Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

ポジショニング

 いつの間にか3月になった、って2月にも同じこと言った気がする。

 ついさっき年が明けたばっかりのような気さえしますが、もう6分の1はとっくに終わっている。恐ろしい話です。

 そして最もヤバいのはお仕事です。「3月中に終わらせます」って適当に安請け合いした仕事が2つくらいあるんですけど、いつの間にか3月です。焦る。

 春休みどうせ暇だろうし……と思ってたのですがなぜか旅行の予定が入ったり他にもいろいろだったり、あと何だかんだスプラトゥーンがまだまだ楽しすぎたりして全然暇になる気配がない。

 あと単純に最近、仕事に対するモチベが低い。いや何を甘えたことをって感じではあるんですが、先月とかは割と楽しく仕事できてたのが、最近はできるだけ後回しにしたくなる、みたいな……。

 そしてそんなふわふわした感じで仕事してたらメールの送り先の相手の名前を間違えるというビジネスで絶対に許されないミスを犯して死にたくなった。送り先を、じゃなくて内容は合ってるのに名前だけ間違えるという一番アレなやつ。

 

 楽しいことがしたい。せっかくの大学の春休み、しかも来年は就活解禁してるからこれがラストチャンスかもしれないわけで、今しかできないことをしたいのに、なんでこうフリーランスみたいなことになってるのか……。

 結局一人暮らしとかもずるずると先延ばしになったまま4月を迎えてしまいそうな気しかしません。辛い。でもこれに関しては金銭的な問題もあるから簡単に動けない……。

——————–

 Nintendo Direct がありましたね。もともとE3前だしNX発表前だしで期待のハードルが低かったので、その割にはカービィ新作とかペパマリ新作とか新情報多くて結構楽しめました。

 まあWiiUソフト足りなさすぎ問題は相変わらずですが……それでも今冬の絶望的な感じからは多少抜けたような気がしないでもない。気のせいかも。

 Splatoonアプデ継続は嬉しい。嬉しいけど、ここまで無料アプデを続けるのは任天堂的にどうなんだろうという気がするし、そろそろスプラトゥーン制作陣にもっとお金を落としたいという気分になってきたので有料DLCでも全然よかった。っていうかシオカラーズAmiibo出そう? 出せば出すだけ売れると思う。

 あとは、アプデ内容そのものに不満はないのですが、そろそろブキのバランス再調整してほしいなあと。Rブラスターエリートを相変わらず愛用しているというか基本それとデコしか使ってないんですけど、間違いなく弱い部類なのでどうにかしてほしいです。

 威力は仕方ないにしても、インク効率か連射力かどちらかだけでもラピブラ含めて改善してほしい……。RエリートでSランク維持してるのそれなりに頑張ってる方なんじゃないかという気がしています。

 

 あとNew3DSにスーファミVCは最高ですね。任天堂よくやった。「New専用とか死ね」みたいなコメントめっちゃついてたけど、発売直後に旧3DSから買い替えたのに今まで専用ソフトが1本しかなかったNew3DSユーザーの身にもなっていただきたい。スマブラの起動時間を除くとガルモにイカAmiiboかざしたことしか恩恵受けた記憶がない。

 とりあえずスーパードンキーは買いました。2と3も来たら即買います。

 ドンキー1、「なんだかんだ小学生だったから苦戦しただけで、リターンズ200%にした今の私にとっては余裕でしょ」と思ったのですがしっかりマインカートコースターで落ちました。あのゲームやっぱ難易度高いでしょ……。あとボーナスステージが全部見つかる気がしない。

 それでもリターンズ以降よりは難易度低い気がします。まあ雪ステージというトラウマがまだ待っているんですけど……。

 他には……MOTHER2は悩み中だけど、WiiUでやってからそんなに時間経ってないし今回はいいかなー。もう少し忘れたころにやりたい。

 今後のラインナップで発表されている限りではそんなに欲しいものはない感じ。本当はスーパーボンバーマン来てほしいけど、WiiでもWiiUでも来てないしどうなんでしょう。

 あとやっぱりシムシティですよシムシティ。SFC版はBGMも神がかってるし、あれを外出先でできたら幸せすぎる……。

 

 ところでWiiU品薄問題に全く触れなかったけどあれ本当にただの品薄だったんですかね。一応値下げ期待してるんですけどやっぱないのかな……。

 SFCVCがNew3DSにも来ちゃったことで、WiiUを買い直す理由がまた1つ減ったんですけど、実際どうしようかなあ……という感じです。Splatoonができるメリットだけで3.5万円……出せないこともなさそうなのがまた。アプデ続くならなおさらね。

——————–

 ヒトリエ記事その補足について。何度も言いますけどあんなバズり方するとは全く思ってなかった。好き勝手書いたらあんな感じになったのでとても動揺した。

 ただ、なんというか……このブログで、というかブログに限った話でもないですけど、

 私がやりたいことって「他の人と違う視点を提供すること」であって、というかそれができないなら私が生きている理由なんてそんなにないと思っているので、

 ああいう方法でそれができるのか、というのはちょっと嬉しい発見でした。まああんなの何度も書いてたら炎上商法待ったなしなんでそうそう何度もやる気はないですが。

 

 最近レビュー記事とか書くようになって思うことなのですが、

 私は基本的にプライドが高いので、自分の書いたことに突っ込まれたくないんですよね。意見のぶつかり合いという形ならいいんだけど、一方的に相手が正しいみたいな場所から殴られたくない、というか。

 だから、「書きたいことのために実際の内容を捻じ曲げてすり合わせるやり方」というか、「イメージを根拠にして論理を作り上げていく方法」というのをあんまり取りたくない。

 例えば、「日本人は残業してばっかりで生産性が低い」、というのは簡単だけど、本当に他の国ではサービス残業は存在しないのか、ということを、私は見たことがない。もし、そういう方向から間違いを指摘されたら反論できなくて悔しいので、そもそもそういう論を展開したくない。

 そんな理由で、レビュー記事とか「自分の感想の域を越えて、ブログ読者以外にアプローチする可能性のある記事」を書くときはかなり気を遣っていたのですが、そのせいで言いたいことがあっても結構な割合で言えずにいたんですよね。

 そこのもどかしさから一歩踏み出す意図をもって書いたのが今回のヒトリエ記事だったわけですが、

 今までだったら「言いたいことを全部言おう」としていたところを、「ちょっとでも正しいかどうかわからない内容があれば、それはそもそも書かない」という方法で、とにかく記事としての体裁を整える手法をとってみました。なのでいろいろ削りました。その一部はあの補足記事に載せましたが、それも一部。

 

 というわけで「論として成立させるところまで行かなかった独り言」を適当に並べておきます。

 ・メジャーデビュー以降、wowakaさん以外のメンバーが作詞作曲のプロセスに関わる割合が増えてきた、という話を、正直手放しには喜べなかった、というか今もあまり喜べない。ヒトリエ的な進化もいいけど、wowakaさんが一人で手掛けた曲もまた聴いてみたい。楽曲提供とかしてほしい。

 ・「W&W」「DEEPER」はライブ向きで、「モノクロノ」は音源向きなのかなと思う。理由は説明できないけど、モノクロノは何度も聴くたびに沁み入る感じで、W&Wは一発でカッコいいと感じる曲が多い、みたいな。フェスで盛り上がるのは後者なんでしょうけど。

 ・人それぞれ意見があると思いますが、私は楽曲の完成形は音源にあるという確信がありますし、ライブ演奏が完成形だという主張は一切理解できません。「楽曲」と「演奏」を切り離して考えずにいられないのは、DTMずっとやってたからなのかもしれませんし、耳コピアレンジとかやってたからなのかもしれません。

 ・ヒトリエの楽曲の方向性の変化は、ライブ好き・フェス好きにチューンした結果なのかなぁと思ったりします。バンドとしてファンの市場規模が大きいのはそっちだから狙いは正しいと思うけど、ボカロ時代からのファン、家に引きこもって毎日ニコニコ観てた私みたいな人種もヒトリエファンには潜在的に多かったと思うんですけどね……。

 ・で、実際ヒトリエのCD売上がメジャーデビュー当初から全く伸びる気配がない、夏フェスであれだけ活躍してもDEEPERそんなに売れてないのは、そのへんファンが出入りしてるだけなのではみたいな邪推。米津さんがdioramaからBremenで3倍くらいに売上伸ばしてるのを見ると、ヒトリエももっとうまくやれたんじゃないかなーという感じも。

 ・ヒトリエの進化に対してはそんな感じですけど、米津さんの進化の形は個人的に超ストライクでして。個人的な好きの度合いがボカロ時代はwowaka>ハチだったのが、最近はヒトリエ<米津になった気がする。どっちも大好きなんですけどね。

——————–

 言いたいことを言い終えたのですっきりした。

 ところで、これはTwitterにも書いた話ですが、

 今回の記事を書いてみて、事実があって言葉があるのではなく、言葉があって初めて事実が作られるんだなって思いました。

 私、最近のヒトリエのことこんなに嫌いだったんでしょうか。そうでもない気がするんですよね。

 あの記事を形にするために、自分がヒトリエに持っている好きと嫌いの感情のうち後者だけを引っ張り出してきたわけで、その過程で本当にヒトリエに対する嫌いが大きくなったような気がします。ヒトリエに限った話でもないのですが。

 

 「ポジショントーク」という言葉は恐ろしいもので、ポジションを前提にトークを作るのではなく、トークを作るためにポジションを決めないといけなくなる。

 「自分の言いたい内容」ではなくて、「その内容を言いたいと思う自分」を作っているのではないか。

 自分の本当に感情ってどこにあるんでしょう。それを言葉にした瞬間、それは感情から離れていってしまうのではないか。

 みたいなことをちょっと考えました。

 ポジショントークじゃないトークってどこにあるんでしょうね。

タグ:

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


person Profile

    Stories

  • Likeボタンが機能してるの久々に見た。何が琴線に触れたのか知らないけどありがたいです。Sarahahも初めて感想頂きました。 (2018.05.21 19:11)

About

    Favorite Item List

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Nintendo Switch

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

    カタチを変えて、どこへでも。任天堂が長年追求してきたコンセプトが完璧に結実した、非の打ち所のないゲーム機。自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。Android・Windows・iPod nanoなどでも一度ペアリングすればスムーズに切り替えできる懐の広さ。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良い。とても高い完成度。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』著者・鴨志田一さんの新作シリーズ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。個人的には2巻のプチデビル後輩が特にお気に入り。物語がクライマックスに差し掛かってきた今から読み始めると贅沢に楽しめます。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事