Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

自分のバランス感覚のこと

 ご報告:炎上しました。

 「間違っていないけれど多数派の耳に障ることを言った」みたいなパターンだと、何か言われるのも仕方ないかなとも思うのですが、

 今回は自分に明らかな非があるので、反省しています。

 その……最近あんまりこういうことはツイッターに書かないようにしてて、政治の話題とかは(RTするだけにとどめて)なるべく触れないようにしてたんですけど、結局こういうトラブルに首を突っ込んでしまうのは、たぶんもう避けようがない性格だとも思うのですが、良くないです。

 決定的に違ってたのは3番目のツイートで、個人攻撃になった時点で負けで、その観点でやっぱり自分の方が正当性に欠けてたし、向こうの方が何枚も上手だったなとも。

 そもそもとして、あのタイミングでああいう論点のずらし方をした私が寒いし、それを「自分が間違っていないと思いたいがために賢い頭を使っている」と一発で見抜いたことが凄い。フリースタイルダンジョンでいえばクリティカル。

 copywritingをRTする行為が、その一点で責められるところにあるかと言えば……、個人的には割とレッドカードに近いところだと思うのですが、それが

 そして、実はその1つ前に送ってる内容面の反論を完全スルーしたことも上手い。完全に向こうのペースに乗せられたなという思いはありますが、だからといって私の失点が消えるわけでもないので、、、どう表現したらいいんでしょう、やられたなーという悔しさだけです。

 向こうの方がフォロワーが多いからとかファンが多いからというのは本質的ではなくて、ああいうTwitterにおける圧倒的な強さがあるからフォロワーも多いという因果関係なのだと痛感しました。

 あとは、たぶん人生経験の差なんだと思います。私は20代なので

 ……、明らかにdisるつもりで言ってることよりも、悪意なく言ってるっぽいことの方がダメージ大きいですね。

 だからといって、「アニメ・アイドル好き」とかもノーダメージというわけではなく、言われたからってキレたりはしませんが、ただ、普通に落ち込んでます。昨日からずっと落ち込んでます。

 

 あ。ただ、「誰も見てないツイッター」と言われても、そこは全然大丈夫です。はい。

 誰も見てないブログを、それこそ地下室TIMESよりはるかに長い期間、続けているので、そういうのは慣れています。

 むしろ不特定多数の誰かに見られること・それを意識して何かを書くことに慣れていないので、ああいうことを言ってしまう感じです。

——————–

 この最後のツイートは別に議論から逃げようと思って書いたわけではなくて、皮肉でなく本当にタメになることを言ってもらえたという感覚があって、腑に落ちたからそれ以上追いかけるのを止めたのですが、

 せっかくアドバイスを頂いたのでちゃんと自分のこととして整理しようと思ってこの記事を書いています。

 もちろんアドバイスする気なんてなくてただの皮肉である可能性もありますが……。

 

 石左さんの「自分の正当化のために何かを攻撃しても~」というツイート、最初に見た時に「いや、どの口が?」としか思えなくて、だから突っ込んだんですけど、

 その返答を見て、元のツイートを読み返して、何となく納得したというか、アドバイスはアドバイスとして受け入れる気になったというか。

 「人より優位に立とうとするな」「何かを攻撃するな」の部分だけ見ると説得力がないのですが、

 実は、あのツイートのメッセージは、「普通の人は恐ろしがって遠くへ離れていってしまう。」の方に集約されるのかなと。

 

 私は、自分が正しいと思ったこと/間違っていると感じたことが、100あったら100全部書かないと気が済まない人間なんですけど、

 それをやってると結局のところ、100のうちどれか1つでも合わないと感じた周りの人が順々に去っていって、最終的に100全てについての感覚が一致する自分自身だけが残る、という状態になる。

 それは逆も同じで、自分と何か1つ感覚が合わない人のことをそれだけで切り捨てていくと、やっぱり誰とも相容れなくなるんですよね。

 結局今回のことでいえば、別に嫌いでもない地下室TIMESやそのファンのことをdisったり、そういう当たり屋的な行為を続けても消耗するだけだし誰からも支持を得られなくて、

 だから地下室TIMESファンからも叩かれるのに、地下室TIMESを嫌っているヒトリエファンを怒らせる記事も書く、みたいなことになってしまうのです。

——————–

 あとは……、そうですね、自分の感覚がものすごく変わっている、というか、捻じれたところにあるのが面倒なところで、

 アイドルもアニメも好きだし、

 でもロックも聴くし、米津さんやヒトリエは高校生の頃から好きなのでライブも行くしCDも買うし、それ以外のバンドも気になったら聴いてるし、その中には地下室TIMES経由で知った音楽もあるし(Mrs. GREENAPPLEとか)。

 ネットは好きだけどテレビも観るし、何なら深夜ラジオも少し聞くし、政治や社会の話も好きだけど、右の人にも左の人にも不満を持つことはあるし……、という、自分の雑食めいたところが、

 ネット上の人格としてあんまり需要のない立場にあるなという、それは今回の騒動で改めて理解しました。

 なるべく他の人と違う視点を書くことを目標として持ってはいたのですが、

 総論としては誰からも共感されないことを勝手に言っているだけなので、それは当然、全員から見放されるだろう、という。

 逆に、石左さんは物事に対する見解やポジションが、どんな話題に対してもある程度一貫している(もしくは一貫していない部分を表に出していない)ように見えるので、そこが多くの人に「この人は自分の意見を代弁してくれている」とか「この人は自分の考え方に近いことを言っている」と受け入れられる理由なのだと思います。

 

 たぶんあのパターンだと、石左さんにお礼とか言わずにヒールとして立ち回り続けた方が一貫していて、それなりに多い地下室TIMESアンチの方からの支持を受けやすくなったのかもしれませんが、

 地下室TIMES別に嫌いじゃないし、そういう意図は最初からなかったので。

 元のツイートも別に地下室TIMESをdisってるつもりは……全くないとは言いませんが、ちょっとキツめの言葉を使いたかっただけ、というか。

 それは相手側もおそらく理解されていて、だから最初のやり取りの時点では別に口論にもなっていない。

 それでも結局ああいうことを不必要に付け足して、地下室TIMES好きな人も怒らせてしまうし、だからといって地下室TIMES嫌いな人の側に立つこともできないし、

 ああいう喧嘩の吹っ掛け方をしておきながら自分が言われたことでこんなにずっと悩み続けて一晩中眠れなくなるほどに傷ついてしまうところまで全てひっくるめて、あまりにもそういうことが向いていない。

——————–

 それから、自分は頭の回転が鈍くて、自分の意見や思考が固まるまでに時間を要してしまうし、アドリブがすごく苦手なので、

 何か大切な話をする時は事前に入念なシミュレーションをして挑むし、

 同時に、議論の途中で自分の意見が変わる、相手の意見を受けて「それは納得できるな」と思うことも結構多いです。

 今回ので言えば、それなりに早い段階でもう自分が間違ってるなと気づいたし、だから反論するのは途中で止めたんですけど、

 ただ、Twitterはそういうあり方が認められていない。

 建設的に自分を組み立てるよりも、相手を破壊することに適したメディアで、既に人格が完成された人のためにあるサービス。

 議論の着地点ではなく出発点だけがどんどん拡散されるし、いつまでもそこに反応が来るから、最初の一手でもう全てが決まってしまう。

 そして、突発的な議論にすぐに対応して、何か言われたら数分以内にさっと返すことが求められる。

 そういうTwitterのあり方に対して、改めて自分が向いてないことが浮き彫りになりましたので、

 Twitterは止めます

 これは石左さんやその他の地下室ファンに煽られて顔真っ赤にして垢消し逃走、的なアレではない、です。そう思われるならそれでも別にいいんですけど、

 元々このブログを引っ越しした7月時点で、「自分はTwitterを続けることがストレスなので変えたい」ということを言っていて、

 いろいろ付き合い方を模索していました。例えばスマホのTwitterアプリをアンインストールして通知が来ない設定にしたり、トレンドの地域を日本からニューヨークにしたり、そういうことをしつつ、

 Twitterの利便性から離れることができず、結局ここまでずるずると続けていたのですが、やっぱり止めた方が身のためだと思いました。

 幸いにして私にはブログという別の場所もあるので、Twitterという即時性と攻撃性の空間で発信を続けるメリットをあまり感じません。

 誰も見ていないという点ではTwitterもブログも同じですし、何かを宣伝する必要もなければ誰かと交流があるわけでもなく、このブログをこれ以上広めるという役割について自分のTwitterがプラスに働いているとも思えないので。

 

 ただ、私にとってはすごく残念なことですが、現在の日本のインターネットは間違いなくTwitterにあって、多くの人が情報発信をTwitterで完結させています。

 なので、投稿はせずに、閲覧だけは続けようと思います。

 というよりも、閲覧専用のアカウントを別に作りました。フォロワー0の非公開アカウントです。今後、Twitterはそちらで見るだけにします。仮にそこで何か書いたとしても、本当に誰も見ていないので日記と同じです。

 

 現在のアカウント(chiffon0903)は、ブログと連携させての自動投稿による更新通知だけ続けます。

 近いうちにこのブログの「now」欄も削除するかもしくは別の使い方を考えます。

 以上です。すみませんでした。

 

 追伸:Twitterに書けないのでここに書きますが、君の名は。2回目観てきました。面白かったです。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

“自分のバランス感覚のこと” への2件のフィードバック

  1. tai.ka より:

    ネットという場で発信する以上、勝手に評価をうけてしまうわけですが、正しい意見でも有用性がないと辛辣な攻撃を避けられないといういい例ですね。有用性というのは「考えなくとも楽しめる」という、一部かつ大多数の人に合わせた意味合いですが。
    私はあのサイトは好きで見てるのですが、一握りの書き手ばかりが技術を持っているために危険であるとは思いますね。
    他人事ですので楽しめました。生きづらいもんですよねほんと。

  2. 大学生 より:

    うーん、ツイートを見てもこのブログを見ても分析力は一級品で、問題点の指摘とその表現の仕方はかなり的確だと思うんですけど、すぐに謝って後手に回ろうとしていることが気にかかりました。謙虚さの表現にしてもいささかへりくだりすぎかなぁと…。
    上から目線に聞こえたらすみません。客観的(外部からの視点という意味)に見ていて思ったことを言ってみました。自分は石左さんのフォロワーでツイートをたどっていたらたまたまあなたとのやりとりを見つけた一介の大学生です。あなたがそのようにしている意図が分からなかったのでコメントしてみました。別に石左さんの信者とかではないです。
    ちなみに蛇足ですが石左さんも20代らしいですよ、ソースはありませんが笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


person Profile

    Stories

  • Likeボタンが機能してるの久々に見た。何が琴線に触れたのか知らないけどありがたいです。Sarahahも初めて感想頂きました。 (2018.05.21 19:11)

About

    Favorite Item List

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』著者・鴨志田一さんの新作シリーズ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。個人的には2巻のプチデビル後輩が特にお気に入り。物語がクライマックスに差し掛かってきた今から読み始めると贅沢に楽しめます。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Nintendo Switch

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

    カタチを変えて、どこへでも。任天堂が長年追求してきたコンセプトが完璧に結実した、非の打ち所のないゲーム機。自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。Android・Windows・iPod nanoなどでも一度ペアリングすればスムーズに切り替えできる懐の広さ。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良い。とても高い完成度。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。