Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

#上半期を振り返る

 2015年も半分終わったらしいので。

 ちょっとやってみたかったんですよね。ハッシュタグタイトル。

 いや、単純に140字じゃ収まりきらねーよ!みたいな感じがするのもあって。

 ……まぁ、すでに7月4日で、タグが流行ってからも時間経っちゃったんで、だいぶ今更感はありますが。

 ともかく振り返ってみます。

 1月:サイト制作の依頼を受ける。
 2月:サイト作る。
 3月:バイト始める。Xbox One買う。
 4月:新学期になる。ガールズモード買う。
 5月:情緒不安定になる。スプラトゥーン買う。
 6月:動画制作の案件に手を出す。スプラトゥーンやる。

 

 まぁ、だいたいこんな感じなんで、140字の収めようと思えば全然収められるんですけども。

 それでももう少し詳しく書いてみたいと思います。

 

 ゲーム。

 この上半期は結構いろいろ買った…ような気がしたのですが、

 だいたいスプラトゥーンに印象を全部持っていかれた感はあります

 Xbox One買ったりしたんですけどね…。初めて据置ハードを自分のお金で買いました。携帯機は3DSLLとNewLLがあったんですが。

 HaloとかガールズモードとかSunset Overdriveとか、全部エンディングまで行ってないんですけど楽しかったです。

 いや、向こうに持っていくガルモはともかく、HaloとSunsetは留学から帰ってきたらクリアしたいんですけど、留学後に暇ができるかって言えばそんな気もあんまりしない、という。帰ってきたら夏休み残り2週間しかないですからね……。 

 あと、地味に今年一番長く遊んでるのはポケとるですね。あーあとミリオンライブは言うまでもなく

 ただミリオンライブは最近ちょっと冷めてきてます。夏休みで空き時間が少ないのもありますが。

 とはいえそうそう止めるという予想もしづらいので、完全に生活の一部に溶け込んでいる感じ。ソシャゲ怖い…。

——————–

 音楽のこと。

 この上半期で聴いた音楽を思い返そうにも、だいたいヒトリエとスプラトゥーンで終わるという。あ、あと米津さんのFlowerwallもありました。

 アニソンで言うと…まぁちゃんとしたランキングは年末に出しますが、

 「FLYING FAFNIR」「メッセージ」「夢色パレード」「Absolute Soul」あたりは良かったなぁ。今期はあんまりアニメ観てないんですけどね。

 あ、あと、悠木碧さんの「アールデコラージュ ラミラージュ」、伊藤美来さんの「Dear Honesty」あたりの声優ソングも結構ハマってます。

 

——————–

 アニメのこと。

 前クールは「ユリ熊嵐」があって、もちろんめちゃくちゃ面白かったんですけど、ピンドラに比べると難解というかテーマが抽象的すぎて、私としては期待ほどはハマりませんでした。

 あとは…全然印象に残ってない。前期も今期も不慮の事故でほとんど完走できなかったんですよね。

 スマホの調子が悪くなったり、私の精神的な調子が悪くなったり。

——————–

 バイトのこと。

 まーこの上半期で何があったかって言えば、一番はバイトに関するアレコレですね。

 上半期までの収入だけで既に去年の合計の2倍に達しているというあたりが怖い。

 ウェブサイト制作と画像・動画編集。主にやってることはそんな感じです。たまに雑務みたいなことも入ったりはしますが。

 どちらも自分の好きな作業ではあって、(というかそうでなかったら中高の頃にそんな技術を習得しているわけもなく、)

 それが仕事に結びついているのだから嬉しい限りではあるのですが、

 一方で、今やっていることが、そのまま自分の一生を左右する可能性が現実味を帯びてきていて、

 ちょっと考えなければいけないなーと思ったりもしています。

 実際、本当に自分がやりたいことがそれなら、もっとそういう大学に行っているはずで、
 自分のやりたいことが今の方向性と一致しているかどうかは、少し考える余地もありそうだなーと。

 ……あと、完全に私が卒業する前に使い潰される仕事量になりつつあるんで、そのへんもセーブしなきゃなーと思ってます。

——————–

 人間関係。

 新年度における変化といえば、

 ?2年次に英語の必修がなくなったことで、大学内で話せる相手がいよいよいなくなった

 ?高校の時から継続して仲良かった人のうちの何人かが、1年のタイムラグを経てみんな大学生になったので会いやすくなった。

 ?Twitterをきっかけに、ここ半年~1年会ってなかったような人に会った。

 どんどん高校の頃の繋がりを取り戻しているというか、新しい出会いを捨てている半年でした。

 実際、高校の時からの友人ってだいたい気心も知れているし、価値観とか本音の部分が見えるんでかなり付き合いやすいんですよね。

 大学だと本当にどこまで踏み込んでいいのかわからない。そもそも踏み込みに至る友人もいないわけですが。

 とはいえ、中高の友人と小学校の友人でもまた接し方が違ったりするんで、やはり人格形成の度合いで決まるんだろうな、という感じ。

——————–

 いろいろと書きましたが、最近結構強く感じているのは、

 「2015年は、私の人生の中でだいぶ大きな転換点になるのではないか」ということ。

 ここまでの19年間、だいたい人生の節目=入学と卒業、みたいな感じで来てて、

 中高一貫に入学した2008年とか、中学卒業と大震災があった2011年とか、あとは大学合格した2014年とか、
 そのあたりがそのまま重大な時期を指していて。

 特に、就活もなくて一番楽な大学2年次が、受験・合格・入学というイベントをこなした去年より濃くなるわけがない、と思っていたのですが。
 …あ、高校の卒業は大したイベントじゃなかったんでどうでもいいです。

 ともかく、2015年は大したことのない1年になるだろうと思いながら臨んだのですが、

 この半年を振り返ると、人生の岐路というか、大きな曲がり角というのはたぶんこんな感じで訪れるんだろうな、みたいなところにいて。

 しかも7月まだ4日しか経ってないのに結構大きなイベントというか、大きくなるかもしれないイベントも起きていて、

 そこにきて今月は人生初の(ついでにたぶん最後の)留学ですから、もう私の周りのいろんなところでいろんなことが動いている感じで、

 現時点で割とキャパシティがオーバーフローしてます。

——————–

 留学、実は明日出発で、本当はブログなんか書いてる暇ないんですけど、

 当たり前のように不安で不安で仕方なく。

 そもそも私の場合、自室を持ったことがないというところから始まって、自立した生活を送った経験がないので、

 ちゃんと授業の時間に起きられるかな?みたいなところから不安なんですよね。

 一人部屋なのは楽でいいんですけど、(自炊の必要がないとはいえ)初の一人暮らしが海外というのは、なかなか不安です。

 ……まぁ、逆に言えば、一人暮らしを疑似体験できるチャンスなんで、それはそれで楽しみもあったり。
 帰る頃にはむしろ家族と暮らすのが億劫になってるかもしれません。

 私の性格からして、たぶん慣れてしまえば一人で生きてる方が絶対快適なんですよね。

 …わざわざカナダに行ってまで、授業と食事以外は自室に引きこもって延々Surfaceやってる暮らしをエンジョイすることは考え物ですけども。

——————–

 ともかく、あと半年、いろいろと頑張らなくてはいけないことが多いので、頑張らなきゃなーと思います。

 この半年は、肝心の大学の授業がちょっと疎かになってしまった面もありますしね…。

 あー、あと、ブログに関して言えば、久々に更新しまくった半年でした。まさか約2ヶ月も毎日更新するとは…。

 ブログの方は、今月26日で丸7年となります。厳密には移転前に9ヶ月くらいやってたんですけど。

 今月は…まぁ、それなりに更新します。とりあえず着いたら更新します。

 あとは、留学先で愚痴りたいことや嫌なことがたくさんあって、精神的に不安定になったら鬱々としたことを書き募ると思われます。…たぶんそうなるんだろうな…。

 ただ、高校の頃までは、環境が変わるたびに自殺したくなるくらいの勢いだったのですが、
 大学は入った3日目くらいから楽しめて、初めて愛校心を感じるくらい気に入ってるんで、

 ひょっとしたらカナダでもそんな感じかもしれません。…たぶんないと思ってるけど!

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事