Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

tune & choose

 前々回の記事で「次はBremenの感想記事だ」って言っちゃった手前、何が何でもBremenの記事を書かなくてはいけなくなった結果が久々の更新空きでした。

 ……って言おうと思ったんですけど4日しか空いてないですね。ブログ中毒になっているのは私の方なのでは……。

 ちなみに何でこの話題から入るかと言えばつい2分前にBremenの感想を書き上げたばかりでこの記事を書き始めているからです。書きたいことたくさんあるんですよ。

——————–

 Bremenの感想書き終わったと思ったら『Splatune』が届きました。

KIMG0430

 CDのパッケージ左側に挟んである帯、ビニール剥がした後に捨てていいのかいっつも悩むんですけど、今回のコレは正直ダサいので遠慮なく捨てられそうです。

 内容はまあ期待通りで大満足というか。知ってる曲がほとんどなので改めて感想を言うものでもないですけど、いい曲ばっかりなのでこれをiPodで聴けるのは幸せですね。
 ……まあ一部は聴きたすぎてYouTubeで落としたりもしてたんですが。

 半分新曲みたいなところでは、ゲーム中ではチュートリアルの1度しか聴けない「Splattack!(Jam Session)」や、普段は気づかないような環境音の作り込みに驚く「広場」あたりはこのCDを買ってこそかなーと思います。

 でも何だかんだで前から好きな曲が一番好きなのが当たり前で、
 私としては何といってもヒーローモードのエンディング曲である『マリタイム・メモリー』がたまらなく大好きです。

 実はこの曲も前にiPodに入れて、留学中に結構聴いていて。

 特に、留学中は、いろいろな悩みと寂しさを感じていたので、この何となく切なげな「マリタイム・メモリー」を聴きながらキャンパス内を歩いていることが多くて
 この曲を聴くだけでカナダの大学寮から教室までの道のりが思い浮かんできます。戻りたい……。

 あと『モノクロノ・エントランス』もカナダでは本当にたくさん聴きました。iPodだけでなく部屋で流したりしてました。懐かしい。戻りたい……。

 ……あ、話が逸れました。とにかくSplatuneはBGMだけでなくジングルやSEまで入っていて、とても良いCDなのでぜひ買いましょう。BGMは1つ残らず素晴らしいです。
 『マリタイム・メモリー』以外だと好きなのは『シオカラ節』『Quick Start』『Tentacular Circus』とかですかねー。アプデ後の追加BGMの方が好み。

 ところでこのリンク、ブログに貼るときとかスマホで見るときは横向きの方がいいと思うんですけど横長バナー型のリンクとか作ってくれませんかねAmazonさん。

——————–

 最近バイトの方でちょっとごたごたがあって、
 簡単に言うと翌日に授業があるって何度も言ったのに向こうの指示が遅れて最終的に26時まで寝られなかった事件みたいなのがあったのですが、

 それで完全に冷めている状態です。その会社に対して。

 私の今のバイト先っていわゆるスタートアップというか、ベンチャー企業なので、社長や役員の人たちがものすごく精力的に動いていて、そのバイタリティは目を見張るものがあるのですが、
 一方で、それは「その会社が自分たちのもので、大きくなればなるほど嬉しい」という意識が共有できているからなのだろうな、とも思い。

 私は年齢的にも一回り下で、立場もバイトで、会社に関わり始めたのも設立から半年と、(その会社のスピード感からすると相対的に)後から来た、という形にならざるを得ず、
 当然、そこの「会社のために尽くす」という感覚にはならない、という点で大きなズレがあるのですね。

 遊ぶ予定が入っていたらそっちを優先するし、作業のモチベーションも会社からどれだけバイト代を貰えるかがほぼ全てだし。

 会社側としてはブラックという意識すらあんまりないと思うのだけど、私からしたら普通にブラック、みたいな。

 ……で、一度そういう溝ができてしまっている以上、たとえ大学卒業後に社員として入る、みたいな選択肢を取ったとしても、その距離感とか価値観は、少なくとも私の中では覆らないので、
 たぶんここに就職することはないんだろうなー。って思ってます。今は。

 バイト先のベンチャー企業にそのまま就職するの、ルートが完全に岩田社長っぽくてちょっと憧れるんですけど、でもたぶんないなー。なんて。

 まあでも、卒業まではまだ2年以上あるので、いろいろと悩みたいところです。

——————–

 ここ数日で数人の友人となかなかに深い、というか、濃い話をしてきて、とても楽しかったです。
 以前も書きましたが、私が今一番幸せを感じるのは友人と会話をしている時間なので、本当に、こういう機会に恵まれているのはありがたいことです。

 ただ、話していてふと思ったのですが、他人と話をしていて、その内容によって私の考えが変わったり、新しいことに気づいたり、って、意外と少ないな、と。

 というのも、自分自身の考えは、散々自分一人で(あるいはブログに書く行為で)深めまくっているので、他の人に意見を求める前にだいたい纏まっている、というか……。

 ただ、それが良い方向に作用していると思うのは、そういうプロセスを経ている、というか、そういう準備を既に終えているがために、私は私自身のパーソナリティや意見を言語化してアウトプットするスピードがそれなりに速いので、
 相手がそういうことを考える手助けができているんじゃないかなと。

 「私はこう思うけど、あなたはどう?」という例示をするストックがあるので、相手の意見を引き出す手がかりになりやすい、みたいな……。

 いや、実際どうかはわからないんですけどね。私は好き勝手喋ってるだけなんで。

 単に親しくしている相手の問題かもしれませんが、私は割と聞き役に回ることが結構多くて、でもただ一方的に聞いているばっかりでは面白くないので、何が何でも自分の意見を挟み込んでいかないと気が済まない、というか……。
 だから、とにかく話を聞いてほしい人とはあんまり気が合わない気がします。たぶん。

 ……逆に、私自身はとにかく話を聞いてもらえればいいんですよ。別にレスポンスがあってもいいけど、なくても全然いい、という。

 だからこそのブログ趣味とも言えるのですが。

 そういう意味で、よく「女性が相談をするときは愚痴を聞いてもらいたいだけで、別にアドバイスを求めてるわけではない」みたいな話がネットで出回ってますが、私はその女性側の感性に近いような気がするのです。
 ……だから同性の友人とばかり気が合うのか。なるほど。

——————–

 おそらく大多数の人間がそうであるのと同じように、私も忘れっぽい性格で、

 とても嫌なことがあっても、そこへの怒りや悲しみを永遠に引きずり続けたりはしないし、

 逆に、どんな嬉しいことがあっても、だんだんとその喜びや興奮を忘れて、日常のテンションに戻っていくわけですが、

 ただ、私がもしかしたら他の人と大きく違うのかな、と思うのは、

 ふとした拍子、嫌なことを思い出した時に抱く感情が時間の経過でほとんど変わらない、というところです。

 まあ、ここ最近ちょこちょこ書いてる高校の話題とか見てもらえればだいたい察してもらえるんじゃないかと思いますが。

 高校卒業して1年半も経っているので、毎日高校のことを思い出して怒りに震える、みたいなことはもちろんないのですが、
 たとえばツイッターでそれに関する単語を見かけたり、何かのきっかけで個人的に思い出したりすると、どうしても激しい怒りと憎悪が湧いてくるのです。

 時間の経過によって頻度は下がっても、決して「どうでもいい」とか「大したことじゃなかった」みたいな結論に着地していかないので、結局、なあなあで済ませることができず、ちょっとした尻尾を掴んで無理やりにでも解決を図ろうとする。
 それが良いことなのかはわかりませんし、いろいろと面倒事を呼び込む元凶になっている気がしますが、でもそういう私を否定したいわけではないので、うまく付き合っていきたいと思っています。

——————–

 で、私にとって嫌いな相手がいつまでも嫌いなままであるとすれば、その逆もあって、

 好きな相手のこともいつまでも好きなままである、ということにもなる。

 何年も経って、関わることが減っていけば、もちろん思い出すことはほとんどなくなって、
 たとえば、その人のことを四六時中考えている、とか、会いたくて会いたくて震える、みたいなことにはならないのですが、

 でも、たまに会ったらとても楽しくて仕方がなく、一度会ったらまたすぐにでも会いたくなる。

 そういう感情は、私にもはや何の害もないとしても嫌いな人を久々に見つけたら潰したくなるのと表裏一体だなって。……酷い話だ。

 留学から帰ってくる直前に、「大切なもののほとんどはだいたい替えが利く」という話をしたのですが、
 結局、人と人との繋がりを左右するのは、内面的に単純な好き嫌いよりもむしろ、「会えるか会えないか」「他にもっと親しい相手がいるかいないか」というような、環境やタイミングなどの外部要因が大きいのではないか……なんて思いました。

 だからこそ、今でも定期的に会えている友人というのは、そういう外部要因も上手く噛み合っている人たちなので、今後もそういう関係が続けばいいなあと願うばかりです。

——————–

 今月は嫌なことがものすごく多くて、ブログに書いたようなことから全然書いていないようなことまで、大小さまざまな不幸と、それからたくさんの悩みを抱えながら過ごす1ヶ月でした。……まだ1週間ありますが。
 今となっては月の初めに39度の高熱を出した時点でだいたい暗示されていたような気がします……。

 おそらく今月はだいたい何をやってもうまくいかない気がするので、来月になったらいろいろと事を動かそうと思っています。……いや、単純に11月の頭にとあるイベントのようなものがあるだけですけど。

 最近いろんなことで悩んでいるのですが、その多くはたった1つのことを変えるだけで解決するかもしれなくて、そのことが、それこそ友人と話をしたことでより明確になったので、後はそこに向けて動かなくては、と思う限りです。

 私の手の届く範囲でできることが明確にあって、そこに自身の欲求がある事柄に関しての行動力は、私はそれなりに高い方だと思うので、そういう自分に期待しています。

 ……相変わらず気持ち悪い感じの記事になっちゃったな。でも前回のBremen記事で可能な限り個人的な話をしないようにしたので、今回はその反動ということでひとつ……。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。