Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

楽しく

 お久しぶりです。…久しぶり?

 前回の記事で書きすぎたので今日は普通に趣味の話をさらっとします。

 ただ今週普通に忙しいのが困りものなんですけど……。主に大学とお仕事。いや他に何があるのかって感じですが。

 新年早々に小テストで死んだので今年はもっとマジメに授業を受けようと思いました。

——————–

 昨晩はろこどる新年会に行ってきました。

 ろこどるスタッフによるロフトプラスワンでのトークイベントは今回で3回目ですが、

 初めてプレゼント抽選に当たりまして、原作者・小杉先生のミニイラスト入りの熊手を頂きました。嬉しい!

 キャンセル待ちで取った整理券が逆にめちゃくちゃ早い番号だったおかげで、初めて最前列に座れました。まぁ勇気がなくて最前列中央には行かず端っこにいたんですけど、結果的には関係者席の反応とかが見やすくてかなり良い席でした。

 当然のように名和監督と直接乾杯できるのよく考えたらすごく不思議な空間ですよね。でも暖かかったー。今回は初めて成人になってからのロフトだったのでカクテルも飲みました。少しですけどね。基本はカフェオレ飲んでました。

 ただ隣の人が超マナー悪くて、プレゼント抽選に外れるたびに舌打ちするわ、私のプレゼントを恨めしそうに見てくるわで最悪でした。異常に民度が高いとされる流川市民にもろくでもないやつはいるんだなって感じでした。

 話の方も今回は楽曲スタッフが初参戦で楽曲の裏話や拘りを聞くことができたり、シリーズ構成・綾奈さんが急きょ参加されて、生オーディオコメンタリーがただのファンの感想だったり、とにかく最高でした。オールナイトじゃないのが残念だった……。あの時間だと逆に終電ヤバくて最後の方は時計を頻繁に見ながら聞いてました。

 綾奈さんの「ここが百合萌えポイントです!」っていう視点がいちいちマニアックで熱量が凄かった。ツイッターで昨年流行ってた「わかりて」って言葉あんまり好きじゃないですけど綾奈さんは確かにわかりてって感じです。

 名和監督をはじめとしたスタッフ陣も2期をやりたがっていることがひしひしと伝わってきたのでぜひ応援していきたいと思っています。とりあえず2月のキャラソンアルバムは買います。OVAは悩み中……だけどたぶん買うんじゃないかな……。

——————–

 ヒトリエ新曲「ワンミーツハー」PV出てますね。

 なんていうか、前回のシャッタードールもそうですけど、もうヒトリエの新曲を聴いてもテンション上がらなくなっている自分がいて悲しい。普通に好きなんですけどねー。

 昨年のモノクロノ・エントランスはメジャーデビュー以降の最高傑作クラスに良かったので、アルバム単位で聞き込めばハマっていくような世界観はまだヒトリエから出てくる可能性があると思うんですけど、

 ワンミーツハーに関しては1曲収録という仕様のガッカリ感が凄い。なんだアコースティックバージョンって。やるとしてもボーナストラックでしょそれ。

 バンド初のアニメタイアップというまたとない新規ファン開拓の機会に、カップリング曲なしという判断を下したのがSMEなのかヒトリエなのか知りませんが何を考えてるんだと言いたい。あのCDでヒトリエファン増やすの無理でしょ……。各楽器をフィーチャーした特典映像とか、既存ファンは嬉しいと思いますが。

 というわけでヒトリエの次のミニアルバム発売を待ってます。あ、でもワンミーツハー自体はiTunesで配信されたら買おうと思っています。……いくら何でも今回はiTunes配信するよね?

——————–

 そういえば新年まだスプラトゥーンの話をしていませんが、

 今年に入ってからスプラトゥーンをしていない日はありません

 毎日やってます。楽しい……。

 Rブラスターエリート、デコもいいけど無印もやっぱりいいなぁと思い始めています。たまーに無印でチェイスボム投げてるとなんか勝手に相手が死んでくれる。

 他のボムと違ってチェイスボムは避けようと思えば基本避けられるので、自分でチェイスボムでやられた時の自己責任感が強くて悔しさが溜まります。……逆にいうと、チェイスボム使っても相手が上手いと全然当たらないんですけど。

 ポイズンボールはA+くらいで使うと強いんですけど、Sになるとポイズン当てても全く狼狽えずにエイムの上手さで殺しにかかってくるので、ポイズンボール当てながら接近戦仕掛けても普通に押し負けるんですよね。……エリートで接近戦狙う方が間違ってるんですけど。

 そんなわけでA+とSの間を行ったり来たりしています。S+いつか上がりたいなー……。

タグ:

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


person Profile

    Stories

  • Likeボタンが機能してるの久々に見た。何が琴線に触れたのか知らないけどありがたいです。Sarahahも初めて感想頂きました。 (2018.05.21 19:11)

About

    Favorite Item List

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。Android・Windows・iPod nanoなどでも一度ペアリングすればスムーズに切り替えできる懐の広さ。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良い。とても高い完成度。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』著者・鴨志田一さんの新作シリーズ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。個人的には2巻のプチデビル後輩が特にお気に入り。物語がクライマックスに差し掛かってきた今から読み始めると贅沢に楽しめます。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch

    Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

    カタチを変えて、どこへでも。任天堂が長年追求してきたコンセプトが完璧に結実した、非の打ち所のないゲーム機。自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。