ひとりごと access_time

理想と現実

 気を抜くとブログ更新を怠る癖がまたしても発動し、今月もそれなりの更新回数で落ち着きそうな気配。

 と言いつつ、すでに7回目なんで、8回は超えるんじゃないかなー…と思っているのですが。

 こういうの、もう少し定期的にできればいいなとは思うものの、書くことがないことには更新できないですからね……。

 ——————–

 近況としては相変わらずガールズモードを遊んでます。
 ファッションショーのモデルとしてデビューしたことでうちのショップの評判が広まり、全身コーデの依頼が増えてきました。

 とりあえずガーリー系とフェミニン系のコーデはこなれてきた感があるものの、やはり根本的なファッションセンスのなさが足を引っ張る…。3作目だからなのかわかりませんが、あんまりそのへんの解説をしてくれてない気がします。
 とりあえずイメージを統一しとけば何でも喜んでくれる、みたいな…。

 ただ、全身コーデは今までの単発コーデよりも桁違いの収入が入るので、一気にお金が貯めやすくなってきました。これでミニチュアお部屋づくりに本腰を入れられる…!
 と言いつつ展示会に行くと仕入れたい(着てみたい)服が多すぎてすぐにお金がなくなるのですが!プレッピーとかロリータとか新ブランドオープンし始めるし!

 まぁとはいえ個人的なガルモブームは一段落した感じで、なぜか最近再開したポケモンと並行してちょこちょこ遊んでます。
 展示会の品揃えが日替わりなので、何となく毎日起動しなきゃーって気分になるんですよね。

——————–

 大学に入ってから1年ちょっと経ちましたが、
 この1年、精神的にものすごく安定していまして。

 …こう書くと今までどれだけ情緒不安定だったのかという話ですが、実際中高の頃はなかなかヤバいメンタルだったなあという感じで、

 中高それぞれで学校辞めようかなと本気で考えてたし、3年間通して嫌いだった教師もそれなりにいるし、定期的に死にたいとか言ってた気がするし、ネット上でも散々トラブル起こしたし。

 高校に至っては卒業して1年経ったのに一向にいい思い出に変わる気配がありません。なんだったんでしょうね私の高校生活。
 あれが楽しかったなーとか1つも思わないし、3年間何を考えて生きてたんだろうみたいなことを考えたりします。

 良かったことといえば、高校でやることがなさすぎたおかげでDTMとかサイト制作とかいろいろできたことと、高校の反動で大学が超楽しいことくらいでしょうか。

——————–

 で、中高の頃に比べると安定しているのは事実なのですが、一方で、

 私の中でメンヘラ女子への憧れみたいなものがあるのですね。

 なんか話題が電波方向に急転換しましたが。

 「死にたい」みたいなことをわざわざ公言するのって、だいたいは「かまってほしい」の文語表現みたいなものだと思ってるし、私自身もたいていはそんな感じなのですが、

 死にたいが高じて本当にリストカットとかする人いるじゃないですか。あれってすごいですよね。

 リストカットまで到達したらもう周りの人も構わざるを得ないみたいな雰囲気あるじゃないですか。ヤバいぞこれはと。

 でも私は、どんなに感情が昂ぶっても、理性的な思考というか、未来を想定したリスクヘッジを放棄できない部分があって、「冷静になった時に後悔するだろうな」みたいな行動にはなかなか到達できないわけです。

 リストカット以外にも、衝動買いとか、学校を休むとか、物を壊すとか。

 本当にいろいろ嫌になってブログ続ける気力がなくなったときも、ブログを閉鎖じゃなくて一時休止しただけでしたし。
 とにかく後戻りできない行動に踏み切れないのです。

 そういう意味で、リストカットは私にとって憧れです。
 あそこまでやれるメンヘラは一流ですよ。私なんて三流です。悔しいことに。 

——————–

 なんか今日のブログ、凄まじく気持ち悪いことになってますが、

 だいたい気持ちが落ち込んでいる時はこういう自分の闇を文章化したくなるのです。

 しかし、このブログの想定読者ってどこなんでしょうね…。

 ブログを始める前のことですけど、小学6年の時に、学校で嫌なことがあるたびに家でそれに対する文句を誰にも見せることのない作文にしていたということがあるくらいですから、
 極端な話このブログも、読者がいなくなっても続けてるのかもしれません。

 私自身、このブログをもう少しちゃんとコンテンツ化する、というか、少しはターゲットを意識していこう、と思ったこともあって、

 カテゴリを多少設定してみたり、ゲームレビューをなるべく単独記事にしたり、というのを狙ってやってみたのですが、

 今更無理ですね。はい。

 おとなしく自分の思ったこと、好きなことを垂れ流すブログとしてやっていこうと思います。

 2つ前の記事で「オープニングトーク」を考えている自分に気付いたことで初めて明確に意識したことなのですが、

 このブログ、「テキストラジオ」とでもいうべき部分があるなあと思って、

 たとえばラジオリスナーが、その番組のテーマではなく出演者の話術や本人のキャラクターに魅力を感じているのと同じように、

 このブログを読んでいる人は、たぶん特定の目的や内容を期待しているのではなく、暇潰し程度に読んでいるのではないかなあと思っています。

 というか、そうなってくれていれば言うことなしで冥利に尽きるのですが。

 ……問題は、私みたいな平凡な大学2年本人のキャラクターに魅力を感じる人がこの世界に何人いるのかという話なのですが、

 少なくとも私自身は私の文章が大好きなので、最低でも私自身に需要があるということでこのブログを続けていきます。

 ……実際問題、暇な時とか自分の過去の記事を読み返したりしますからね。普通に面白いので。

理想と現実 への{{comments_list.length}}件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

*ひとりごと* カテゴリーの最新記事