Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

マリドンとポケとるとパズルゲー課金のあれこれ

 最近…と言っても発売日なんでもう10日前ですけど、
 3DSで「マリオvsドンキーコング みんなでミニランド」を購入しました。

 任天堂ソフトでは珍しく、完全に互換のある3DSとWiiUの2バージョンで発売されたいわゆるマルチソフトで、
 しかも片方を買うともう片方のDL番号がついてくる仕様のため、WiiU版は弟に(有料で)遊ばせてます。
 税込3000円ちょいで2バージョンとかお得感満載すぎて買うしかない!って感じです。

 マリオvsドンキーコングは、たぶん2作目?のDSで発売されたやつを小学生だか中学生だかの頃に遊んだのですが、そのあとのDSiや3DSで出たやつはタイミングを逃して買ってなかったんですね。

 で、久々に3DS版やってるんですけど、なんかもうほんとに頭を使う。
 DS版の時はタッチでミニマリオを方向転換させたりジャンプさせたりできてたんですけど、今作ではミニマリオは一切操作できないので大変です。

 そんなせいでステージエディットもなかなかうまくいきません。
 頭を捻る同時並行系のステージが作れなくて、結局パズルというよりアクションに近い動きになってしまうのは逃げですよね…。

 そのうちパズルステージもちゃんと作りたいところ。いや、アクションステージも完成してないんですけど…。

 

 で、それと並行してポケとるもやってるんですけど、改めて思うのはパズルゲーとスタミナ課金の相性の良さですよね。

 パズルゲーというのは、全ての行動が連続して結果に繋がるという性質上、とにかくリプレイ性が高くて、失敗した時に「どこがダメだったのか?」という反省に行きつきやすい。
 で、その反省はすぐにリトライしたくなるので、そこに課金させるのはとても効率的だなぁと。

 ポケとるとかたぶんパズドラとかもそうですけど、このあたりはパーティ構築の時点で考えさせるため余計にリトライを煽る形になっているのが上手いなーと。

 パズドラのスタミナ課金というのは、システムとしてはソシャゲの流用ではあるんですけど、ソシャゲのスタミナ課金は「もっとスタミナ使わないと他の人に勝てないよ」という競争性に基づいてるんで、実状としては結構違うんだろうなーって思いました。
 対戦要素のない一人用ゲームに課金する気持ちってあんまりわからなかったんですけど、ポケとるをやってちょっとわかりました。

 まあそれでもポケとるは無課金なんですけど。

——————–

 で、じゃあマリオvsドンキーコングがスタミナ課金になったらどうなるか?といえば、
 たぶんストレスしか溜まらないわけです。

 そこがパズドラやそのフォロワーがスタミナ課金に適しているもう1つの理由で、適度に運が絡んでいるところだと思うんですよね。
 「次あともう1回やればいけそう」という気分にさせられるレベルデザインというか。

 マリドンの場合は「あと100回やってもできねえよ…」みたいなところから、無限コンティニューを前提に何度もリトライしていくうちに攻略法を見つけていく過程に魅力があるわけで、これをF2Pでやられたら即投げ安定です。

 …でも冷静に考えると、運が一切絡まないリトライ前提の「音ゲー(リズムゲー)」は、10年以上前からコンティニューにお金を取る、しかもそこそこ高額、にもかかわらずしっかり儲かってるわけで、

 お金を際限なくつぎ込む人はどんなゲームにもいるという結論に落ち着くのかもしれません。

 ということで任天堂さんはマリドン新作をスマホに出すと良いと思います。
 本家マリオやその他シリーズと違い、現時点でCS版がタッチアクションオンリーなのでスマホとの相性は良いはず。

 身も蓋もない話ではありますが、ステージエディット・公開などのユーザー主導型コンテンツは、Twitter等とも連携できるし隙間時間を使えるスマホでこそ輝く部分はあると思うんですよね。

 ピコピコメーカーとか地味に流行ってるっぽいですし。
 私は2個くらい相当レベルの高いステージを作って弟にやらせたあたりで満足したので止めましたが。

 ——————–

 ところで「ポケとる」なんですけど、現状は難易度が相当低めに設定されているので、あまり課金を煽る形にはなっていないと思うのですね。

 私自身は一応現時点で実装されているステージはほぼ全てクリアしているのですが、その中で思った「ポケとるは今後こういう機能追加をしてほしい」という要望をあげていきます。

 ?ライフを2~3個、一気に消費する「トレーナー戦」の実装
 基本的にほとんどのスタミナ制ゲームは、ステージが進むごとにスタミナの消費量が上がっていくシステムになっていると思うのですが、
 ポケとるはどこまで進んでもライフは1ステージに1個消費する形です。その代わり上限も変わりませんが。

 で、ここで提案したいのが「トレーナー戦」。
 たとえばタケシのステージであれば、ライフ2を消費してイシツブテとイワークとの連戦になり、両方に連勝すればステージクリアとなるわけです。

 この機能には3つのメリットがあります。
・ライフが余り始めるエンドユーザー向けの調整が可能になる
 言うまでもないですが、F2Pの最大の目標はいかにしてユーザーをそのゲームに縛りつけていられるかです。
 エンドユーザーは、「日課なのでログインはしてるけどライフをさっさと消費してしまいたい」という捻れた感情でゲームを続けている場合があります。
 ということで、ちょっと難易度の高いステージをライフ消費高めに設定してあると、たとえ即死したとしてもライフを無駄なく使いきった感が得られて良いのではないかと思います。

・ライフを複数消費するので、宝石によるコンティニューの価値があがる
 …今のポケとるでは、リトライのライフが軽いので「宝石使ってコンティニューするくらいならリトライした方が良い」という感じなのですが、これがライフ3くらい使うステージの、3戦目で負けてしまった場合、コンティニューしよう、という気持ちになる可能性が高いです。
 これは本家ポケモンの、ジムリーダー戦の直前でキズぐすり使うくらいなら一度ポケモンセンター戻るけど四天王戦なら回復のくすり買い溜めしとくわ理論の応用と言えます。

・ポケモンのネタ切れが防止できる
 いくらポケモンの数が700体以上いると言っても、メインステージ・エキストラステージ・イベントステージでどんどんポケモンを投入していったらいつかは底を尽きまだ™ã€‚
 しかしトレーナー戦であれば堂々とポケモンを使いまわせます。こうなれば第7世代がスタートするまで食いつなぐことも容易です。

 と、こんな感じです。

 それから、これも本当に名案だと思うのですが、

 ?宝石1個を消費することで、捕まえたポケモンのアイコンをバッジに変換してHOME画面に飾れるシステム

 さっきのトレーナー戦とかは、ちょっとエグイ形での課金促進ですが、こちらはとっても健全。
 「バッジとれ~るセンター」のポケモン版を、ポケとるに組み込んでしまうという発想です。

 ポケとるはパズルゲームになっている関係上、基本的にすべてのポケモンが顔アイコンのみで表示されているので、バッジとの相性は最高。
 これによって、たとえスペック低くてもジラーチやミュウやシェイミを捕まえに行くモチベーションになりますし、ポケとる特有の「進化前がどうあがいても無価値な下位互換になる問題」も解決できます。

 とりあえずこれが実装されたらチルタリスとデンリュウとそのメガは確定でHOMEに飾ります。
 本家ポケモンで使っているパーティを揃えて並べるなんて使い方もできます。

 ぜひ!任天堂さん、株ポケさん、ぜひ!

 ——————–

 まぁ、あと、これは言うまでもないことですけど、
 スマホ移植は全然やっちゃっていいんじゃないでしょうかね。

 ボタン操作非対応って時点でスマホ睨んでるの確実だし、せっかくDeNAとも組んだのだからさっさとリリースしていいと思う。
 何ならあの業務提携会見の直後に配信でもよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。