴いてて恥ずかしくなっちゃうんですよね。

 だってこのブログがそうじゃないですか、誰に向けて話してるんだよっていうのがまずあるから、ボケてもツッコんでも寒い。

 だから面白いソロラジオって結局「スタッフに対して喋ってる」「スタッフが相槌や笑いを入れてる」場合がほとんどなんですよ、一時期観てたけど井口裕香さんのむーんとか。ソロに見せかけてソロじゃない。

 特に天然系の人は無理ですよね。変なこと言ったりボケたりしてるところに視聴者側の気持ちを代弁するツッコミが入らない、っていうのが視聴者が一番モヤモヤする現象で、それが多いラジオは割とすぐ聴くのやめちゃいます。

 

 で、みっくのソロラジオ、初めて聴いてみたのですが、

 たまたま今回だけかもしれないけど、みっくの天然発言にスタッフが普通にツッコミ入れてたんですよね。それに救われました。

 なので結構面白かったし、しばらく聴いてみようかなーという気に。

 Pyxisのニコ生も、もえしがもう少しツッコミ精度高ければなーと思う場面が多くありつつ、そもそもタイムシフト予約しないと後から観返せないのが無理すぎて諦めました。YouTubeに上げてほしい……。

 

 基本的に最近は声優のぼっち営業とかどうしても冷めて見ちゃうんですが、

 今回の「浴衣姿で待ち合わせする大学生を見ての感想」が凄いリアルで良かったです。

 いやーなんかやっぱサークルっていいなあ、みたいな。思いましたね、なんでサークル入んなかったんだろう?っていう、今3年生ですけど、思ってます(笑)
 ね、もう遅いんだけどね。しょうがない、だから大学に、3人くらいしか友達いないんですけど(笑)
 いいんだよ!全然そういうんじゃなくて、楽しいからいいの私は。ね、狭く深く、友達は…ね! いやーでも夏祭り行きたいな…(笑)っていう願望は、あります。

  この「3人くらいしか友達いない」っていうのが良いですよね。

 ゼロだと営業っぽいけど、3人はリアルだし、「3人くらい」で微妙に見栄張ってる感じもリアル。

 10人とか20人ならともかく、3人なんて全員名前と顔まで浮かぶんだから絶対濁す必要ないw ちなみに私は大学の友達2人くらいです。

 

 しかしラジオの書き起こしって難しいですね。英語のリスニングみたい。独特な間を句読点とかで表現できる人、凄いなーと思います。

 

ガルパ&ミリシタ

 ミリシタが始まってしばらくはガルパあんまり触ってなかったのですが、

 逆に最近はもうミリシタ全く触らなくなりました。

 ミリシタはとにかく楽曲が少ない上にどれも簡単。全曲フルコン埋め終わったので触る理由がない。

 初期15曲しかないくせに楽曲追加遅い、リリースから1ヶ月経った今になってようやく「8月中旬と後半に楽曲追加します」とかいうガッカリすぎる発表。

 ふれあいボイスのスキップ機能追加のアプデなどはありがたいですが、遅すぎた感もあり。ただただ起動するのが億劫なアプリになりつつあります。……まあSSR百合子目当てに480円だけ課金したんですけど。

 

 一方のガルパ、「8月中に4曲カバー曲追加」というミリシタ絶対殺す予告。まあ、ダンスPV作らないといけないミリシタとは手間が違うのでしょうが、その代わりミリシタはレコーディングないはずですしね。

 追加される曲も音ゲー的に面白いものも多くて、かなり楽しいです。8月の追加曲の中にはボカロ曲も含まれているらしくて楽しみ!

 まあ何で曲名を明かさないのか謎ですが……。

——————–

 リリスクとかスプラの話もしようと思ってたのですがちょっとボリューム多くなりすぎたので来月に回します。

 7月もあっという間だった……。きっと8月もあっという間だろうし……死にたい。

 今月何したか覚えてないけど先月も何したか覚えてない。辛い。

 でも思い返してみれば今月80時間以上働いてるのでたぶんバイトしてたんだろうなあ……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

person Profile

    Stories

  • ボンバーマン記事がSurface記事よりアクセス数で上回ってるー珍しい。どうやらTwitterで少しだけ拡散されたことは知りましたが。追記しとこうかな。

    (2018.08.15 20:02)
  • 1つのコメントや引用ツイートで全否定されてる気分になったり全肯定されてる気分になったりするのだから、コメントすることってやっぱり大事だな……。自分ではどうしてもそういうことが苦手だけど、有名人にリプライしたりするの、ちゃんとやらなきゃいけない気がしてきた。もちろん相手を人間だと思っていない失礼なリプライ送る人は全員ブロックされて然るべきだと思うけれど。

    (2018.08.15 14:57)

About

    Favorite Item List

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。