Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

報告

 10月も気づけば7日ですが、最近急に寒くなってきましたね。

 寒暖の変化には気を付けてください、と、思いっきり体調崩した私が言っても説得力がないですが。

 今日なんてもう帰りにマフラーしてましたからね。冬です。

 日本の魅力は四季の移り変わりだ、なんて言いますけど、実際秋ってここ何年もまともに訪れてない気がします。過ごしやすい気候、あった?ほんとに?

——————–

 「Bremen」が届きました。待ってた。

 7曲目以降のエンジンのかかり方が凄いですね。「シンデレラグレイ」が期待通りに良かった。

 あと今回は映像盤買ったのですが、メトロノームのPVが最高でした。このために映像盤を買う価値があるんじゃないかな?…まあそのうちYouTubeにも公式で上がるとは思いますけど。

 普通に実写PVが入ってるんだろうと思ったら、アイネクライネみたいな手描きPVでびっくり。女の子かわいい。

 感想はそのうち改めて書きます。たぶん。

——————–

 Microsoftの発表イベントありましたー!ね!

 私はXbox Oneで観てました。
 英語だったけど、留学の成果かそれなりに聞き取れました。それなりに。

 とりあえずMicrosoft Band 2ですよ!デザインかっこよすぎでしょう!
 順当に強化すべきところを強化してきたという感じで文句がない。値段も249ドルとお手頃な範囲に収めてきた。

 もちろん買うつもりです。もう日本語表示とか要らないって……。

 とはいえ日本Amazonで扱われるくらいにはならないとさすがにハードル高いのでもう少し様子見しつつ、日本MSが仕事をすることに若干の望みも持っています。どっちにしろ発売は今月末ですしね。

 そしてSurface Pro 4!

 ぶっちゃけSurfaceシリーズはPro3でだいぶ完成されてた感あったので、ここからどうなるんだろうと思ってたのですが、
 更なる薄型軽量化・画面サイズ強化・スペック強化・指紋認証・タイプカバー進化・筆圧感知1024段階に進化……と、まあ、順当に進化させてきました。ほんとわかってる。

 デザインもどんどん洗練されてるし、かなり欲しいです。

 20歳の誕生日祝いで親が半額出してくれるというので購入を検討中なのですが、今度はスペックで迷っています。RAM 16GBって必要?Core i5とi7ってどう違うの?うむむ……。

 あ、Surface Bookはなんかいろいろとワクワクしましたが欲しいのはやっぱりPro 4ですね。Surface Bookはもっとガチのクリエイターとかゲーマー向けな気がする。

 でもあの発表会は最高でした。リアルタイムでSurface Bookのスクリーンが射出される映像を観れたのはラッキーです。あの動画だけでも観る価値がある。

——————–

 昨日の記事を書いてからしばらくして、久々にWeb拍手を覗いてみたのですが、

 ひっさびさに拍手メッセージが届いていました。

 最初にWeb拍手をつけた時にもメッセージをくださった方で、あれからずっと見てます、文章たくさん書いてて凄いです、誕生日が同じ9月で20歳になりました、みたいな内容でした。誕生日おめでとうございます。

 いや、本当に、嬉しいです。

 ここ半年は特に自己満足で書き殴っていることを自覚的にしていた面があるのですが、
 それにも関わらずずっと読んでくださったことも、そしてそのメッセージをくださることも、すべて、本当にありがたいことだと思います。

 ちょうど昨日の記事が自分の肯定と否定みたいな話だったのですが、(あれを書いてたのはメッセージ読む前です)

 本当に、このブログに関しては手探りというか、基本的に無反応の中で必死に書いてきた、というのが実際で、

 特にこの5年くらいは炎上した時にしかコメントがつかない感じだったので、ほんと、時々でも、こういう反応を貰えると、とても暖かい気持ちになります。

 匿名でどこにも出ないメッセージって、極端な話、どんな暴言が来てもおかしくないと思うのですが、
 そうではなくて、信用だけに拠って成立する平穏の中で、ひっそりとやり取りができることが、今後もあればいいなって思います。メールではないので直接個別に返信できないのが心苦しいのですが……。

——————–

 自分の全てを肯定してもらえることはなくても、

 その全てを許容してもらえればそれで充分なのではないか、

 そして、このブログを何人かの方に読んでもらえているということはそういう状態であると言えるのかもしれない。それはとてもありがたいことです。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。