Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

クレーマーズ

 Surface Pro 4を購入して2週間が経過しまして、
 このガジェットのあまりの完成度の高さに日々幸せを感じており、まるで彼女ができたばかりの童貞のように毎日惚けた顔で使っているのですが。

 ……なんだこの表現。ウレロ☆未体験少女の観すぎでちょっとした下ネタを言いたい病気にかかってる。

 まぁともかくそんなわけでSurface Pro 4に関してはいい買い物をしたなー!って感じなのですが、

 去る今週月曜日(12/14)、Microsoft Store(公式オンラインストア)でサイバーマンデーセールなるものが開催されまして。

 10000円分購入するごとに777円オフという、回りくどいですがほぼ7.77%オフのキャンペーンを1日限定で始めたのです。
 しかも学割10%オフと併用可能。

 ……で、普通ならその2週間前に購入した私は悔し涙を流しながら眺めるしか選択肢がないわけですが、

 Microsoft Storeには「購入から1ヶ月間は理由を問わず返品可能」という規約がありましてですね。
 つまりこのタイミングであれば、「一度返品して同じものを買い直す」ということができるのです。

 ……いやいや、しかし。
 そうはいっても返品可能というのは本来、商品に満足しなかった人が使う制度であって、こんなゲスい使い方をすべきものではない。
 そもそも学割10%オフの時点で十分安いと思って買ったし、その価格に不満があるわけでは決してない。
 おまけに再設定とか返品梱包とかいろいろ手間もかかる。
 そこまでして、返品して即同じものを購入なんていうクソ消費者みたいなことをしたいのか?

 悩みぬいた末、私は断腸の想いで

image

 買い直しました。

 …………。

 これが例えば、2000円とか3000円の値引きだったら迷わずスルーしたし、
 6000円とか7000円だったとしてもやらなかったと思います。

 ……しかし、13200円。

 5桁を超えたら、さすがに、大金の範疇になる。

 再セットアップなどの手間賃を考慮してもさすがにちょっと見過ごせる額をオーバーしていました。

 Surfaceを買うためにわざわざ自分のクレカの限度額を一時的に上げてもらったのに、結局は母親のクレジットカードを借りて買うことに。
 ……いっそ母親のクレカが限度額15万とかだったら諦めもついたのに……。

 そんなわけで早くも2代目Surface Pro 4が届いたので改めてセットアップしています。
 1代目は今週中に返送します。短い付き合いだった……。

KIMG0491

 ↑2台のPro4が並ぶ異質な光景。

 セットアップ自体は当たり前ですけどつい最近やったばっかりなのでそんなに苦労しません。そもそもPro2⇒Pro4の時もそんなに大変じゃなかったし。
 だいたい、今のスマホとかPCの移行で何が一番大変かと言えば、様々なネットサービスのパスワード管理なんですけど、EdgeもChromeも勝手にパスワードまで同期してくれるので全然困らないという。ある意味怖い話ですけどね……。

 それにしても、購入履歴が既にあるので開き直ってサポートの方に「セールがあって買い直したいので返品させてください」と申告したのですが、一切嫌味とか言われませんでした。いやそれ言ったら企業として問題なんですけど。
 っていうか発売からそんなに経ってないタイミングでのそこそこな値引率だし、割と返品多かったんじゃないかな……。
 むしろ「新しく届いたパッケージに今使っている本体を入れて送ってくださっていいですよ」とかいうアドバイスを頂きました。
 最初に届いたパッケージを丁寧に保管するなんてことはしてなかったのでとてもありがたかったです。

 i7が12月発売だったらいっそのことお金足してそっちに乗り換える手もあったんですけど、延期されたので断念。
 というか本当は海外みたいにi5でRAM16GBのモデルがあれば良かったのですけど……。

——————–

 あと最近の話題といえば……。

 スマブラ最後の特番。ありましたね。その話、します?

 まぁ何というか最後まで失望させられっぱなしだった……。ぶっちゃけFEプッシュどころか逆にFEアンチ増やしてる気がするんですけど本当にあれでいいんでしょうか。
 ジーノコラボだけはテンション上がりましたが、Miiコスチュームとか買う気は一切ありません。クルールとかクロムとかイカの時もだけど、あれ嫌がらせでしかないでしょ……。アシュリーとか参戦無理そうなキャラでやるならまだしも。

 ただ、桜井さんのやりたいこともわからないではないんですよ。「格ゲーとしての魅力を最優先させたい」っていう。
 そもそもforの新キャラ、人型ばっかりじゃないですか。ドンキー・カービィ・スターフォックス勢が増えず、
 増えたのはFE勢を筆頭にリトルマック・シュルク・リュウ・クラウドと、パッと見もう普通の格ゲーじゃんみたいなビジュアル。

 でもその方が派手で楽しいのは間違いないんですよね。
 原作シリーズとしての好みでディクシー参戦をずっと唱えてましたけど、実際ディクシーとカムイどっちが面白いキャラになるかと言われればカムイに決まってますし。

 ……つまりロイ(FE)は許されない。
 コンパチでDLC枠潰すのもクソだし、どうせそれやるならせめてウルフ助けてあげるべきでしょ……。あの時点ではまさかFEからもう1人増えるなんて思ってなかったのでそこまで突っ込まれなかったけど、新キャラ揃った上で見たら完全に場違い。

 まぁそれはともかく。

 論点としてはスマブラをキャラゲーと格ゲーのどちらで見るかでの乖離があるんだろうな、と思うんですけど、
 そもそも投稿拳やる必要あったの??
 結局投稿拳から参戦したのベヨネッタだけで、(クラウドはFF7復活絡みで投稿拳なしでも選ばれてそうだし、)人気無視してカムイとか入れるんだったら最初からやる必 要なかったと思うんですけど。
 「次回作があれば参考にします」的なコメントが出てたらまた別でしたが。

 ひょっとすると桜井さんは、「投稿拳の上位キャラのうち、作ってみたいキャラは参戦ファイター、作りたくないキャラはコスチューム」みたいな仕分けで全部を掬ったつもりだったりするのかなあとか邪推してしまいます。

 夢の競演を謳うのであればちょっと今のメンバーはおかしなことになってるし、かといって格ゲーとして見れば今の方針が間違ってるとも言えないので、

 次回作では「任天堂スタッフの作った八方美人スマブラ」と「桜井さんの作った趣味全開スマブラ」の2バージョン作るのが一番良いと思われます。
 前者はもうシリーズ人気とキャラ人気だけを考慮して作る。技のチョイスもバランス調整もちゃんと分業制にして、とにかく数を増やす。ディクシーとかしずえさんとかアシュリーとか技足りなさそうでもとりあえず増やす。
 後者はFE10枠パルテナ5枠でディディーもリストラで。どうでしょうか。

——————–

 そういえばそのスプラトゥーンですけど国内売上100万本とかシオカラーズライブとか新ステージとか。
 完全な新規タイトルが据置機で100万本って改めて考えたら凄まじいことですね。マリオですら同梱版で投げ売りしてギリギリだったのに。

 スプラトゥーンの同梱版はプレミアム+スプラトゥーンで34000円ですけど、
 マリオUの同梱版はプレミアム+マリオU+パーティUで30000円でしたからね。これでしっかり本体牽引してるイカは凄い。

 Splatoonについては実はちゃんとしたレビュー記事を書いていないので、年内には1個上げようと思っています。
 まあSplatoonに言及した箇所をまとめたら記事10本分くらいにはなると思いますけど……。

 ちなみにうちは今Wii U GamePadを修理に出しているのでSplatoonできていません。そろそろ禁断症状が……。

 仕方ないので昨日久々にスマブラWiiUをしました。仕方なく。
 でも面白くて悔しい…っ!って感じでした。
 何だかんだベヨネッタとか魅力的なので買うつもりだったりします。

 いや、スマブラほんとよくできてるし、スプラトゥーンほどではないけど久々に遊んでも飽きない面白さだなあとも思うんですけど、
 これで自分の愛着のあるキャラが参戦していたらどんなに楽しめたんだろうなあ……。なんて。

 私、ドンキーシリーズ好きですけど別にドンキーとかディディーが好きではないし、MOTHER2も好きだけどネスが好きなわけでもないので、
 そういう意味で好きなキャラはスマブラにはいないんですよね。ロゼッタ&チコとかはスマブラキャラとしては好きなのですが。

 まぁでも仮にイカガールだってキャラが好きってわけではないので、
 ゲームキャラで好きなのってディクシーとシオカラーズのホタルちゃんと北沢志保しかいませんね。……この並びだと志保が人外に見えますけど。

——————–

 そういえば「オリとくらやみの森」を再開しました。

 Xbox Oneを買ってすぐに始めたものの、途中で行き詰まっちゃってたのですが、
 せっかくGOTYも受賞したことだし、やってみるかーと。

 そうしたら、私が以前行き詰まっていた箇所の直後がこのゲーム中屈指の名シーンというか名エリアだったようで、 それで一気にハマりました。

 メトロイドヴァニアという探索系2Dゲームジャンルらしく、まあメトロイドもヴァニアもやったことのない私にとっては「ちょっと謎解きの多いドンキー」みたいなイメージだったのですが、

 序盤はアクション部分の難度が高くないため謎解きメインで、なかなか進まないイライラを味わったりしていたのですが、
 ゲームが進むにつれてアクション部分が当たり前のように超難しくなっていき、歯ごたえ十分な感じに。

 このゲーム、死んでもペナルティとかなくて最後にセーブしたところに戻されるだけなので、要するに死にゲーなんですよ。
 で、ドンキーとか死にゲー大好きっ子な私としては割と好みな感じでした。

 っていうかオリ森、謎解き要素もあるとはいえ一本道ではあるので、基本的にやってることはドンキーです。
 超美麗な最新ビジュアルで中身はオーソドックスな手強いアクションゲームっていうコンセプトがもうドンキーだし、それを盛り上げるBGMが最高クオリティなあたりもドンキーです。
 なのでアクションゲーム好きな人にはオススメです!あと音楽好きな人にも!

 おまけにオリ森のサウンドトラックはPrime Musicで配信中という。最高だ……。

——————–

 そういえば1つ前の記事はまた別方向に面倒な電波で申し訳ないです。

 ……最近、普通の記事とテーマ記事を交互に書いてるせいで、毎回フォロー入れてる気がする……。

 ああいうこと考えるのは楽しいんですけどね。文章化すると「なにいってんだコイツ」感が途端に高まる。
 でもまぁ「全ソフト遊び放題の定額制サービス」っていうのは意外と現実的なビジネスなんじゃないかなぁと思ったり。
 金額にもよるけど、年間2万円くらいだったら入りたいなー。3万円でもちょっと惹かれる。

 あとSplatoonは正直「来月から月額有料にします」って言われても月額1500円までは即座に払うつもりなので有料でいいのでアップデート続けてくださいお願いします。

——————–

 Wii UとWindows Phoneを絡めた話は3か月前から何となく思いついていて、ようやく形になったわけですが、
 年内に書きたい記事はまだまだありまして。
 とりあえず予告だけしておくと、

・今年のベストソング
・今年遊んだゲームまとめ
・今年買ってよかったもの
・スプラトゥーン総括
・今年の全体的な総括
 これらは年内に書く必要があって、もうそれだけで今年の記事全部埋まるような気もするのですが、
 ほかに近況というかこういう普通の記事も挟んでいきたいし、あと書くって言いつつ書いてなかった小説とかもできれば年内に上げたい。頑張りますー。

 あとバイトがですね……久々に修羅場というか、別に修羅場ではないけどいろんな人からいろんな仕事を請け負いすぎてですね……。

 今の私は6つの団体・個人から仕事を同時に受けている状態なので上手くやらないと大変です。でも楽しいので大丈夫。
 どうせ来週には冬休みですしねー。早い。というか2015年があと2é€±é–“ã‚‚ãªã„ã®ãŒæ €–い。

タグ:

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。