Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

境界線

 Nintendo Switchが届きました。

20170303_021830596_iOS

 まあちゃんとした感想は……そのうち書こうと思ってますが。

 とりあえず「便利そうだけどソフトが足りなさすぎて評価する段階にない」という感じ。UIとかは恐ろしく洗練されてて便利なのですが、実際外に持ち出して遊びたいゲームもなければ、Joy-Conの両手持ちという操作体系に合うゲームもないので、あのプレイスタイルが必要となるかどうかという根本的な問題が。

 今のところテレビでのプレイ中も手元に画面があったWiiUの方が便利だったんじゃないかとすら思うのですが、それだってマリオメーカーとSplatoonが揃った完全体のWiiUと比較した際の感想なわけで、だからそれはハードだけで語れる問題ではないんですよね。

 なので、この真価が発揮されるのはマリカ8DX・ARMS・Splatoon2が発売された後なのではないかと思います。

 

 ちなみに『ボンバーマンR』『1-2-Switch』両方買いましたしJoy-Conも買い足したので既にSwitch関連出費が5万円近くなっています。でもさらに『ゼルダBotW』も買うかもしれません。評判良すぎて気になってきた……。

 『1-2-Switch』は、周りに友達や兄弟などの遊び相手がいて、そことのコミュニケーションの材料に5000円の価値があると思うなら買う価値があります。だって、飲み会とか1~2回くらい行ったり、深夜にカラオケ行くのと同じくらいの出費なわけじゃないですか。そういうカテゴリーの出費です。趣味ではなく交際費。

 『ボンバーマンR』は、まずオンライン対戦の不具合が酷いので、オフラインで一緒に遊ぶ相手がいる場合のみ勧められるゲームです。その上で、いろいろと上級者向けなので、ボンバーマンシリーズのファン以外が安易に手を出すのはあまり勧めにくい……。

 『マリオカート』とか『スマブラ』みたいな安心パーティーゲームだと思って買うにはルールの幅が狭いのとコンピューターが強すぎる。うちの家族は全員スーファミ時代から腕を磨き続けてきたボンバーマン上級者なのであのくらいの歯ごたえでいいし全然勝てるんですけど……。まあもろもろ含めて次回作に期待って感じ。なので売れてほしいです。

——————–

 『クイズ☆スター名鑑』特別編も観ました。結局リアルタイムで。

 なんでしょうねえ。とても面白くてずっと笑いっぱなしだったのですが、笑いの中で奥の方に悲しさがこびりついている複雑な感覚。

 例えるなら、結末を知った上で観る『君の名は。』2周目の前半の入れ替わり日常シーン。

 ある意味実験的で、なかなかテレビでは味わえない感覚でした。

 打ち切り決定が本放送の中で発表され、最終回に向かっていく、というのが本来あるべき形だったとは思うのですが、

 結果的にある種のタイムリープもののような演出を生み出すあたりはさすがだなあと。。。

 エンディングのアニメーションも含めて、まさしくこの番組らしい最終回を作り上げていたことが凄かったです。

 

 スター名鑑に関しては「ここをこうすればもっと面白かった」みたいなことはたくさん思うのですが、それらを仮に満たせていたとしても7回で結果を出せるような番組ではなかったので、いろいろと仕方なかったのかなあと。

 なんだかんだ言って全7回の放送よりも特別編の方が面白かった気がします。

 またいつか復活したらいいなあ。特番とかでたまに観てみたい。

——————–

 そういえば木曜期限だったレポートを提出し終え、なんとか私の今学期が終わって春休みに入りました。

 割と自由に書いていいタイプのレポートだったので、気分的には物凄く面倒なトピックを立てた時のこのブログ記事に近かったです。どこまで万人のものとして言い切っていいんだろう、どこまで個人的な話をしていいんだろう、っていうせめぎ合い。

 これから卒論を書き始めることにもなるわけですが、同じような悩みに当たりそうで嫌ですね。

 例えば「日本人は○○だ」みたいなことを、どこまで書いてしまっていいのか。あんまり言い切りたくないんですよね。

 「今の日本人は他人を許容する心の余裕を失いつつある」とか、まあ、たぶんそうだと思うんですよ。

 思うし、そのソースとして何かを挙げることだっていくらでも(例えばツイッターとか芸能ニュースとか)できると思いますけど、

 それを客観的事実として断言したり、客観的事実であることが求められる卒論に書いちゃっていいのかなあみたいな。

 そういうのって言ったもん勝ちだと思うから、言えない時点で私の負けだよなってこともわかってますけど。

 「事実」と「推測」の区別は付けられるけど、「推測」と「意見」の区別ってどこで付ければいいのか。ずっと悩んでます。

 このブログで書いてることは、「意見」でも「推測」でもどっちでもいいので、区別してないですが、時々(例えばSwitchの予想記事みたいな)区別しなきゃいけないトピックになると困ってます。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事