Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

エンタメに囲まれる

 まずは更新が空きすぎたことをお詫びしなくては……すみません。

 お仕事とか期末試験シーズンとかでバタバタしてて、さらにMicrosoft Bandのレビュー記事が死ぬほど時間かかりました。写真多かったし。

 やっぱり当たり前だけど字数の多い記事は時間かかりますね。特にああいうまじめな記事だと尚更。

 ちょっと今月8回更新が壮絶に危なっかしいことになっていますが、まあ、頑張ります……はい。

 

 ちなみにMSBandの話に一応補足しておくと、素晴らしいデバイスではあるのですが正直今買うならBand3発表まで待った方がいいような気がしなくもなく……。

 Surfaceとか見ると、Band3で一気にデザインが変わってカッコよくなる可能性があるんですよね。

 Hololensなんかまさにそうですが、Microsoft製品は未来を買ってるみたいなところがあって、100%磨き上げたものを出すよりも、まず消費者に届けて、フィードバックをもらう、みたいな。Windows10はもっとわかりやすいですよね。

 その点、Apple Watchは割と完成されてる感じがするので、まあ、iPhoneユーザーはApple Watch買うといいんじゃないでしょうか。正直ちょっと憧れますよApple Watch。

 なんかMicrosoftがガチのスマートウォッチ出すとかいう噂もありましたが、どうなるんでしょうね。Windows10 IoTとかいうのもあるわけだから、Windowsアプリが動くスマートウォッチは開発してそうな気もしますが……。

——————–

 先週更新サボってる間に、E3がありましたね。世界最大のゲームイベント。

 Microsoftの発表が一番の話題を集めたそうで。だいたい観てたけど実際よかったです。っていうかXbox One Sかっこよくないですか?

 

 価格も$299とめっちゃ攻めた設定だし、正直うらやましいです。さすがに乗り換えたりはしないけど……。でも4K映像対応とかは普通に良いなあ。小さくて取り回しやすいし、数年後にBDプレイヤーとして買っても良さそうです。この価格とサイズなら、ちょっとリッチなChromecast / FireTV競合として戦えるのでは?

 それはそれとしてゲームの方はといえば、まあ、何といえばいいんでしょう、めっちゃ暇だったらやってみたいゲームはたくさんあるんだけど、そもそも今の私がそんなにゲーム熱高くないというか……。あ、スプラトゥーンはもうゲームとは別の独立したカテゴリーの趣味なので。

 ForzaとかGoWとか、そりゃ面白そうではあるけど、あのリッチなゲームを遊ぶ気力が今の私にはなさそうという……。あ、でも、レア社のSea of thievesとか、あとインディーズのCupheadとかは面白そうですよね。

 あ、あと、Halo6かSunset Overdrive2が出てジャイロ操作に対応したら買いたいです。私はもうジャイロ操作のない3Dゲームができない身体になってしまったの……。

 

 Xbox次世代機「Project Scorpio」に関しても、まあ楽しみではありますが、詳細待ち。ところで、Xboxの担当者が「現世代機のスペックではVRを完全に楽しめない」と発言してたらしく、果たしてPSVRは大丈夫なのかという疑問が……。

 なんでしょうね、PSVRは対応ゲームたくさん用意して頑張ってる感はあるし、VR元年と言われてもう5年くらい経った気がするVRがようやく一般家庭に普及し始めるんだねと思うのですが、

 それだけに、安売りしすぎた結果、一般の人に「なんだVRってこんなもんか、思ってたよりしょぼいな」って思われるようなことにならなければいいなあと……。私自身は去年あたりにOculus一度だけ体験して感動したので、あのクラスの体験ができるならPSVR良さそうなんですけどね。

——————–

 一方、任天堂のE3。意外と発表内容多くて良かった、というか、あれなら無理してDigital Eventやった方がよかったんじゃないの……?という気も……。

 一昨年にDigital Event好評だったからって、昨年は新たに発表できるタイトルないのに無駄に引き延ばしてみたり、それが叩かれたからって今年はDigital Event自体やめてみたり、いろいろと極端すぎる気がします。

 でもゼルダの伝説最新作の映像は素晴らしいですね。素晴らしい。

 

 ひたすら美しい。発売時期の忙しさにもよるけど、やってみたいなあ……。

 ついでにあれを見て妙にゼルダシリーズやりたくなった結果、トワイライトプリンセスHDを買ってみました。あのタイミングでDL版のセールしてくるAmazonずるい。

 まあ、せっかくならAmiiboとサントラがついてくるSPECIAL EDITIONでもいいのかなあ……と迷いましたが、悩んでいるうちにどっちも買わないまま終わりそうな気もしたので、初期投資が低い方に突っ込むことにしました。やってみて超ハマったらサントラ買います。

 来週から夏休みなのでガッツリやりたいです。と言いつつ、ガッツリスプラトゥーンやって後回しになりそうな気がしなくもないけど……。

 あ、スプラトゥーンのこの前のフェスはキノコ派にしました。結構勝率よくて珍しくフェスパワー1700まで行きましたが、結果は負けちゃいましたねー。あそこまで大差がつくとは……。

 ガチマッチの方も頑張ってるのですが、なかなかS+行けないです。90くらいまでは行ったのですが……。結局40前後で安定してしまってて辛い。

——————–

 ところで先週の『水曜日のダウンタウン』2時間SP観ましたか??

 超よかったです。ここ数年のテレビの中でも傑作というか、最初から最後まで面白くて、全体を通した伏線まで張ってあって……あれをリアルタイムで見れたことが幸せでした。

 まだ観てない?それは良くない。あんまり言いたくないけどYouTubeに上がってるので全部観ましょう。

 何でしょうね、『水曜日のダウンタウン』の、過去に使ったネタを何度も掘り返して来たり、わかる人にだけわかるようなコアなネタを仕込んで来たり……と、

 「知らずに観ても面白いけど、知って観るとさらに面白い」というのは、

 コンテンツが供給過多になっていて、あらゆるメディアが余暇時間の奪い合いをしている現代で生き残っていくための最適解なんだろうなと。

 

 スプラトゥーンだって、きのこたけのこフェスはゲームやってない人も盛り上がれたと思いますけど、でも実際にプレイしている方がもっと楽しいに決まってるし。

 そういう、広さと深さを両立したものがやっぱり理想だなと。まあ理想は理想であって、そんなものは滅多に出てこれないと思いますが。

——————–

 水曜日のダウンタウンはスマホのワンセグで観てましたが、

 一人暮らししてるとYouTubeをめっちゃ観るようになりますね。テレビもないし。

 昔の番組観まくってます。それこそ水曜日のダウンタウンと同じプロデューサーのタレント名鑑とか。あれ、よく地上波でゴールデンでやってましたね……。当時全然観てなかったのが悔やまれる。

 あと、こっちは公式配信だけど『ゴッドタン』『ご本、出しときますね?』とか。プロデューサー単位で作品を探すと外れがなくて非常に良いです。いや、同じPでも『ウレロ☆無限大少女』の後半はちょっとマンネリ感あったけど……。

 しかし、『ゴッドタン』『水曜日のダウンタウン』が好きっていうと、すごいお笑い通ぶってるサブカル気取りっぽさが出てなんか嫌ですね。面白いんだけどなー。

 

 YouTubeに話を戻すと、久々に島田紳助の出てた頃のバラエティとか観ると面白いです。さんまと紳助の27時間テレビのトークとかめちゃ面白いですよ。2時間くらい中身のない会話してるのに全然飽きない。

 

 まあ今帰ってきてほしいかというと微妙なところではありますが。別に芸能界の中心にいなくてもいいけど、それこそAbemaTVとかニコ生とかで週1くらいの番組やってほしい。何ならラジオでもいい。ちょっと観たくなる。

 しかしそんな話を母親としてたらうちの小6の弟が「紳助って誰?」って反応でした。そうか。今の小学生はヘキサゴンの全盛期を知らないのか……。いや、知らなくても別にいいけど。

 

 思い出補正というのは恐ろしいもので、当時めちゃくちゃに叩かれてたものも、それを面白がっていた小学生が大人になってSNSの中心に来ると途端に素晴らしい作品のようになっていくんですよね。あれだけ嫌われてた『はねるのトびら』とか「俺らの青春」みたいになってますし。だからキングコングが復活する日も近い……いや近くない。

 でもそれこそつい最近やってた『お試しかっ!復活SP』なんかはまさにそれですよね。久々に観ると何でも面白い。FF12リメイクが大盛り上がりしてたのとかもそうだし、たぶん今ならDQ9リメイク発表されても大興奮だと思われます。

 まあ私はDQ9の通信プレイは元カノと遊んだ思い出が蘇って辛すぎてあんまりよい思い出がないのですが……。

 

 あ、あと、このブログの最初期の方の記事を見ると、中学生の頃の私がヘキサゴンにドハマリしてベストアルバムまで買った話が出てくると思いますが、

 私の中では黒歴史すぎてYahoo! IDの秘密の質問で『初めて買ったアルバムは?』の答えを『アンハッピーリフレイン』にしているくらいに封印しているので触れないでください。

タグ:

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


person Profile

    Stories

  • Likeボタンが機能してるの久々に見た。何が琴線に触れたのか知らないけどありがたいです。Sarahahも初めて感想頂きました。 (2018.05.21 19:11)

About

    Favorite Item List

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』著者・鴨志田一さんの新作シリーズ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。個人的には2巻のプチデビル後輩が特にお気に入り。物語がクライマックスに差し掛かってきた今から読み始めると贅沢に楽しめます。

  • Nintendo Switch

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

    カタチを変えて、どこへでも。任天堂が長年追求してきたコンセプトが完璧に結実した、非の打ち所のないゲーム機。自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。Android・Windows・iPod nanoなどでも一度ペアリングすればスムーズに切り替えできる懐の広さ。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良い。とても高い完成度。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。