Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

weekend

 留学来てから初めての土日です。

 平日の夜、時間見つけてブログ書こうと思いつつ、暇な時間は寝てるか課題してるか仕事してるか、で、意外とまとまった時間を取れなかったので、土日になりました。

 何だかんだ楽しめてます。今日は1週間で思ったことを覚えてる限り書き連ねておきます。

——————–

 ・食事

 一言でいえば、バリエーションが少ないけど、美味しい。

 KIMG0018 KIMG0025
 
 KIMG0064 KIMG0041

 めっちゃアメリカ感ないですかこの食事。4枚目の写真の何か不味そうに見えるやつはフルーツヨーグルトです。
 カナダはまぁ北米なんで文化圏としてはほぼアメリカです。
 一応数十年前までイギリス領だったのでその文化もあるらしいんですけど、とりあえず食事は美味しいです。

 朝食はこんな感じで、毎朝スクランブルエッグとベーコンと牛乳を固定し、ワッフルとハッシュブラウン(ハッシュポテト)をローテーションしています。

 KIMG0019 KIMG0043

 KIMG0062 KIMG0060

 昼食や夕食はだいたいサンドイッチやハンバーガーで済ませています。
 …あまり美味しそうに見えないのは写真が下手なせいです。写真2枚目のサンドイッチはマジで美味しかったです。ローストビーフ、トマト、マッシュルーム、あとなんか野菜。

 他にも、基本的に食事はどれも美味しくて良い感じ。

 私はあんまり食に執着がないので、こんな感じでも今のところは飽きてないです。

 貼った写真は全て学内のカフェテリアなんですけど、学割が効いてめっちゃ安いので他のところで食べる気にあんまりならないです。

 上に貼った食事、基本的にはC$3~4(カナダドル)の範囲です。レートとしては1C$=¥100で考えてもらえればいいと思います。
 牛乳が250mlでC$0.82くらい。安い。

 一日の食事に使える金額の目安として大学から渡されているのはC$9.3なので、微妙に足りない気もしますが、別に3食すべて大学内で食べると決まってるわけじゃないんで、それ考えるとどうにでもなりそう。

——————–

 大学寮。

 寮生活はかなり快適です。

 まず個室なのが最高。これに関しては正直日本にいた時より楽な部分もあります。
 周りが日本人じゃないのも、まともなコミュニケーション取れなくて当たり前だし、挨拶とかはして当たり前だし、みたいなのがはっきりしてて意外と楽な感じ。あんまり気を遣わなくていいというか。

 部屋も結構綺麗だし、シャワールームやトイレもなかなか清潔で、シャワーの時間の制限なんかもないしで、とても良い感じ。

 あー、あと、これはカナダ全体に言えることなんですけど、水道水が飲める、というのがかなりありがたい。
 別に直接飲むだけでなく、単純に歯磨きとかの時の安心感というか不快感のなさがだいぶ違うので。

 とにかく食事も含めた生活面ではほとんど困ってません。

——————–

 授業。

 とにかく1コマが長い。

 開始時間が8時半なのは、まぁ、そもそもこっち来てから毎日23時に寝て5時半に起きる生活なんで、そこまで苦にはならないんですけど、

 1コマ110分×2は、さすがに、だれる。70分×3とかにならなかったんでしょうか…。

 授業自体はそこまで難しくもなく、留学生同士でのスピーキングによるコミュニケーションが半分、文法に関する学習が半分、という感じで、

 一番の問題は私が他人とのコミュニケーションが苦手という部分なんですけど。

 今の授業は、高校の時と同じくらい行きたくない、みたいな感じがあります。
 人間関係に拘束され、強制され、興味のない話を聞く…という行為が、そういえば嫌いだったなぁ、と、そんな気分です。

 とりあえず1週間乗り切りましたが、おそらく土日明けは死ぬほど行きたくなくなるだろうな…って今から既に不安です。

——————–

 余暇。

 基本的に私は一人で何となく自由を謳歌するのが好きなんで㠀å‰²ã¨æ¥½ã—めてはいるんですけど、

 あんまりすることがない。

 そこにきて初めての一人暮らしの解放感も合わさって、今はだいぶ無気力状態です。

 暇な時間はだいたい寝てる感じ。監視の目がない空間だと人はここまでおちぶれるのか…という気分。

 早寝早起きになってるのも単純にやることがないからで、日本にいた時は寝る間も惜しんでスプラトゥーンやってたんですけど、今はWiiUもありませんし。

 かといって作曲とかそういうことをする気にもならないという。思ったより実のない6週間になりそうで辛い…。

 あーあと、アニメに関してはまさに海外オタクの気持ちを味わっています。
 ニコニコの公式アニメ、地域を理由に視聴制限されました。

 こうなるともうどうしようもないので海外サイトで観てます。

 とりあえず洲崎西とミリオンドールは短いので観ると思います、気になってた「下ネタという概念の存在しない退屈な世界」も観てみましたが、うーん、まぁ、気が向いたら観るかな…?
 下ネタはなんというかもっと哲学的な話だと思ってたんですけどね。「下ネタという概念」が存在しないんじゃなくて「下ネタが禁止されてる」だけじゃないですかー!みたいな。

 もっと「当たり前のように性器の呼称が会話に登場し、それに誰も驚かない」的な世界観を期待してたのでちょっと肩透かし…。

——————–

 生活リズム。

 こっちに来てからというもの、夜は22~23時の間、遅くても日付が変わる前には眠り、

 朝は5時~6時に起きるという素晴らしい生活を送っています。

 生活リズムが早くなってるのは、夜が早いのに加えて、前述の通り授業が8時半からなので寝坊しないための対策でもあります。
 やることに追われていないのであれば、朝早く起きるに越したことはない。

 あ、あと、こっちは…というかこの大学は、カフェテリアが夜7時で閉まってしまうため、夕食が早く済んでしまうのもありますね。夜7時以降にやること、シャワーだけですからね。課題とか含めてもそりゃ早寝にもなる。という。

 日本でもこうできればいいんですけどね…難しい。

——————–

 総じて今の留学生活が楽しいかと言われると、

 「日本にいた時と同じくらい楽しくない」みたいな感じ。

 授業形態が大学よりも高校に近いので、そういう意味では日々が苦痛です。

 が、それはカナダだからどうこうというわけではないので何とも。

 むしろカナダは治安も悪くないし、日本と違って湿っていないので過ごしやすいし、割とベストな感じです。

 あとはまぁ知り合いと会えないのだけが残念というか、不満のほとんどはそれですね。

 土日だけでも友達と会えてスプラトゥーンがあれば1年でも過ごせそう。…いや1年は飽きるな。

 6週間は割と精神が持つギリギリのような気がします。っていうか帰りたい。

 どうなんでしょうねー。今のところ、経験として今後の役に立つものになっている確証はあんまり得られていないのですが、

 まぁ、何だかんだで海外で生活するというだけでも刺激的な経験…なのではないでしょうか…。

 

 ……土曜日(昨日)、朝食と夕食とシャワーとトイレ以外で一歩も部屋の外に出ませんでしたけどね……。

 アニメ観て、ラジオ聞いて、友人とSkypeして、LINEしてました。さすがにやばい。

 というかこれが日本だとしてもやばい。

 ……ここ数か月、仕事だったりスプラトゥーンだったりで、結構暇になることが少なかったんで気づかなかったけど、

 私自身が相当につまらない人間になっていることに気づかされました。

 ……何かしなきゃな……。何をしよう……。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事