Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

大量

 4月に入ったのにブログ書いてる暇あるならその時間でES書けよっていうその理由だけでブログから遠ざかっていたのですが、

 定期的にブログ書かないと死んじゃう病なのでそろそろ溜まった話題を吐き出すためにブログ書いてます。そのためだけに大学帰りにマックに来てます。

 大学の健康診断直後に不健康なものを食べるのもどうかと思うけど、とりあえず体重は増えてなかったので一安心。いや体重50kgないので健康には程遠いんですけれど、最近人との付き合いだったりで外食が増えてるのでちょっと不安だったんですよ。

 こういうクズな性格でインドア気質の人間が太り始めたら割と救いがない感じがしてるので、だったら痩せてる方が全然いいなって思います。逆の人は逆のことを思ってるのかもしれないですけどね。

 ちなみに今週ブログ更新してないけど別にES書いてたわけでもないのが悲しい。就活絡みで何もしてなかったというわけでもないですけど、あとは単純に仕事しまくってたのと遊びまくってた春休みだった。

——————–

Windows 10 Creators Update

 Windows 10 Creators Updateが配信開始となりました。

 通常のWindows Updateで全ユーザーに強制配信されるのは4/11ですが、ダウンロードサイト(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)から直接DLできます。

 前回のAnniversary UpdateがWindows Ink、Edge拡張機能など割とわかりやすい機能があったのに対して、

 今回のアップデートは一番のウリが「3D Paint」「Storeに電子書籍」というほとんどの人に関係ないものなので、微妙かなーと思ってたのですが、

 Edgeの共有機能アイコンがわかりやすくなったり、「夜間モード(ブルーライト軽減に色を調整する、iOSのNight Shift)」が追加されたりと、細かいところでパワーアップしているようです。

 というかたぶん変わった点を知る際に一番良いのは設定画面を一通り眺めることですよ。iOSでもそうだと思いますが。

 最大9時間しか設定できなかった「アクティブ時間(勝手にUpdateで再起動したりされたくない時間帯)」が最大18時間に伸びてたり、なぜかコントロールパネルに飛ばされてた「テーマ」の変更・DLが設定アプリとストアに統合されたり。

 やっぱりアップデートってわくわくしますね。もう少しスパン上げてほしい気もするけど、ちまちま出すよりもまとめて出した方が話題にもなるしちょうどいいのかもしれない。

 あと、これはユーザーには全く関係ない話ですけど、Web開発者としてはついにEdgeが「CSS Custom Properties」に対応しました。ここで説明しても仕方ないのでググってほしいのですが、簡単に言えばCSSで変数が使えるようになるという神機能。

 私は今まで使ったことなかったのですが、IE・Edge以外の主要ブラウザは全て対応済んでいるので、Edgeが最新バージョンで対応したとなればもうこれは実戦投入して良いはず。

 しかし、ユーザー視点ではいろいろ文句も言われてますが、Windows Updateを強制的に全ユーザーに押し付けるの、バージョンごとの使用率とか考えなくていいので開発側としては感謝しかないですね。ありがとうMicrosoft。

 ところで同様に他ブラウザが全対応しているbackground-blend-modeとmix-blend-modeへの対応はまだですか!!

 

Maison book girl『Image』

 届きました。

 

 えーと、まあ名盤なので早く買いましょう。

 ポエトリーリーディングと10分超のインスト曲が挟まるので適当に流すには若干厳しいところありますが、とにかく他に類を見ないジャンルの音楽が詰まっているので、好きな人はもうこれだけで生きていけるのではないでしょうか?

 個人的に『End Of Summer Dream』が好きですね。いや全部好きなんですけど、特に好きです。

 

欅坂46『W-KEYAKIZAKAの詩』

 『不協和音』が劣化サイマジョ感あって微妙だと思ってたらカップリングがヤバかった。

 歴代シングルの振り付け入れたり、グループの歴史を想起させる演出だったり、こういうの弱いので一発でやられました。スタッフロールでメドレー流すゲームが大好きです。

 こんなのライブの最後に歌われたら死ぬに決まってるよなーって思います。

 「君の声は聞こえているよ」っていうサビも、集団への反抗とか孤立をずっと歌ってきた欅坂だからこそさらに輝いてる気がしますね。良い曲。

 

コーヒー&クリームラテ

20170404_070958637_iOS

 スタバ大好き意識高い系なので新商品に飛びつきました。TwitterもInstagramもやってないのでなんか損した気分になる。

 さくらラテとかマンゴーティーとかも別に嫌いじゃないんですけど、コーヒーが好きだからスタバに行ってるのであって、やっぱりこういう商品が一番好きです。

 レギュラーメニューにしてほしいくらいなんですけど、12日までの期間限定だそうです。凄く美味しいのでぜひ。

 

『キングちゃん』SP

 22時台。観たけど、正直期待値高すぎて思ったほど面白くなかった。

 「嘘でしょ!?グランプリ」って要するに「嘆かせ王」を今後もやるための苦肉の策だったと思うんだけど、やっぱり無理があった。

 これもそうだし「プロデュース王」とかもそうですけど、キングちゃんってドッキリ企画の割合が多くて、ドッキリ企画ってそう何回もやるものじゃないので、ゴッドタンでいう「マジ歌」「キス我慢」みたいに出演者が企画趣旨を理解してても面白くなる、ドッキリ以外の定番企画を早めに見つけないと息切れしそう。『水曜日のダウンタウン』みたいに企画を使い捨てる覚悟があるなら別ですけど。

 

『ネプ&ローラの爆笑まとめ』と90年代アニソン

 たぶん全部観た。純粋に面白かったのはオードリーとか南海キャンディーズとかなんですけど、個人的に気になったのはおかずクラブのネタ。両親の再婚で義理の家族になった姉と弟が恋に落ちるっていう、少女漫画のパロディだったんですけど、その時に使われてたBGMが『ママレード・ボーイ』の主題歌。これ、94~95年に流れてた、30代にはそれなりに知名度のあるラブコメらしいです。私は少し前にバイト先の忘年会カラオケで初めて知ったのですが。

 で、気になってYouTubeでこれの動画を観たりしてたら、90年代アニソンの関連項目にSURFACEの『さぁ』が表示されて。コロコロチキチキペッパーズがキングオブコントで優勝したあの卓球ネタの曲です。

 つまり何が言いたいかというと、90年代サブカルが共通文脈としてお笑いで使われる時代が来てるんだなあってことです。もう少しすると、ハルヒ・らきすた・ひぐらしあたりも、飛び道具ではなく前提知識として使われる時代が来るのかもしれません。

 

『しゃべくり007』

 今週のやつじゃなくて先週のやつです。

 ところで

 刺された。

 冷静に考えて、例えば「毎日更新できなくてすみません」って謝るの、まるでこのブログを楽しみに待っている人がいることを前提にした表現じゃないですか。それってどうなんだろうと思うんですけど。

 このブログ誰に向けて書いてるんだろうと思うことは凄くあって、だからエイプリルフールも完全に無視したんでうk、

 そもそもこのブログ読んでる人なんてほぼいないのはアクセス数とかから私自身が一番理解しているし。

 ただ、このブログが更新されていることで確実に幸せになっている人間が一人だけいて、それも私自身なんですよね。

 こういう記事を書くこと自体が楽しいのはもちろんそうなんですけど、読み手としても、1週間後に読み返しても、1か月後に読み返しても、1年後に読み返しても面白いんですよ。何が起きたか、何にハマっていたのか、何を考えていたかを思い出せるので。

 アーカイブ性というのはSNSにはないブログだけの力なので、1年後に「1年前どんなこと考えてたんだろう」っていうことを、まとまった情報として引っ張り出せるのは凄く楽しいです。

 それならプライベートな日記でやれよっていう話もまあ確かにそうだと思うんですけど、

 じゃあこういう文体、こういう客観的な書き方を、誰にも見せない日記でやれるかって言ったらそれはそれでヤバいやつなのは間違いないし、私自身のモチベーションとしてそれも無理なので、

 やっぱりブログという形で一応誰でも読める体裁を取るのが私にとってもちょうどいいわけです。

 そんなのに付き合っていただけている方がいることには感謝しつつも、誰も見ていないとしてもたぶんこのブログは続けていくんだと思います。

 ……でも、びっくりすることに、時々Amazonアフィリエイト売れてたりするんですよ。意外と。ドメインとサーバー代と差し引きしたら相殺されるくらいですけど。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


person Profile

    Stories

  • Likeボタンが機能してるの久々に見た。何が琴線に触れたのか知らないけどありがたいです。Sarahahも初めて感想頂きました。 (2018.05.21 19:11)

About

    Favorite Item List

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。Android・Windows・iPod nanoなどでも一度ペアリングすればスムーズに切り替えできる懐の広さ。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良い。とても高い完成度。

  • Nintendo Switch

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

    カタチを変えて、どこへでも。任天堂が長年追求してきたコンセプトが完璧に結実した、非の打ち所のないゲーム機。自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』著者・鴨志田一さんの新作シリーズ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。個人的には2巻のプチデビル後輩が特にお気に入り。物語がクライマックスに差し掛かってきた今から読み始めると贅沢に楽しめます。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。