ひとりごと access_time update

ガルパンは

 気づけば冬が終わったのか終わってないのか、ともかく気持ち少しずつ暖かくなってきまして、

 完全に手袋を買い直すタイミングを逃したのですが皆様はいかがお過ごしでしょうか。手袋買いましたか?手袋もう半額とかになってて割とお得ですよ。

 ようやく今学期および今年度もあと1日。来週からはいよいよ春休みでゆっくりできる……。

 と思いきや来週水曜にレポート2本提出とかいう地獄が待っていて、そう簡単にゆっくりさせてもらえそうにありません。やばい。というか片方は参考文献2つ以上(しかも論文限定)とかいう厳しい条件がついてて全く目処が立たないのですが……。まぁ、文章を書くこと自体はだいぶ慣れているので、頑張ります。

 あとバイトの方もねー。ぶっちゃけキツいです。この1週間だけでも20時間は働いてますからね。でも明日までにやることが山積みなので今夜は寝られない気がします。

——————–

 そんな忙しい中ガルパン劇場版を見に行きました。話題のやつ。すっかり乗り遅れました。

 何でこんな時期に、という話なのですが、元々興味はあってどうしようか迷っていたところ、上に書いたレポートのうちの片方が「映画を観て分析する」的な課題で、よしそれならガルパンで行こう! みたいな流れです。

 ガルパンを観ると言語能力が奪われるのでレポートが書けなくなる危険性もありましたが、そもそもテレビ版を観た時にそんなにハマらなかった私としては、「まぁ言っても大したことないだろうし、途中で飽きちゃいそうだなぁ……」というくらいの感覚で向かいました。

 で、観てきた結果については私の前後のツイートを見てください。

 というわけで、普通に良かったです。なんか結果的にアヘ顔ダブルピースみたいになってる。悔しい。

 正直ハナから批判する気マンマンで行って、実際序盤はあんまり面白くなかったので、「あぁやっぱりこんな感じか…」と思ってたのですが、ちょっとずつエンジンかかってきたというか、各キャラの心理描写とか、きっちり王道を進んで盛り上げるストーリーとか、ラストの戦闘の迫力とか、気づけば割としっかり引き込まれて、途中からは普通に楽しんでました。

 ※以下若干ネタバレ含みます。

 具体的には最初のエキシビジョンマッチは面白くなかった。完全に大洗の宣伝タイムだった。途中、観客のおじさんたちが「よく俺の店を壊してくれた!」「いいなお前の店ばっかり」って会話してたのだけはメタ過ぎて面白かった。

 そのあと、廃校が決定してからの流れは……ぶっちゃけストーリーだけ追うと茶番もいいとこなんですが、そこは演出の妙というか、時間の経過と心理状況を描く演出が見事でずっと引き付けられちゃいました。各キャラのテレビ版では見せなかった新しい一面が見えたのも良かった。ボコミュージアムのシーンは普通に面白かった。

 あと西住殿が家に帰るところ良かったですね。姉妹愛がいつの間にか復活してるところとか、母親も含めて「一時的に仲違いしたとしてもやっぱり家族は家族」みたいな暖かい感じ。

 で、ラストの戦闘は序盤と違ってとてもよかったです。いろんなキャラに見せ場があって、試合展開が何転もして。……ところで私はさおりんが好きなんですけど活躍場面あったっけ?そど子にハンカチ汚されてたことしか印象にないんだけど……。

 それはそれとしてクライマックスでは戦闘中にセリフなしで効果音とBGMオンリーだったのも最高でした。ああいう演出好きですよ。そして戦闘後はすごくあっさり終わったのも良かった。

 ※ネタバレここまで

 

 あ、あと、こういうテレビアニメの劇場版って「笑いあり涙あり」的な、映画の豪華さを出すためにいろいろ盛り込んじゃう傾向があると思うのですが、ガルパンは全くそういう寄り道なしで、2時間ずっとガルパンしてたのが凄いな。と。あとは挿入歌とかに頼らなかったのも好印象です。

 まぁ、そんなわけでガルパン(特に劇場版)が良いことには同意するのですが、一方で、じゃあガルパンが「好きな作品」かと言われると、やっぱり「まぁどちらかといえば好きです」って感じなんですよね。

 ガルパンがここまで口コミで広まったのって、やっぱり「作品として貶めるポイントがない」ところが強いんだろうなあ、と。良くいえば万人向け、悪くいえば無難な作品。私はどっちかというと尖ってる作品の方が好きなので、あんまりあれを推す気にはなれなかったり。

 ガルパンとか、あとSHIROBAKOとかもそうでしたけど、コンセプトの奇抜さで唯一無二なポジションを取ったうえで、本筋については全く冒険せずに高水準にまとめ上げてる。叩きようがない。賢い戦術だと思います。

 で、そんなガルパンが単なる万人受けを超えるに至った勝因はやっぱり「ガルパンはいいぞ」というフレーズにあって、あれによって本来は話題性のない作品が話題性を獲得できてしまった

 あれで興味を持った人があの映画を観たとして、その高いクオリティと、内容の引っかかりのなさから「理由はわからないけど良かった」という印象を持つと思うのですが、そこに「ガルパンはいいぞ」という言葉がぴったりハマったのではないかと。

 それが良い悪いとかいう話ではなくて、ただ、なんでしょうね……いや、さっき書いた通り、叩きようがないんですよ。だし、別につまらない作品でもないんですよ。だから、まあ、ガルパンはいいぞ。って言うしかない。

——————–

 ガルパンの話が終わったので個人的にだいたい満足してるのですが、ほかに何かあったことは……あ、今週はあれですね。CDがたくさん届きます。超個人的な話ですが。

 

 DEEPER、トレーラーとか試聴とか上がってるのですがとりあえず聴かないことにしてます。新鮮な気持ちで聴きたい。ヒトリエに関しては最近ちょっと微妙な感じもあるのですが、DEEPERは結構楽しみです。

 なんせ曲名の時点で久々にセンス爆発してる雰囲気ありますからね。1曲目の『GO BACK TO VENUSFORT』が特に。ここまで曲名で「何が起きるんだろう」と思わせてくれるのはSisterJudy以来じゃないかなぁと。楽しみです。明後日には届くんですよねー。

 ろこどるも正直何が入ってるのかよくわかってないところあるんですが。サントラ+キャラソンでいいんだっけ……?

 ただクリスマススペシャルの主題歌「レインボーバトン」のフルバージョンがすごいっていう話をろこどるスタッフイベントで聞いたので、とても楽しみです。

 しかし火曜日にアルバム2つ同時に届くという時点で音楽が供給過多になりそうな気がするし、そのうえ水曜提出のレポートが2つあるという地獄。どうしよう……。

——————–

 ツイッターのトレンドに「桜Trick」が入っていたので調べたらニコ生で一挙放送してました。10話あたりからですが今観ながらブログ書いてます。

 ちょうどこのアニメの放送当時が受験直前で、受験勉強の合間に観たり、息抜きにお風呂の中で観たりしてました。……息抜きと言いつつ面白すぎて1週間に3回くらい観直してた気がしますが。

 あとこんなのも作ってました。

 トロピカルフリーズも発売直前だったんですよねー。受験直後に発売されたので、合格発表前に全クリするつもりですぐに買いに行った記憶があります。

 一応投稿したのは受験後だったんですけど、当然のように受験前から制作開始してましたね。うん。あとオリジナルゲームのBGM制作も受験前から開始してた記憶あります。大部分は受験後でしたが。

 割と頑張って作った記憶あるんですけど、あまりにニッチすぎて少しも伸びませんでしたね。懐かしい。

——————–

 そういえば、最近あんまりニコニコの自作動画絡みの話をブログでしてなかった気がします。まあ普通に忘れてただけなんですが……。

 MADとか作りたいなぁとたまに思いつつもなかなか面倒で実行に移せない。実はSplatoonのMADちょっとだけ作ってたんですよ。去年。音部分だけ作って放置してますが……。機会があれば。