Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

『アスタリスク』と『キャバルリィ』の違い、”俺TUEEE”作品の定義について

 前回(『デモナータ』と『ハリポタ』と『禁書目録』、ファンタジーにおける「日常」の終わり)に続いて、物語に関する考察第2弾です。

 12月に入り、今期のアニメも続々と最終回を迎えていますが、私がなかなか楽しんで最後まで観た2つのアニメがありまして、

 『落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)』と『学戦都市アスタリスク』です。

 (※アスタリスクは1話有料なのでPVを載せています。)

 この2つはラノベアニメのテンプレをなぞりすぎたがために、ストーリー展開の何もかもがそっくりだとして当初から話題になっていました。

 具体的にどこが似ているのかは、ネット上のゲスい話題にタダ乗りしてそれっぽくニュース記事の体裁を整えることでPVを稼ぐサイトでお馴染み、ねとらぼさんでまとめられています。

 ねとらぼレビュー:あれ、昨日も見た……? 内容かぶりすぎな秋アニメ「学戦都市アスタリスク」と「落第騎士の英雄譚」の見分け方を考える ? ねとらぼ

・学園物である
・主人公がヒロインの着替えシーンにバッタリ遭遇してしまうところから始まる
・着替えを見たことでヒロインの怒りを買い主人公と決闘することになるが、主人公が勝つ
・ヒロインが髪の赤いお姫様で、剣使いで炎を操り、ツンデレ的な性格でめっちゃ強い
・主人公が弱そうに見えて実は強い
・ヒロインがマッチョな斧使いに勝つシーンがある

 ……まあ確かにこの通りです。

 ほかにも、3話で敵に襲撃される、4話で強敵と戦って勝った後に主人公とヒロインがいい雰囲気になってED、などなど、展開の被り方は尋常ではありません。

 ……しかし、です。

 『キャバルリィ』と『アスタリスク』が、完全に同じ内容、またはよく似た内容のアニメなのか?と言われると、そうは思えないのです。

 その根拠として……いや根拠というほどでもないのですが、それぞれのアニメをずっとニコニコで観ていると、
 開始1分ほどでどちらの動画にも「面白い方」「つまらない方」というコメントが付いている

 もしこの2つが同じ系統の作品で、同じ種類の魅力があるのであれば、「両方好き」という人ばかりになるのが自然です。
 それこそ『ごちうさ』と『きんモザ』のどちらも好きだという人が多いように。

 しかしこの2つの作品の評価は割れていて、片方が好きで、もう片方が嫌い、という人がたくさんいるのです。

 どうしてこの差が生まれるのか?この2つの作品はそれぞれどういう特徴があるのか?

 というのを視聴しながらぼんやり考えていたのですが、私なりの結論として、

 『アスタリスク』は「最近のラノベテンプレ」、『キャバルリィ』は「一昔前のラノベテンプレもしくは少年漫画テンプレ」ではないかという主張をしてみたいと思います。

——————–

 『落第騎士の英雄譚』と『学戦都市アスタリスク』は、どちらも「ラノベアニメのテンプレ」と評され、場合によっては「クソアニメ」と表現されます。
 なぜクソかといえば、あまりに既視感のある世界観・設定だからでしょう。

 ファンタジーバトルが展開される学園を舞台に、主人公が次々と強敵を倒していく……。

 実によくある展開です。主人公無双、いわゆる俺TUEEE状態。これでは「ラノベアニメはみんな同じ」と言われるのも仕方ない……。

 ……いや、ちょっと待ってください。

 そもそも、そんな書き方をしたら、どんなアニメも大筋は同じ。王道とはそういうものです。

 主人公が毎回ボロクソに負けるアニメなんて、それ自体がコンセプトである変化球アニメ以外に存在するでしょうか。ラノベに限らず漫画だってゲームだってそれは同じです。

 主人公が勝つのは当たり前なのです。主人公だから。
 だとすれば、差別化ポイントは「勝ち方」にあるのではないでしょうか?

——————–

 キャバルリィとアスタリスクの主人公は、1話で最強と称されるヒロインに勝ち、そこからアニメでは連戦連勝……という流れで被っています。
 しかし、この2つを「主人公が無双する話」で括ることはできないのです。なぜかといえば、

 アスタリスクは「最強の転入生が才能で敵を倒していく話」で、
 キャバルリィは「最弱の落第生が工夫で敵を倒していく話」なのです。

 2つの作品の設定を素で混同している人も多いと思うのでこのあたりが混乱されがちなのですが、そもそもアスタリスクの主人公は弱くないし、弱いと思っている人もいません。特待生です。
 さすがに無双するわけにもいかないので一定の制限がかかっているとはいえ、基本的には強いです。

 なのでアスタリスクの主人公は戦いにおいても特に戦略を練ったりすることはなく、力押しで勝っていきます。
 アニメ後半で始まるトーナメントでは、タッグ戦にも関わらず1人だけで瞬殺することでタッグ技を見せないという、モブキャラとの圧倒的な力の差を見せつける戦法で勝利していきます。

 一方のキャバルリィはといえば、主人公はFランク、学校の最底辺・ワーストワンです。
 才能のない主人公が努力で手に入れた唯一の武器が「一刀修羅」です。

 ストーリーの都合として、一刀修羅使えば勝てるじゃん最強じゃん!
 みたいに思えてしまいますが、
 いや、1日1回、しかも1分しか使えない力って冷静に考えて弱いですよ。弱くはないにしても最強ではない。

 そういうわけで、アスタリスクとキャバルリィは基本設定からして全く違うのですが、
 どちらも王道展開であるがゆえにストーリーは似通ってしまうのです。

——————–

 まず「キャバルリィ」のテンプレがどこから来ているのかという話なのですが、
 上で触れたように一昔前のラノベ、または少年漫画テンプレだろうと考えます。

 といっても私は少年漫画は一切読んだことないのでラノベで話しますが、

 この手のストーリーで最もメジャーなのは『とある魔術の禁書目録』でしょう。

 主人公・上条当麻は公式には超能力の使えない「無能力者(レベル0)」ですが、イレギュラーな能力「幻想殺し」を持っており、それを駆使して超能力者や魔術師たちと渡り合っていく。

 まさに落第超能力者の英雄譚です。

 この手の、「主人公は基本的に弱いが、癖のある武器を持っており、その使い方を工夫すれば実力差をひっくり返せる」という話は、物語の基本です。
 主人公がどうしようもなく弱かったら話にならないし、めちゃくちゃ強かったら感情移入できません。

 弱い人が頑張って勝つ、頑張れば勝てる、というところにロマンとカタルシスがあるのです。
 いわゆる「友情・努力・勝利」の後半2つです。

 ちなみに、この記事で言う努力というのは「たくさんトレーニングした」みたいな話ではなくて、
 「必死に頭を使って戦う」「苦戦しながらなんとか突破口を見出す」という戦闘そのものでの話です。
 別に上条さんも鍛えているわけではないですしね。逆にキャバルリィとアスタリスクの主人公はどっちも鍛えてますし。

 ところで「友情」部分なのですが、キャバルリィの主人公が独特なのは、その生い立ちゆえに超低姿勢な部分です。周りの人にも敬語を使えるし、頭に血が上って喧嘩売ったりもしない、しかし心の内には熱いものがある。こういう精神的に大人な主人公は割と珍しい気がします。

 で、それゆえに、キャバルリィでは主人公がヒロインであるステラを頼ったり、ヒロイン以外のクラスメートと一緒に特訓したり、など、仲間の要素が強く出ています。

——————–

 一方、『アスタリスク』のテンプレ、既視感がどこから来ているかといえば、おそらく最近のモノで言えば『魔法科高校の劣等生』『ソードアート・オンライン』なのでしょう。

 2015年はこの「劣等生テンプレ」を踏襲した作品が多く、『銃皇無尽のファフニール』『聖剣使いの禁呪詠唱』あたりがその典型で、まとめてクソアニメ扱いされていたりもしますが、
 上に挙げた「禁書テンプレ」と何が違うのかといえば、

 「主人公に明確な弱点がない」、もっと言えば「主人公が天才である」ということです。

 私自身は劣等生を観ていないので、SAOで話しますが、
 そもそも1話でチーター呼ばわりされる主人公っておかしくないですか。
 物語開始時点でチート紛いな能力を持っていて、その後もどんどん強くなって、
 しかもそれは特定条件下で発動する使い勝手の悪い能力ではなく、

 ゲーム中でキリト1人しか使えない二刀流スキルです。
 こんなの禁書で言えば全盛期の一方通行ポジションだし、キャバルリィで言えば桐原くんです。……声優も同じですね。

 しかしこれが最近のラノベ、特に「小説家になろう」界隈で流行りのようで、
 「主人公が無双して周りからもてはやされる」という。かの有名な俺TUEEEです。

 ジャンプ漫画の必須要素が「友情・努力・勝利」だとすれば、
 俺TUEEEラノベの必須要素は「孤高・天才・勝利」です。

 で、私が何でこの記事を書こうと思ったかといえば、

 キャバルリィとアスタリスクをまとめて「俺TUEEE系」と評することに対する違和感を主張したかったんですよ。

 主人公が勝つことが俺TUEEEなのではなくて、強い主人公が当たり前に勝つことが俺TUEEEの条件なのだと。

 主人公が連戦連勝、たとえ負けても最後には勝つ。

 それは禁書もSAOもキャバルリィもアスタリスクも、というかそんなのポケモンにも仮面ライダーにもプリキュアにも言えるし、
 戦闘を広義に捉えればラブライブにもガルパンにも言える話で。

 ラブライブでμ’sが優勝するのは無双なのか?
 少なくともストーリーをちゃんと見た人はそうは思わないはずです。

 で、戦闘アニメに関しては、その過程や論理的な根拠が、どうしても身近に感じられないので、ついつい理解を放棄されてしまいます。

 でも、少なくとも禁書やキャバルリィに関しては、主人公が勝つ理由、そのための戦略がしっかりと練られていて、その上できっちりと勝っているわけで、
 それを「主人公無双」というのは、あまりにも表面だけをなぞった感想ではないでしょうか。

——————–

 で、天才・勝利についてはわかっていただけたとして、
 アスタリスクの主人公は「孤高」なのか?

 という点なのですが、
 ここにキャバルリィとアスタリスクの主人公の大きな違いがもう1つあって、

 「主人公が周りの人に弱みを見せるかどうか」です。

 俺TUEEEの始祖である劣等生は「さすおに」という言葉が示すように、
 穿った見方をすれば周りの人たちが主人公を持ち上げる舞台装置として使われることが多く、

 それはSAOでも同じです。次々と新たなオンラインゲームで黒幕を倒すキリトのことを周りの人が褒める。
 あまりにもキリトが無敵すぎて、主人公が一時的にアスナ視点になるくらいです。

 つまり、主人公と周りの人の間には1つ大きな壁があって、
 主人公は誰にも気を許していない、友達と呼べる人がいない、という捉え方ができるのです。

 アスタリスクの主人公は、ユリスや紗夜ちゃん、綺凛ちゃんにアドバイスをしたりはしますが、
 主人公側がユリスに助けを求めたりはしません。あくまで守ってあげる側です。
 それが如実に表れているのが、タッグ戦なのに一切合体攻撃をしない戦闘シーンではないかなあと。

 一方、キャバルリィの主人公は、ステラのことを常に対等な相手として見ています。
 恋愛対象であり、同時に好敵手でもあるステラに対して常に本音で接しますし、ステラや雫やアリスに励まされたり力を貰ったりもします。

 このことはそのまま「ハーレムモノかどうか」にも繋げることができて、

 キャバルリィでは主人公に100%恋愛的な好意を寄せるのはステラだけで、
 もう1人のメインヒロインの雫は妹としての好意が含まれているし、
 それ以外のキャラクター、アリスや加々美や綾辻さんなどは、一目置いていることはあっても恋愛的な感情はほぼありません。

 そして主人公の方も、ステラ以外に気のある素振りを見せることは一切ありませんし、逆にステラのことが大好きである描写が何度も出てきます。

 一方、アスタリスクでは、メインヒロインのユリスはもちろん、他のヒロイン、紗夜や綺凛も明確に落ちています。クローディアは裏がありそうな気もしますが。
 ただし主人公は、ユリスに明確な好意を示すことはしません。
 いわゆる天然ジゴロで周りのヒロインを次々に攻略していきますが、主人公はプラトニックであり、ユリス含め誰に対してもエッチな下心を見せたり自分からアプローチをかけたりはしません。

 ニコニコのコメントで「キャバルリィの主人公の方が人間味がある」というのを何度か見かけましたが、それはこういうところから来ているのではないかと思います。

——————–

 では、「俺TUEEE」、つまり主人公無双ストーリーがなぜ近年人気なのか……ということなのですが。

 もうこのへんはマジメな話になってしまいますが、
 「今の子どもたちは努力して凡人が勝つサクセスストーリーに共感できない
 のではないかと。

 バブル崩壊と失われた10年を経た、今の10代~20代前半は景気の良い日本を見たことがない世代です。
 終身雇用の崩壊、年金制度の危機、受験戦争と就職難、少子高齢化による先行き不安、などなど、挙げだしたらキリがないのですが、
 今の日本は頑張っても報われるとは限らない社会。

 そこで、将来に不安を抱えた中高生が、
 「どんな人でも自分の長所を見つけて、それを伸ばすために努力すれば成功できるよ」みたいな話を見ても、
 「いや、努力してもどうせ無駄でしょ」という反応になるし、

 「SAO」「さすおに」そして「アスタリスク」という、
 「どんな人でも隠れた才能に目覚めれば活躍できてもてはやされるよ」みたいなお話の方がむしろ説得力を持っている。

 つまり、努力が報われない社会で愚直に頑張る意味がわからない、というところに行きつくのかなあ、と。

 ちょっと斜に構えた主人公の方がカッコいい、という、ある種中二病的な考え方です。

 なので、おそらくキャバルリィの方がアスタリスクよりも年齢層の高いところに受けているように見えます。

——————–

 結論として、アスタリスクとキャバルリィの違いは、

 「主人公が天才型か努力型か」
 「主人公と周りの人に信頼関係があるか」

 なのかなあと。

 ……ええと、私個人としてキャバルリィの方が好きだったので、
 どうしてもアスタリスクを低く見るような表現になってしまったことを心から謝罪したいのですが、

 私としてはアスタリスクも面白い作品だったと思います。
 個人的な楽しみ方として私の場合は主人公に感情移入して観たいので、より人間味のあるキャバルリィに惹かれましたが、
 キャラクター、ヒーローとして見ればアスタリスクの主人公に憧れる気持ちもわかります。

 ここについては10代前半でどういう作品に触れてきたか、などなど、いろいろな要素から構成される嗜好の問題もあると思うし、
 それ故に、私がキャバルリィに惹かれたのは、禁書やシャナやゼロ使などのゼロ年代ラノベの雰囲気を感じたからなのだと思います。

——————–

 では私は努力型のお話が好きなのか?ということですが、

 努力する/工夫して戦う理由・目標に共感できる話は好きです。

 努力する理由が「誰かを助けたい」という感情にある禁書、
 「誰かを見返したい」というプライドにあるキャバルリィ、
 バトルモノ以外で言えば「自分の理想とする職業につきたい」という『さくら荘のペットな彼女』などは大好きですし、

 同じ努力型でもガルパンやラブライブやスポーツモノ全般は中学校と高校が大嫌いだったので、部活や授業に没頭する人の気持ちが一切理解できなくて苦手です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事