Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

attracted

 『君の名は。』を観てきました。まあ感想記事を既に上げてますけど。

 普段なら「ひとりごと」の方で軽く触れてからがっつりレビューするのですが、

 あの作品に関しては何を書いてもネタバレになるし、ネタバレを避けてそれとなく感想を書くのが億劫だったので、最初から全力で書きました。

 なので特にこの記事で触れることはないのですが、めっちゃ面白い作品なのでぜひ観に行ってください。

 とはいえまだまだ語りたいことがあるので、たぶん今後の記事でちょこちょこ君の名の話は書き足していくと思います。その時はネタバレ含むのでその話題ごと読み飛ばすかさっさと観に行ってください。

 しかしやっぱこういう話をするのに関してTwitterは不向きすぎますね。

——————–

 Appleのイベントありましたねー!

 正直ノーマークだったのですが、思ったよりいろいろびっくりしました。

 今年も相変わらず、冷静に考えると他社の後追いしかしていないわけですが、

 しかしそれをApple風に表現するだけでなんかすごい斬新に見える。

 スマートフォンもスマートウォッチも防水は別に珍しくないはずなのに。

 

 そして、ガラケー時代から防水機種を買ってお風呂に持ち込み続けている私としては、

 「防水とおサイフケータイがないからiPhoneは選択肢に入らないわー」と言っていたのですが、

 その両方に対応したなら、ぶっちゃけ、欲しい

 

 あと、Pokémon GOやmiitomoなど、任天堂がゲームアプリを配信し始めたことで、スマホでゲームをやる機会が増えてきたのですが、

 そうなると、ミドルスペックのAndroid端末ではちょっと不満を感じるようになってきたんですよね……。

 ミリマスは、ブラウザゲーだから大してスペック使わないし、それ以前にSurfaceのブラウザでもアクセスできるから、別に良かったんですが。

 特にPokémon GOが重い。miitomoはもうやってないから別にいいけど、どう森とかはたぶんまた処理重くなるだろうし……マリオランも(Androidに来たとしても)処理落ちしそうだし……。

 と、「何だかんだ、ハイスペックスマホ、いいなあ」と思いつつ、かといってGalaxyやXperiaが欲しいとも思わず、

 一応SurfaceとXbox OneとMicrosoft Bandを所持するMicrosoft信者ではあるのですが、さすがにLumiaを輸入して使うとかいう罰ゲームをするほどの愛着もなく……。

 そんな中でのiPhone 7、これはちょっと惹かれます。

 なんだかんだ言っても日本で使うには日本向けサポートが充実していた方がいいに決まっているし、その点に関してMicrosoftはやっぱりクソすぎる。Surfaceはまあ割と頑張っている方ではありますが。

 Microsoft Band 2も、日本語表示だけはできるようになったのでそれなりに満足してはいるのですが、しかし「アメリカではスタバでの支払いにも対応している」とかいう話を聞くと絶望してしまうわけで。

 こんな人生いややー!来世はアメリカかカナダのイケメン男子にしてくださーい!って感じです。

 

 ところでMicrosoftさんの方は、今年は10月20日に新イベントを開き、iMacのような据え置きSurfaceを出すとの噂が流れています。

 さすがにその一製品だけってことはないと思うのですが、他に何を発表するのか。

 やはり一番盛り上がるのは発表会に宮本さんを呼んでPokemon GOとマリオランのWindows版を発表でしょうが、他に何があるのか。Surface Phoneかなあ。

 Microsoft Band 3がいい感じにカッコよくて魅力的だったら、11月に旅行先で買っちゃおうかなと思ったりしています。どうせ日本では発売しないでしょうしね!!

 Apple Watch 2が防水対応にGPS内蔵に……と、もうMicrosoft Bandの勝ってるところが価格と対応OSしかないわけで、何とか頑張ってほしいところ。あとデザインをもう少し良い感じに……。

——————–

 私が根本的に、気を抜くとすごく思い出とか記録とかに拘りたくなっちゃう性格なので、

 「別にこういうことで意地張らなくてもいいのでは」ということに関して、目的と手段が逆になっていたらさっと捨てよう、というのは常に意識していて、

 例えばブログの毎日更新とかも、楽しいときは楽しいんですけど、そのせいでブログを書くのが楽しくなくなってたらパッと止める、とか。

 そういうわけで、なんと8年も京セラ製の携帯を使い続けている私ですが、それに拘る必要がないなら拘らなくてもいいのかな、とも思っています。

 

 iPhoneにしろmacbookにしろ、何となく「あれに乗るのは安直すぎてなあ」という気がしなくもないのですが、

 別にわざわざiPhoneを避けていたという意識もなくて。

 iPod nanoはずっとお世話になっているプロダクトですし、Appleが嫌いというわけではありません。

 やっぱカッコいいですよね。Androidスマホは、カッコいいなーと思う端末が少ない。好みではありますが。

 どうせAndroidスマホの時点である程度ダサいから、それなら割り切ってDIGNO rafreとかいう女性向けスマホで可愛い感じにしたのですが……でもiPhoneはやっぱいいなあ。

 PCに関してはSurfaceのカッコよさはmacbookに匹敵するか超えてると思います。何だかんだ言っても、今の私にとってスマホとPCは一番長く接するモノなので、見た目とか満足感って大事だなと。

——————–

 ところで大学始まったのですが、最近、Surfaceを持ち歩くときはたいていスタバとかタリーズとか会社とか、とにかくコンセントに繋げる場所ばっかりだったので忘れていたことがあって、

 Surface Pro 4、死ぬほど電池持たないですね。

 授業2時間受けたらだいたい半分以上持ってかれてる。午後まで耐えきれない。ちょっと辛い。

 なのでSurface用にも使えるモバイルバッテリーを買うかどうか検討中。です。

 

 これとか割と良さそう。ただやっぱり高いですねー。妥当っちゃ妥当なのですが、ただ気になるのは、アメリカではもっと安く売られているということ。

 しかし日本への発送に対応していない……!悔しい。

 あれか、もしかして海外旅行中にホテル受取にして持ち帰ってくれば行ける……の?

 ちょっといろいろ考えよう。

 っていうか理想はMicrosoftが10月の発表会でパワーカバーを復活させることなのですが。

——————–

 そういえば誕生日プレゼントは来ませんでした。知ってた。

 ……というか、冷静に考えてブログやってる知らない人にお金払ってプレゼント贈るって、どういう発想で行われるのだろう。

 私だったら……うーん。ちょっと考えつかない。どんなに面白いブログ書いてる人でも、何かあげようとは思わないだろうなあ。クラウドファンディング的な見返りがあるならまだしも。

 考えてみれば、このブログ、私が楽しめる内容であることを第一にやってるわけで、私に近い感覚の人が読んでいると考えるのが自然で、私に近い感覚の人は知らないやつへのプレゼントにお金出したりしないよね、という……。

 でもプレゼントは一年中歓迎です!

 http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/JR8OVNMQCP5N/ref=cm_sw_r_tw_ws_x_clO0xbA9EQ2MG

——————–

 そういえば、映画レビュー記事が増えてきたことで、「おすすめレビュー」と「メディア・カルチャー」の境界線がだいぶ曖昧になってきたような気がしますが、

 一応私の基準としては、「その記事を読み終わった後に手に入れたくなる商品があるかどうか」というところです。

 なので映画もレビュー。ライブは……微妙。場合による。

 なんかこのへん明確に分けない方が良い気もしますが、まあ、適当です。適当。

 どちらかというとレビュー記事の中に「レビュー」と「感想」を作った方がいい気がしてきた。Microsoft Bandの関連記事に君の名は出されても困るしな。

 そのうちやります。

 具体的には、今月中にブログのアップデートする予定なので、その時に……。

 といいつつ今月中に終わるかどうかわかりません。もしかしたら来月にずれ込むかも……。やることが少なそうで多い。ニコニコまで再開しちゃったしな……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

person Profile

    Stories

  • ボンバーマン記事がSurface記事よりアクセス数で上回ってるー珍しい。どうやらTwitterで少しだけ拡散されたことは知りましたが。追記しとこうかな。

    (2018.08.15 20:02)
  • 1つのコメントや引用ツイートで全否定されてる気分になったり全肯定されてる気分になったりするのだから、コメントすることってやっぱり大事だな……。自分ではどうしてもそういうことが苦手だけど、有名人にリプライしたりするの、ちゃんとやらなきゃいけない気がしてきた。もちろん相手を人間だと思っていない失礼なリプライ送る人は全員ブロックされて然るべきだと思うけれど。

    (2018.08.15 14:57)

About

    Favorite Item List

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。