Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

リリスク『夏休みのBABY』リリイベ週と『Splatoon2』の発売を終えて

 私にとって、おそらく2017年で最も充実していたと思われる1週間が終わりました。

 リリスクの『夏休みのBABY』が発売され、それを記念したリリースイベントが連日開催され、

 そして『Splatoon2』が発売されました。

 基本的に今の私が生きている意味はこの2つで8割占めてるので、それが同時に訪れたのだからもう人生のピークと言って良いはず!

——————–

 先週土曜日に幕張、月曜日に柏の葉、火曜日に新宿のリリイベを観に行きました。

 火曜日はたまたまちょうど間に合いそうな時間にバイトが終わったからで、本当はタイミングが合えば池袋の方も行きたかったのですが微妙にライブの時間が早かったので断念。

 そしてリリイベ最終日となる日曜日には、新宿での1日3回のライブがありました。

 ……と言いつつ、前日28時までスプラトゥーンやってて起きれなかったから12時の回は普通に間に合わなかったんですけど、15時と18時はなんとか観られました。新宿広すぎてクタクタになった。

 15時の回はスペシャルメドレー、時間の限られたインストアの中でいろいろな曲が聴けて良かったです。

 そして18時の回はステージを中央に設置した盆踊りスタイル。たくさんの人が近い距離で見れて嬉しい一方、どうしても正面から見えないパートも多かったので一長一短だなーと思いつつ、

 曲に合わせてみんなで回ったりとかできて楽しかったです。

 

 既に何回か並んだとはいえ、せっかくのリリイベ最終日ということで握手会ももう一回参加しました。

 結果的にCD4枚。

 『サマーファンデーション』の予約券を紛失して発売後にもう1枚買い直したことはありましたが、4枚も同じCDを買うのはさすがに初めてです。ここ何ヶ月かバイト入りまくってて良かった。

 UTのスプラトゥーンTシャツを前回の握手会から2連続で着ていったので、そっちで覚えてもらってました。とりあえず肌寒くなるまではこの服でいいかなーみたいに思ってます。

 私自身が他人を顔で覚えるの凄い苦手で、洋服毎回同じの着てきてくれれば覚えやすいのに!ってよく思うので、そういう気遣いをさせたくないなーという。まあ他人の顔を覚えるの苦手な人はそもそもアイドルになってないと思いますが……。

 

 新メンバーのキャラクターもだいぶ確立されてきた感じがあります、客観的にもそうだし私の中でも。

 最初天然系かと思ってたyuuさんが実はしっかりしてて、逆にしっかりしてそうだったhinakoさんがおバカな感じだったり?

 hinakoさんほんとライブ中にファンと目を合わせたりとかの頻度が圧倒的に高くて、あのへんの仕草を狙ってやってるにせよ狙ってないにせよ天性のアイドルだなーと思います。握手でも伝えたけど、夏休みのBABYのminanさんソロパートの時のhinakoさんの仕草の殺意高い。

 risanoさんのアメリカ仕込みのパワーも、良い意味で新鮮だし、yuuさんの頑張ってる感じも好感度上がりまくるし、もちろんminanさんとhimeさんも話してて楽しいし凄く良くしてくれる。本当にありがたいし楽しいです。

——————–

 なんでリリスクのライブにここまでハマってるかっていうと、凄く気軽に行けるっていうところなんですよね。

 もうこの話も何度もしていますけど、リリスクの曲ってそんなにコール難しくないし、まあコールに慣れてる人が入れてくれてるだけでもあるんですが、

 とにかく居心地が良いんですよね。他のアイドル現場そんなに行ってないのでよくわかりませんが、小さい子が観に来てその子にアイドルが手を振ったりしてることってあんまりないと思うので、そういうアットホームさというか。

 盆踊りでファンも一緒にみんなで踊るのとかもシュールな感じがしますし、そんな現場にソロ参戦して楽しめるのかって感じですが、でも楽しいです。

 

 あと、リリスク現場に知り合いが一人もいないっていうのも結構気楽で、盆踊りもそうですけど割とハメを外しても誰かに見られるわけじゃないし、

 もちろん仲間と終わったあと飲みに行ったりとかできるのも楽しいんだろうなーっていうのも凄く思うんですけど、

 誰かと連絡とったりせずに一人でフラッと行けるし、後ろの方でこっそり見ててもバレないし、それで予算的に厳しくて握手会並ばない日があっても誰かに指摘されたりしないし。

 

 他人と繋がっちゃうと義務になっちゃうんですよね、良くも悪くも。

 それで無理に通い詰めて毎回握手並ぶ、ってするとどこかのタイミングで一気に冷めてしまいそうで、

 それよりは、行きたい時に行って、疲れてたらスルーして、の方が私には合ってるし、結果的に1年以上ハマったまま熱量が持続している理由じゃないかなと思ってます。

 私は、「楽しさ100辛さ50」と、「楽しさ10辛さ0」の二択だったら後者の方がいいなと思うタイプなので、本当に面倒なこととかが全然なくて楽しいだけの時間を過ごさせてもらえるリリスクのライブが大好きです。あ、もちろんリリスクは楽しさ100辛さ0ですが!

 

 しかし冷静に考えると今後スプラTシャツ着ていった時点でメンバー以外にも特定されるよなっていうアレはあるのですが……まあこのブログ読んでる人がいないから大丈夫でしょう。

 

 さらに言えばリリスク新体制になったことで、前体制の握手会での「まだ新参だし…」みたいな気後れ感が取り除かれたことも結構プラスで、

 それは完全にこちらの精神的な問題なので前体制より新体制の方が良いっていう話とは別物なのですが、でも個人的に以前よりも楽しめています。昔からのファンの方にとってはどうなのかわかりませんが……。

 たぶん握手会並んだ回数で言えば前体制と同じくらいな気がします。メジャー後のRaRで1回、サマファンで2回、マジックアワーで1回だし。それはやっぱり握手会で何話せばいいのかな感が軽減されたからかなと思うんですよね。メンバーとか関係なく単に握手会に慣れてきただけかもしれませんが…w

——————–

 『Splatoon』を私が好きな理由も結局上に書いたリリスクと同じで、楽しさ100で辛さ0だからなんですよ。

 前作からそうでしたが、負けた時のストレスもないし、マッチング早くて一試合が短いからストレスも溜まらない、それでいてゲーム自体は超楽しいっていうことで。

 Splatoon2は、正直に言うと前作の発売直後のような「無限に遊んでいたい」と思うほどには至ってなくて、というかそのレベルだったら先週の土日もたぶんリリイベ行かずに家でずっとスプラやってたと思うんですが…w

 でも、気づけば毎晩1~2時間くらいやってる中毒性があります。というより、個人的に人生で一番ハマったゲームであった前作を踏襲して一切劣化していないし、前作を止めた理由もガチマッチでS+に上がって目標なくなったからなので、またしばらくは毎晩続けて遊べそうです。

 あと、1で愛用していた「Rブラスターエリート」がまだ使えないという最大の問題があるので、これが解禁されたら無限に遊びたくなりそうです。今はだいたいラピブラかカーボンで潜ってます。

——————–

 『Splatoon』前作の発売から2年、と言いつつ去年7月くらいまでは毎日のように触ってたのですが、

 約1年ぶりに遊んでいて思うのは、スプラトゥーンがあると1日のリズムが作れるんですよね。夜帰ってから楽しいことが待ってるから、そこまで頑張ろう、と思えるし、何時くらいに帰ればSplatoonを1時間遊べる、みたいな。

 

 で、それと同じように、リリスクのリリイベがあると1週間・1ヶ月のリズムが作れるんですよ。

 日曜に新宿でイベントあるから、土曜は作業に集中する日にしよう、とか、平日はバイト頑張ろう、とか。来週は家の近くでイベントあるから今週の横浜は我慢しよう、とかもだけど。

 

 そういうメリハリで、私の大して面白くもない日々の暮らしの中に楽しみができた、っていうことが、一番Splatoonとリリスクに感謝している部分で、

 これも何度も書いてることですけど、去年なんて今思うと本当に嫌なことばっかりで生きてる動機も大してなかったはずなのに、それをあまり辛い日々だと思わずに乗り越えられたのはやっぱりリリスクのリリイベが土日に挟まってたからだと思っていて。

 今年の5~6月だって、リリスクなければこの週はES提出締切で、次の週は面接で、その次の週は期末試験で、みたいな感じで楽しいことなんか一つもない暗澹たる日々になるはずだったわけで、

 でも土日にインストアライブがあれば自然と1週間の目標をそこに持って行けて、時間が経過することにメリットが生まれる。それがありがたかったです。

——————–

 任天堂がWii Uでコケて暗黒期だったところをSwitchで復活した、というエピソードは凄く綺麗で、そのストーリー自体が加味されてるんじゃないかと思うほど今は絶好調です。

 で、リリスクもメジャーデビューから1年足らずで活動休止になった時に、結構多くの人がヤバいんじゃないかと感じたと思うんですよね。こっから上がるのは厳しいんじゃないか、という。

 でも蓋を開けてみたら新メンバーも全員魅力的でパワフルで、前体制とは違った魅力のグループになった。そういう姿そのものがアイドルとして凄く魅力的だと思うし、特にhimeさんのこれまでの紆余曲折なんて、たぶん私の200倍くらい密度の濃い人生送ってきたんだろうなあ……、という、

 それらのストーリーも込みでやっぱリリスク最高って言って応援していたいんだと思うんです、これからも。

 

 1stのリリイベが一旦終わって、おそらく秋~冬くらいに2ndシングルかアルバムかわからないけど何らかの新譜が出る頃には、また新しい曲の新しいパフォーマンスもリリースイベントで観られるだろうし、

 Splatoon2もここから継続的なアップデートで熱を失うことなくますます面白くなっていって延々遊び続けていられるでしょう。

 そうやってどんどんパワーアップしていくリリスクを観て、Splatoon2を遊んで、

 そうしているだけで時間が過ぎていくというのは、実はとてつもなく贅沢なことだと思います。大学4年のこの時期で、この先に待っていることなんて基本的には嫌なことばっかりなのでw

 

 あ。あと、8/15のnegiccoとのツーマンライブ、母親の実家に帰省するから行けなさそうだったのですが、14日に会社に行かないといけなくなったので行けそうです。そちらも楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。