Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

make me die

 あ、お知らせ。

 ブログ引っ越ししました。

 いや、引っ越しと言ってもサーバー内部で動いただけだしURLも変わってないんですけど。

 

 ええと、わかる人だけわかればいい話ですが、

 元々、本来はWordpressを正式サポートしていないロリポップの一番安いプランで、SQLiteを使って動かしていたところを、いろいろとバグが目についたので、プランをアップグレードしてMYSQLに切り替えました。

 しかし、SQLiteからMYSQLに移動させるのはめちゃ面倒臭くて、データベースのダンプとかいろいろ調べたんですが結局うまくいかなくて記事データ(とコメント)だけを全部エクスポートしました。なので過去記事の一部が文字化けしてるけどどうしようもなさそうなので許してください。目についた奴は手動で直してます。

 本当はこのあたりの作業はデザイン変更と同時にやるつもりだったのですが、この手の作業は一気にやらないといけなくて整合性が取れないので、

 (つまり、引っ越しの準備をしている間に前のブログにコメントが来たり記事を上げたりすると全てやり直しになる)、

 時間取れるうちにさっさと移転だけ済ませることにしました。

 あと、記事のURLがまた変わりました。しんどい。こっちも手動で直してます。

 

 この引っ越し作業で、管理側のメリットはそれなりにあるんですけど、

 見ている方へのメリットは……ないっちゃないかもしれないです。

 ただ、強いて言えば、

 ・カテゴリー別アーカイブページで「次のページ」が表示されないという謎現象が解消されました。
 これに伴って、応急措置だった「カテゴリー別ページは50件表示」というものも解除しました。

 ・(URL直打ちや記載ミスなどで)存在しないページに移動しようとした際、トップページではなく404専用ページに行くようになりました。
  http://oswdiary.jugem.jp/?eid=1000 みたいな、JUGEM時代の名残のページに飛ぶ時にちゃんとエラーページが出る……はずなんですが。うまくいってないかも。

 他にも、今まではうまく動かなかったプラグインとかも入れられるようになったのでそのうち入れます。

——————–

 昨日の大学の帰り道、なんだかすごく自己嫌悪でいっぱいになって、今死んだらどれほど楽なのか、今後ろから誰か轢いてくれないかな私のことを、

 ってずっと考えながらふらふらと自転車で帰っていたんですけど、

 それで死ねないところが私のダサいところだよなあといつも思っています。昔から自殺とか自傷行為とかそういうものに憧れていたし、そうしょうと思ったこともあったけど、思うだけなんですよね。思うだけで実際にはできないし、じゃあ結局何がしたいのかといえば単に構ってほしい、被害者ぶりたい、っていうだけなんでしょう。

 今自殺したら「あの人はずっと苦しんでいたのかな」と思ってもらえるだろうか、

 そんなことを考えている時点でそれは純粋な自殺ではなくてパフォーマンスで、

 本当に苦しくて追い詰められて自殺する人はそんな冷静に自分のことを見たりしないわけで、だから私は別に心を病んでもいないし苦しんでもいないのです。

 だから元気です。

 

 元気なんですけど、でもやっぱりこれから先生きてて何かハッピーになれることがありうるのかなあ、ないのだったら死んでも一緒じゃないかなあとは思います。

 

 私みたいな人間が世界にとって全くもって不必要で害悪で邪魔だということを石左さんが教えてくれたわけですけど、

 そんな人間のことをたぶん周りの人はみんな嫌っているか、もしくはどうでもいいと思っているか、そのどちらかであって、

 そんな人間は当然就活だってうまくいかないし友達も恋人もできるはずがないし、そうやって孤立していって死ぬわけで、

 それは今すぐ死ぬことと比べてどれほどマシなのだろうと思います。

 今死んだら大学の高い学費を払ってもらった両親にその分を返すこともできていないなあということだけは申し訳なく思いますが。

 

 実際に大学に入ってからこれまで、高校時代から継続して友人であると呼べる人は減っていく一方です。連絡を取れない相手がどんどん増えています。

 今残っている数人も、私がTwitterをやめたことでさらに連絡を取りづらくなったから大半はこのままいなくなるのだと思うし、そうなっても仕方ないなあと思います。だって私と関わることにメリットがある人間なんていないわけですから。

——————–

 昨日の記事では、Twitterではない空間であれば自分の価値があると思う、みたいなことを書きましたが、

 本当のところはそんな場所はどこにもないのだろうと思います。

 文字だけのやり取り、スピード感のある世界で、冷酷に相手を蹴落とせる人だけが勝つのだと思います。

 

 こういうことを言うとあまりに自分を美化しているように聞こえるかもしれませが、

 私は結構心優しい人間です。

 あと、自分に対して嘘がつけないです。

 そういうものがだいたいマイナスにしか働いたことがないです。

 本当は、石左の言うことは間違っていると自分を騙し切って最後まで口論を戦い抜くのが正しいんだと思いますよ、

 それができないのは人間として失格です。ダサいです。負けです。だから死んだ方がいいです。誰か私を殺してくれないかな。ここで。今すぐ。

——————–

 あ、でも私は元気なので大丈夫です。これで本当にそのまま自殺したりとかしないです。自殺する勇気と行動力を持っているほどカッコいい人間はこんなことこのブログに書いたりしませんよ。

 病んでる人は自分が今病んでるなって思わないし、病んでるって見られそうだなと思いながら病んでると見られそうなことを書いたりしないので、私は病んでないし鬱でもないし何でもないです。トラウマとかもないです。健康体です。なんででしょう。本当に。

 心を痛めるのが辛いと思っている人が痛めているのに、心を痛めたいと思っている人が痛められないなんて、失礼ですよね。

“make me die” への1件のコメント

  1. 泉無地 より:

    僕は学校から帰ってきた後いつもこのブログを見に来ています。
    今日この人どんなこと考えてたんかなー、という感じで。
    あの、全く顔も素性も知らない奴にこんなこと言われても仕方ないし気持ち悪いと思いますけど、
    僕はchiffonさんは不必要な存在だと思ってないです。
    というのも、『自分と似た思考回路を持っている人がいる』というだけで何となく嬉しいんですよ。
    『必』ず『要』ると書いて『必要』ですけど、僕にとって貴方がそこまでの存在かというと、違うけど、じゃあ不必要か、というとそうとも言い切れなくてですね…
    『自分の言葉を楽しんでくれている奴がいる』、というのは生きる理由になりませんかね。
    自由な思考が出来る人ってかなり少ないと思います。しかもそれを言語化するのは凄く難しい。
    僕も普段から試みてはいるんですけど、学校で馬鹿な教師の話ばかり聞いている内に鈍ってくる。そういう時は変わった人の考え方を読んで、思考の切れ味を研ぐようにしてます。
    米津玄師、森博嗣、筒井康隆とか。最近はchiffonさんのブログもそうです。
    chiffonさんは自由に思考が出来る数少ない人だと思います。
    いなくなっても困ることは無いけど、寂しい。中庸をとって必要可欠と呼ぼうかな。
    えーと、その、上手く言えませんけど、言えない結果色々失礼なこと言ってるけど、…とにかく、痛みを呪うのをやめろとは言いませんが、あんまり気に病むこともないと思います。頑張ってほしいです。
    長々と要領を得ない冗文を書いてしまって本当にすいません。
    僕も頑張ります。

    “もう、黙り込んだ方がお得だ 否定されるくらいなら
    その内に気づくんだ 何も言えない自分に”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

person Profile

    Stories

  • ボンバーマン記事がSurface記事よりアクセス数で上回ってるー珍しい。どうやらTwitterで少しだけ拡散されたことは知りましたが。追記しとこうかな。

    (2018.08.15 20:02)
  • 1つのコメントや引用ツイートで全否定されてる気分になったり全肯定されてる気分になったりするのだから、コメントすることってやっぱり大事だな……。自分ではどうしてもそういうことが苦手だけど、有名人にリプライしたりするの、ちゃんとやらなきゃいけない気がしてきた。もちろん相手を人間だと思っていない失礼なリプライ送る人は全員ブロックされて然るべきだと思うけれど。

    (2018.08.15 14:57)

About

    Favorite Item List

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。