Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

一人

 9月が終わろうとしています。

 いつも通り月8回ペースを守って、月末にもう1個くらい記事を投げて終えたいと思います。

 が、溜まっているネタがいくつかあるのでもしかしたら超えるかも。超えないかも。的な。

 これも休みのたびに言っていることですが、連休中はまとまった時間が取れなくて逆にブログが進まないという現象。よくある。

——————–

 米津さんのアルバムのクロスフェードが来てましたね。

 YANKEEと違って統一性のあるコンセプチュアルなアルバムになっているようで、中毒性の高い曲や電波的な曲が少ないのかな?という感じです。

 でも何だかんだ聴き込むことになるのは確実なので楽しみです。
 個人的には「Neon Sign」と「シンデレラグレイ」が気になる。早くフルで聴きたいー。

 いろいろな曲が詰め込まれているタイプのアルバムって、最初は聴いていて楽しいんですけど、時間が経つにつれて「好きな曲・好きではない曲」に分かれていき、

 アルバムを通して聴こうと思っても、途中で「好きではない曲ゾーン」に入ると思わず止めてしまったりすることがあります。4分耐えられないというか。
 具体的にはBUMPのアルバム「RAY」がそんな感じですかね…。5曲目あたりまで大好きなんですけど。

 その意味で、ある程度まとまったアルバムの方が長く聴きやすいような気がします。

 『モノクロノ・エントランス』はまさにそういうアルバムで、1曲が短めなことも相まって、未だに何度も何度も通して聴いています。5曲しかないのも大きいですが。

 去年YANKEEを買った時に、クロスフェードを聴きすぎてアルバムを買った時には飽き始めていたという残念すぎる現象が起きたので、今回はクロスフェードも何回かしか聴かないようにしています。期待を高めていく。……と言いつつちょこちょこ聴きたくなるのですが。

——————–

 私の好きなものって、思ったほど周りと共有できないことが多くて、

 つまり、アニメとか、ゲームとか、ボカロとか、ロキノンとか、そういう括りでは周りに共通の趣味を持つ知人がいるものの、

 その中で、ピングドラムとか、ドンキーコングとか、wowakaさんとか、ヒトリエとか、細かいレベルで一致する人はあんまりいなくて、だからこそそれをブログに書くしかないという側面もあったのですが、

 スプラトゥーンは久々に大ヒットというか、周りの人が結構な割合でハマっているものに私もハマっているのでとっても幸せです。こんな素晴らしいコンテンツを生み出してくれてありがとう…っていう気持ちです。

——————–

 最近、休日より平日の方が楽しい。

 より正確に言えば、授業の少ない平日の方が楽しい。です。

 理由としては、まあ単純に言えば家族と一緒にいるとストレスが溜まるという身も蓋もない感じなのですが。

 いや、別に家族関係が悪いわけでは決してなく、
 高校生の弟とは未だに毎晩スプラトゥーンを交互にやってウデマエが落ちた責任を擦り付け合うくらい仲が良いのですが、

 それはそれとして、家にいることで常に対人関係を要求され、自分の時間を管理され思うように使えなくなることのストレスを、本当は前から感じていたのだと思うけど、留学で疑似一人暮らしを経験したことでますます感じるようになりました。

 「一人になってみると家族のありがたみがよくわかるよ」みたいな話、よく聞きますけど、

 実際一人になってみると全然ありがたくもなくひたすら解放感しかないですからね。
 カナダにいる間、友人と会いたいなーということはあっても、家族と会いたいなーと思うことはあんまりなかった。気がする。

 まぁ自炊とか洗濯とかが絡んでくるとまた違いそうですが、でも家事を理由に求めてしまう時点で家族である必要もあんまりないですよね……。

 そんなわけで、大学の図書館とかカフェとか学食にいる方がよっぽど快適だし幸せです。もしくはそのへんのマックとかスタバとか。
 大学がそこそこな近さにあれば休日も通ってたと思います。中学や高校の頃と違って居心地いいし。

 ああ、でもこれはどちらかというとSurfaceを買ったことの方が要因としては大きいのかも。フルスペックのワークスペースを完全に持ち運べる以上、電源さえ確保できれば家に帰る理由が一切ないですからねもう。レポートも創作もネットも全て外でできる。

 さらに言えばこの半年で収入が劇的に増えたことも重なっていて、毎日外食とかしても金銭的には一切危なくない、というのも大きい。
 それでも、一人暮らしの諸経費を全て賄うレベルの収入ではないし、学費などで依存している身なのも変わらないので、今のところ一人暮らしを今すぐ始める気はないのですが……。

 あー。家に帰りたくないー。
 最近特に面倒なことになっていて苦痛度が増しています。この土日は私の人生を通しても珍しい、「早く平日になれ…」と思う週末でした。

 でも中学の頃も似たようなことを思っていたし、高校の頃もそうだった気がする。いや学校にもいなかったですけどね。帰り道の駅前のデパートで何となく時間を潰しているとかそういう感じ。

 基本的に一人でいるのが好きなのですが、大学入ってからの1年くらいがある意味特殊で、高3の頃の「家に帰ると受験勉強の話をされて気が休まらない」状態の反動でそれなりに居心地が良かったのと、そもそも家にしかパソコンがなかった状態が重なって、結構早めに家に帰ってたんですよね。

 まぁ、20歳にもなって一家団欒大好き~みたいな方が気持ち悪いんである意味正常なのではないでしょうか。たぶん。

 そんなわけで今もマクドナルドでブログを書いていたりします。紫いもシェイク、マックの新商品にしては久々に美味しいです。

——————–

 一人が好きであること、と、

 他人と一緒にいたいこと、とは、

 別に矛盾しないよなぁと思っていて、

 というか、人間はだいたいみんなそういうものじゃないかなぁなんて思うのですが。

 私の場合は、単に「一緒にいて楽しい相手とは一緒にいたいし、そうではない相手とはそうではない」というだけの話で、

 逆に、ごく一部の人とはもうむしろ毎週でも毎日でも会って話がした いなんて思うこともある。

 まあそんなことを思った相手というのは人生で2人か3人くらいかなぁという感じですが。

 最近、とにかく自分の孤独に耐えられないことが多くて、
 できる限りの自分の感情を共有せずにいられなくなっていて、

 もちろんその一部はブログやツイッターで満たされているし、
 同様にその一部、または大部分、は現在いる友人で満たされてもいるのですが、

 やっぱりそれでは足りないと思うことも最近あって、どうにかできないかなぁ…と考えている日々です。

 考えているだけでは何も起きないのですが、考えないことには何も始まらないので、考えています。

 何でしょうね。この記事、本当に読んでいる人に意味を理解してもらえるのでしょうか。不安です。でも上げます。

 「マックにいる」って書いちゃったせいで、この記事を書き終わらないとマックから帰れないんですよ。そろそろ終電がヤバい。…いやさすがにそこまでではないか。

——————–

 ブログに関することの発表を早いうちにしようと思っていたのですが、あまりにめどが立たないので先送りになりそうです。今年中には……。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。