Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

2016 #上半期を振り返る

 そういえば去年もやりましたし。

 去年→#上半期を振り返る

 というわけで書いていきますけど、さて、どういう話をするか。

 せっかく毎月8回も更新しているブログなのに、わざわざイチから書き直すのもおかしな話。ということで、

 このブログにおける各月の代表作記事を貼って、それを見ながら総括したいと思います。

 1月:同窓会と成人式と伏線回収

 まあ、これに尽きる。昨年の下半期にあったプライベートのゴタゴタの総決算みたいな感じで、たぶん一番テンションが低かった。

 

 2月:「DEEPER」は悪くないけど、最近のヒトリエはなんか違うと思う

 ヒトリエファンに喧嘩を売ったお話。あと、米津さんの『音楽隊』も行った。

 このあたりから自分とブログの付き合い方についてちょっと考えることが増えたような気が、しなくもない。独自ドメイン取ったのもたぶんこのへん。

 

 3月:セーフティネット

 ぶっちゃけそんなに目立つ記事がなかった。まあ強いて言えば……。

 スタバに通い詰めてひたすらWordpressサイトを作っていた月でした。しんどかったけど何だかんだ楽しかった。

 

 4月:ミリマスのCD投票に思う、”志保の在り方を肯定する”ということ

 このあたりからブログがおかしくなった。レビュー記事が多すぎる。

 4月に入ってリリスクにドハマリしたのが割と大きいイベント……と言えるかも。私がアイドルにハマる日が来るとは……って、ぶっちゃけCD買ったのと映画観に行った以外は無銭イベ回りしてるだけなんで、ハマったというほどでもないんですけど。

 リリスク映画の話は近いうちにしようと思いながらもう上映終了しそうなんで、サマーファンデーションが発売された時にまとめて触れようかなーと考えています。

 ミリマスの方は、あの記事書いた直後の大型アップデート以降猛烈にモチベが下がってはいますが、まあ、一応続けてます。一応。でも別に拘りもないので誰か私のデッキ買ってくれませんか(規約違反)。

 

 5月:Splatoonの1周年に寄せて(1) その魅力と中毒性の理由を考える

 ズートピアとも迷ったけど、まあ、一番はこの超大作記事ですよね。

 なぜSplatoonは30000字語れるのに期末レポートはたった3000字で苦戦してしまうのか。ついさっきSplatoonのラストフェスが発表されてクソ落ち込んでます。辛い。

 5月の個人的エピソードと言えばやっぱりお引越しでしょうか。お引越しというか、一人暮らし体験みたいな。結局1か月半しかいなかったわけですが。

 大学に近いとかのメリットは享受したけど、一方で掃除・洗濯・食事の圧倒的な面倒臭さ、積み重なるコスト、そしてSplatoonができないことなどのデメリットも痛感したので、まあとりあえずは自宅通いでもいいのかな……という感じ。来学期は全休増やして対応しようかと。

 強いて言えば終電を気にせず友人と飲めることが一番ありがたかった。

 まあ、そもそも週末だけ自宅に帰ってたせいであわただしさが尋常じゃなかったので、どうせなら4年になった時に正式に大学近くに住む方がいい、気もする。

 

 6月:if I can / if I do

 昨日書いた記事なのでもう内容完全に覚えてるんですけど、それはそれとして、

 改めて見たら今月レビュー記事1個しかないんですね。ちょっとびっくりした。

 ……というか、リリスク映画とかSurfaceドックとかのレビューを完全に放棄してるだけなんですけど。

 ちょっと4~5月にかけてレビュー記事書きすぎた反動で、普通の、自分しか楽しめないような記事を書きたくて仕方なくなった。みたいな感じです。

 あと、5~6月は仕事が死ぬほど忙しかった。いろいろ合わせると月80時間は働いてたと思う。そこに中間レポート・期末レポートだったりお引越しだったりいろいろ合わさって、本当に時間に追われてた感じ。

 Microsoft Band 2のレビュー記事にあそこまで時間かかったのも、時間が全然取れなかったのが大きい。

 そんな合間を縫って書いた記事なのでみなさんMS Band2買いましょうね。今amazon.ukで買うとお得なんじゃないでしょうか。なぜか知らないけど円高ですからね。

——————–

 上半期、いろいろやったようで実はあっという間に過ぎて行って、全然何もできないまま終わってしまった感じがとても強くて。

 夏休みを使っていろいろ頑張ろうと、頑張りたいなと、そういう気分でいます。

 

 そしてブログについて。やるやる詐欺になりかけているお引越しですが、これも何とかこの夏に。というか、7月中に。できたらいいなと思っています。お仕事の納期が2つくらい7月に被っているんで、やや不安ではありますが……。

 今回のデザインに関するコンセプトはだいたい固まってきていて、

 1.記事一覧は、「ひとりごと」的な記事と、「レビュー・感想」記事のどちらに当てはまるのかが一目でわかるような形で同居させる。

 2.完全なレスポンシブデザイン。「PC/スマホ」という2種類のデザインではなく、画面の大きさに応じてどんどん変わっていくデザイン。

 このあたりの仕様を盛り込んだものにしようと考えています。できればこのブログで定期的に進捗を公開していきたいです。

 

 そしてもう1つ、今考えていることが、Twitterとの付き合い方で。

 私のTwitterを見ている方はおわかりかと思いますが、その、最近、政治的な話題ばっかりしているんですよ。私。

 それでたまにRTで回されたり、そこに突っ込みが入ったり、やり取りをしたり、しているわけですけど、これがもう本当に不毛で

 ストレスが溜まるだけで、百害あって一利なしだなあと。

 で、最近のTwitterがどんどん息苦しくなっていく感じ、他人の炎上を楽しめるクソ野郎のためのツールにどんどん舵を切っている感じが、私には合わないなあと。

 Twitter公式アプリのニュースタブ、平気ではちまとか保守速報のツイートが載ってますからね。話題性さえあれば何でもいいのかと。

 そして同時に、Twitterに自分の考え・意見・感想・出来事をお��
�軽に投稿してしまうことで、ブログに載らない情報が増えていくわけですが、

 ブログと違ってTwitterはアーカイブ性が低いので、おそらくその情報は二度と見ることができないように埋もれてしまう。

 Twitter自体がそういうリアルタイムに重点を置いたツールであるので、それ自体が間違っているとは言えないけれど、

 例えば、Twitterを始める前の私のことは、このブログを見ればだいたいわかるけど、今のブログを数年後に見た時に、大学生の時の私の全てがここに残っているのか。残せているのか。

 

 そういうことを考えていくと、今Twitterに書いているようなことをブログに集約できないか、という話になるわけで。

 つまり、ブログの中に「ミニブログ」を埋め込んで、100字程度の記事を一日に何個も上げていく形にできないか。

 その方が自分にとって良いのではないか。精神衛生上

 

 Wordpressによってブログでできることが大きく広がるはずなので、そのあたりも模索していきたいと思います。7月のお引越し時点で、そこまで到達するかは、微妙ですが……。

 というわけで、ブログのお引越しを、お楽しみに。URLはoswdiary.netです。

 

 ……地味に一番の課題が、過去記事をどうお引越しするかだったり。サイト内リンクとか画像とか全部リンク切れするわけで……悩み中。なぜ私はJUGEMで何年もブログを続けてしまったのか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

person Profile

    Stories

  • ボンバーマン記事がSurface記事よりアクセス数で上回ってるー珍しい。どうやらTwitterで少しだけ拡散されたことは知りましたが。追記しとこうかな。

    (2018.08.15 20:02)
  • 1つのコメントや引用ツイートで全否定されてる気分になったり全肯定されてる気分になったりするのだから、コメントすることってやっぱり大事だな……。自分ではどうしてもそういうことが苦手だけど、有名人にリプライしたりするの、ちゃんとやらなきゃいけない気がしてきた。もちろん相手を人間だと思っていない失礼なリプライ送る人は全員ブロックされて然るべきだと思うけれど。

    (2018.08.15 14:57)

About

    Favorite Item List

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。