Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

到着

 カナダの留学先の大学寮に到着しました。

 現在時刻は18:00頃。時差16時間を超えてきたせいで、日本を出発した時刻からほとんど変わっておらず、
 実質1日が40時間あるので地獄を見ています。

 寝たい…でも今寝たら夜の留学生同士の懇親会に絶対出られない…。

 そんなわけでブログを書いています。

 朝の機内食が微妙な時間(現地時間9時)だったためにお昼を抜いてるんで、お腹も空いてるんですけど、

 しかし今何か食べたら懇親会で食べられなくなるのでひたすら耐えています。

——————–

 飛行機の中では、寝たり、ちょっと動画案件の作業を進めたり、していました。

 が、一番驚いたのは、隣に座っていた一緒に行く同級生の1人が、機内でCubaseを開いてDTMを始めたこと。

 こんなところでそんなピンポイントな趣味が合う出会いとかあり得るの…と思いつつ、DTMトークに花を咲かせました。
 相手はダンスミュージック、テクノ、EDM系がメインなので、微妙に趣味が合ったり合わなかったりして、面白いです。

 アンビエント系(自然系?)も好きだというので、私が知っている唯一のアンビエント音楽である、
 ドンキーコングシリーズのBGMを聴かせたら気に入ってくれました。やはりDavid Wiseは最強。

——————–

 部屋は結構快適っぽいです。

 というか個室、しかもそれなりの広さ、さらにネット環境がある、という時点で私としては一切文句ないわけですが。というより最悪ネット繋がれば狭くてもいい。

 …まぁ、欲を言えばテレビとか湯沸しとかトイレとか洗面台とかあればなーとは思いましたが、そのへんは仕方ないですね。寮だし。

 トイレとかも含めて設備も結構綺麗で、なかなか快適に過ごせそうです。あとの不安材料は食事くらいですかね……。

——————–

 それなりに暇な時間があったので、適当に一人でキャンパスをぶらついてて、ふと思い出したんですけど、

 私、一人旅が割と好きなんですよ。

 といっても雪まつりくらいしか行ったことないんですけど。

 一人になれる時間とか、一人で考え事をする時間、自由に使える時間というのが、結構好きで、
 大学にいる時も、空きコマを効率的に活用するのが割と好きで、
 他にも細かいところで、スケジュールを厳密に立てないにせよある程度の目安を立てて自由に動かすのが好きで。

 ……ラブライブの最終回みたいな文章に図らずもなってしまっていますが、

 とにかく、こういう何気ない一人の時間に幸せを感じるので、

 今のところ、割と、楽しめそうです。留学。

 あとは授業にうまく馴染めればいいんですけどね…。

——————–

 留学に関して、今はだいぶポジティブな気持ちになっているんですけど、

 これは出発前日にブログを書きながら、大きな発想の転換を行えたことが大きくて。

 少し前までは、「せっかく留学に行く以上は、他国の留学生と積極的に交流したり、いろんなところに出かけたりしなくてはならない」と、思っていたのですけど、

 だんだんと、自分の中でその考えが重荷となって、留学に対する不安が大きくなっていた時に、

 ふと。

 「日本ですらまともに友人を作れていない私に、海外で友人を作るなんて不可能に決まっているのだから無理にチャレンジする必要さえない」という、

 完全な開き直りの境地に到達しまして。

 そうすると、個室でネット環境あって一人きりで自由に買い物に行ったりできる1ヶ月半という、

 なかなか楽しそうな日々が見えてきたわけです。

 …まぁ、もちろん授業はちゃんと出ますけど。

——————–

 そういうわけでそれなりに楽しく過ごせそうです。

 しかし明日朝8時半からクラス分け試験というなかなか過酷な日程なのでそろそろ寝ます。

 おやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

person Profile

    Stories

  • ボンバーマン記事がSurface記事よりアクセス数で上回ってるー珍しい。どうやらTwitterで少しだけ拡散されたことは知りましたが。追記しとこうかな。

    (2018.08.15 20:02)
  • 1つのコメントや引用ツイートで全否定されてる気分になったり全肯定されてる気分になったりするのだから、コメントすることってやっぱり大事だな……。自分ではどうしてもそういうことが苦手だけど、有名人にリプライしたりするの、ちゃんとやらなきゃいけない気がしてきた。もちろん相手を人間だと思っていない失礼なリプライ送る人は全員ブロックされて然るべきだと思うけれど。

    (2018.08.15 14:57)

About

    Favorite Item List

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事