Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

GW振り返り

 気づいたらGWが終わっていた。切ない。

 3-3-2という分割のされ方、適度に休めてラッキーとか思ってたけど、冷静に考えると大型連休感ゼロで全然嬉しくなかったような気がします。というか、平日の前日って次の日早起きしないといけないから実質そんなに休み感ないよね。あと先週の金曜に授業あったせいもありますが。

 この連休中なにをしてたかと言われると……まあ割と仕事してた気がします。と言っても10時間くらいですが。

 あとは……大型商業施設にばっかり行ってた気がします。ららぽーととか。

 イオンモール幕張に初めて行ったんですけど、端から端まで往復するだけでもう立派な運動でした。足が痛い。

——————–

 先週土曜、ららぽーと柏の葉にLyrical Schoolのリリイベを観に行きました。いや、リリイベ行くの既に2回目なんですが。割と家から近いし、暇だし、行ってみるかーみたいな。2部制の2部とも参加しました。フリーライブだけですが。

 リリスクにハマったきっかけでもあり一番大好きな『ワンダーグラウンド』をついに生で観られて歓喜。最初は最前列のオタからちょっと距離を置いて遠目で観てたのですが、ワンダーグラウンドが始まった瞬間に我慢できずに真ん前まで行きました。いやー最高だった。この前の記事でも書きましたが、リリスクはライブで観てこそって感じです。

 ただ……Twitterでも呟いたのですが、やっぱりオタ芸とかコールとかはどうしても好きになれなくて。

 コールの中でも、イントロや間奏に入れるとか、あとは合いの手とかなら相互のコミュニケーションっぽくて良いし、曲の時点で用意されてるポイントに入れるのはありだと思うんですが。(brand new dayとか、アイマスで言えばHappy Darlingとか)

 思いっきり歌に被さるコールは、正直、邪魔ですよね。オタクの野太いコールを聴くためにライブに行ってるんじゃないのですよ私は。

 まして、ららぽーとで行うようなリリース記念のフリーライブって、基本的にはファンを増やすためのものなわけで、そこに古参オタクが取り巻きみたいにステージを取り囲んで、一般のお客さんから見えにくくなり、複雑なコールでハードルを上げる、というのは、むしろアイドルにとってマイナスなのでは……と思ってしまいます。

 ……まあアイドル(事務所)側も別にそれでファンを増やそうとかは思ってなくてメインはその後の握手会とチェキ会での荒稼ぎなんでしょうけどね!知ってる!

 リリスク自体は好きなんですけどね……、前奏以外コール禁止のライブとかやってくれないかなあ……。

——————–

 そういえばアイマスの3rdライブ記念イベント走りました。無課金で。

 Screenshot_2016-05-02-16-23-32 Screenshot_2016-05-02-15-08-47
 明らかにオーバーランしてしまった。でもこのポイントでも志保や百合子を狙ってたら足りなかったので、育ちゃんを狙ったのは妥当だったかなと。

 Screenshot_2016-04-24-22-34-45 Screenshot_2016-05-01-01-04-21
 アイテムも一気に減りました。

 ただしかしこれ終わった後に始まった新シリーズがつまらなさすぎてちょっと引退を考えたりもする。

 全体的に改悪なのはプレイヤーなら知ってるしプレイヤーじゃなければ興味ないと思うのでわざわざ触れませんが、個人的には新シリーズのコンセプトが「50人全員のレベルを上げていってね」みたいな仕様になってるのも微妙でして、未だに亜美と真美の区別がつかないレベルで偏ったプロデュースをしている私としては正直やる気が出ない……。

——————–

 そして『ズートピア』観てきました。超面白かったです。既にTwitterで感想言いまくってますが。

 テーマ性とかの考察は後日別記事で上げるつもりなので今は省きますが、ストーリーも素晴らしかった。『シュガーラッシュ』でも思いましたが、伏線回収とかそういうレベルじゃなくて、無駄な要素が1つもなくて、全てのシーンに意味があって、テーマが一貫している。

 フィクションだから、アニメだからこそ作れる、必要性だけで構成された世界。最高です。ぜひ観に行ってください。

 最後の展開はシュガーラッシュやアナ雪に比べると割と予想しやすかったりもしますが、そこに辿り着くプロセスが見事すぎるので。そこで安易に裏切らないところもまた、良い。

 あとジュディ可愛いですね。可愛い。”ズートピアはいいぞ”とか”ジュディがエロい”とか、その感想に終始しちゃうのは人として終わってると思いますが、しかしこの感想にたどり着く気持ちもよくわかります。可愛い。

——————–

 そういえばSurfaceに差すmicro SDカードを買いました。

 

 元々Surfaceの256GBという容量が微妙に少ない感じがしていて、特に動画編集用の素材などが結構重いので。いや、足りないわけではなくて、ギリギリ回ってるんだけど、ちょっと余裕がない、みたいな。

 で、よく考えたらSurfaceってmicroSDスロットあるんだから、ここをDドライブにしちゃって、音楽とか画像とかの、別に出し入れもしないしCドライブにある必要のないデータを入れておけばいいんじゃないかなと。

 Windows10だと「ミュージック」「ピクチャ」みたいなフォルダの場所だけ変えるのもかなり楽で、20GBくらい空けることができました。オススメです。

 128GBとも迷ったのですが、さすがに「ちょっと増やしたいなー」程度の追加投資に5000円は躊躇われたので、64GBにしました。これでもiPhoneの最高級モデルと同等って考えれば、動画・音楽・写真を溜め込むのには何の問題もないですよね。

——————–

 あ、あと、一人暮らしを始めました。

 一人暮らしというか半分シェアハウス……みたいなことを前に言ったかなと思うのですが、そこに入りました。

 どうしようかなと躊躇いつつも、GWを逃したらこのままズルズル先延ばしになりそうだったので。

 まあ、入居した初日の印象としては、割と後悔してます

 今のところ挨拶以外で住人の誰とも会話してないんで、それでシェアハウスの何を語るのかって感じはあるんですけど、そもそも初日で会話できてないというか住人の目を避けてる時点で割とどうしようもないというか……だいぶ気が重い。

 一応、こういう場所というか物件を選んだ理由が、どうせ通えないこともない家を出るなら、単なる一人暮らしじゃなくて新しい交友の輪を広げるきっかけにしたい、ということだったのですが、

 そもそもコミュ障なのできっかけがあっても交友の輪なんか広がらねえよっていう当たり前の事実。

 やっぱり居心地悪いというか、それ以前の問題で、元あったコミュニティに新規に入っていくのが死ぬほど苦手だっていうことを忘れてました。許してください。

 まあ、ただ、私も一応20年生きてきてるとだいたい自分の性格と自分の人生の傾向を把握しつつあって、

 第一印象で嫌だと思ったもの、辞めたくて仕方がないと思ったもの、例えば留学とか、あと幼稚園と小学校と中学校なんかは、ちょっと我慢してたら意外と楽しかったし、

 逆に、第一印象で希望を持って入ったもの、例えば大学のサークルとか高校のテニス部とかは速攻で辞めたし、

 まあ、もう少し我慢しようと思います。高い入居料も払ったし。

 とりあえず今学期中は様子見です。とりあえずここから学期末までの2ヶ月は、通学時間が減るメリットだけでも享受することにして、

 6月に入っても居心地の悪さが変わらなかったら、6月末でやっぱり退去しようかなと。シェアハウスだから埋没費用も少ないですし、7月に入ると大学ないからこっちで暮らすメリット薄いですしね……。

 

 なんか暗くなってしまった。いや実際暗いんですが、とりあえず今日はこのへんで。眠いし。

 とりあえずブログを書く時間は増えると思います。たぶんね。

タグ:

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


person Profile

    Stories

  • Likeボタンが機能してるの久々に見た。何が琴線に触れたのか知らないけどありがたいです。Sarahahも初めて感想頂きました。 (2018.05.21 19:11)

About

    Favorite Item List

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。Android・Windows・iPod nanoなどでも一度ペアリングすればスムーズに切り替えできる懐の広さ。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良い。とても高い完成度。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』著者・鴨志田一さんの新作シリーズ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。個人的には2巻のプチデビル後輩が特にお気に入り。物語がクライマックスに差し掛かってきた今から読み始めると贅沢に楽しめます。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Nintendo Switch

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

    カタチを変えて、どこへでも。任天堂が長年追求してきたコンセプトが完璧に結実した、非の打ち所のないゲーム機。自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事