Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

つながり

 旅行に行ってきました。

 旅行といっても別に観光したい場所とかがあるわけではないので、旅館にWiiUを持ち込んでひたすらゲームをする不毛な3日間でした。
 2日目なんてそもそも旅館から出てないですからね…。

 大学生らしく旅行中は極限まで睡眠を削ったので正直疲れ果てています。
 そもそも旅行前日というか月曜火曜にバイトがあったので週前半もあんまり寝れていないという…。

 遊び呆けてた割にそこそこ過酷な1週間でした。

——————–

 で、その週前半のバイトの話。

 前に行ったときはイラストレーターやフォトショップを用いた紙媒体に関する作業だったのですが、
 今回はホームページに関する作業が主でした。

 バイト先の会社のホームページのリニューアルということだったのですが、
 htmlとかCSSを書けるのが私だけだったので、もらった画像や資料を元にひたすらコードを書く作業を、
 2日間で22時間ほど行いました。

 いや、コードを書く作業はそんなに嫌いじゃないので、ボロボロになりながら…みたいなことは別にないのですが…。

 まぁただ、これで私もhtmlコーダーを名乗ることはできそうです。
 今までは自分のPC関連技術のスキルがどの程度「使える」ものなのか自信がなかったのですが、とりあえず仕事として振られてもどうにかなる程度であることが証明されたので…。

 とはいえこの、直球に言えばブラック職場感を目の当たりにしているだけに、これを仕事にしたいか?と言われると悩みどころではあります。
 仕事自体はそれなりに楽しいのですが、それは責任を負わない立場にいるから、という面も大きいでしょうし…。

——————–

 ところで、ウェブサイト作れますよーっていう話をすると、
 「情報科どころか理系でもないのになんでコードが書けるの?」という質問をされることがたまにあるのですが、

 中1の時に『涼宮ハルヒの憂鬱』シリーズに出てくるSOS団のサイトを作る話を読んで自分のサイトを作りたくなったのがきっかけです。
 元々ブログをやっていて、その頃は小説も書いていたので、サイトに載せるコンテンツが一応揃っていたのが大きいですね。

 その後、汎用性ゼロな素人向けソフトとして悪名高きホームページビルダーを購入して一通り遊んだ後、
 高1だか高2だかの頃にニコニコ関連でのサイトを作ろうと決意。

 その頃にはホームページビルダーによって作られたサイトが、自由度も低く、一目見ただけでビルダー作なのがバレるものであることなどを理解していたので、テンプレに頼らずに一からデザイン設計を行い、
 そこで初めてhtmlとCSSを組み合わせてサイトを作りました。
 まぁ、ブログサービスであるJUGEMがhtmlとCSSに基づいたデザインだったので、存在は何となく知っていたのですが、CSSまで弄るようになったのはそこからですね。
 その頃はMicrosoft Expression Web 4やDreamweaverのような便利なソフトを知らなかったので、htmlもCSSもメモ帳で書いてました。

 htmlは基本的には文章や画像などのコンテンツに触れるフォーマットなので、CSSまで使うとピクセル単位でデザインを弄れるようになるので便利、というか、CSSなしではさすがにまともなサイトは作れないです。今になって思うことですけど。

 で、つい2か月前に依頼されたウェブサイト制作では、新たにレスポンシブデザインを勉強しました。
 …これ、別に怒られることではないと思うので、作ったサイト紹介しますね。

 http://colorful-cafe.main.jp/
 「Dining Caf? から風流」という喫茶店と地域交流とサロンの合体したような、不思議なカフェです。

 内容そのものは読んでいただくとして、
 トップ画像の下のメニューが、PCでは1段、スマホでは2段構成で表示されるなど、初めて作ったにしては結構うまく対応できているんじゃないかなーと思います。
 レスポンシブ以外だと、ランチメニューのページのタブカレンダーとかスムーズスクロールとか。

 …スムーズスクロール、向こうのサイトに実装して楽しかったのでこっちのブログにも貼ったんですけど、重くなったのですぐにやめました。

 で、これを受けて今はバイト先の会社のホームページを作っているわけですが、

 振り返ってみて面白いなーと思うのは、中1からウェブサイト制作に馴染んでいく過程で、
 どこか1つでもタイミングが違っていたら今の状態に辿り着いていないな、ということ。

 最初にブログをやっていて、その上でハルヒを読んでいなかったら、サイト制作に触れようとも思わなかっただろうし、
 そのあと、高2の時にCSSに挑戦していなかったらカフェサイト制作の依頼も受けなかったと思います。

 そして、その制作で相当頑張ってから1か月足らずというタイミングでなければ、今のバイト先での仕事もおそらく満足にこなせないか、もっともっと時間がかかっていたわけで。
 即戦力として評価されるレベルになっているのは本当に奇跡だな、と…。

——————–

 そんなわけで、バイトでめちゃくちゃ働いたことによってそれなりの収入が見込めるようになったので、
 ついにXbox Oneを購入しました。

 キャンペーン終了後しばらくして、ビックカメラが5000円引を再開していて、
 「これは今度こそ買わなければ後悔する」と思い、衝動的にポチりました。

 E3で新型とか値下げとかあるかもしれませんが、少なくともホワイトカラーはまずしばらく出ないだろうと。
 期間限定といいながらほぼ常に何らかの形で白黒両方が購入できる状態にあるWiiUとは違うのです。…たぶん。

 とはいえ、届いたのは絶賛旅行中で、昨晩はセットアップする気力もなかったので、まだ段ボール箱の中なのですが…。中身すら確認していません。

 ただ噂通り段ボール箱はほんとにでかいです。
 縦横がそれぞれWiiUの2倍というレビューをどこかで見たのですが、本当ならゲーム機を置いてある台から先代のWiiが退くことになりそうです。

 WIiUもXbox Oneも白だから、Xboxのファンじゃない方の半分に乗せたらいい感じに馴染むんじゃないかな。うん。

 …しかし、勢い余ってXboxを買ったものの、任天堂機に出てないソフトのうち多少欲しくなくもないアイマスとかペルソナとかDQHもPS独占ですし、実際どの程度稼働するかは未知数。

 が、最悪でもBlu-rayãƒ—ãƒ¬ã‚¤ãƒ¤ãƒ¼ã¨ã—ã¦ã®æ ´»èºãŒä¿éšœã•ã‚Œã¦ã„るのでどうにかなりそうです。

 とりあえずはろこどるvol.7と、ピングドラムのBlu-ray BOXですね。
 あとバックトゥザフューチャーのBlu-ray BOXとかも若干欲しい…。それからトムとジェリーのDVD詰め合わせとか…。

 ……Blu-ray再生環境が整ってしまうのは、非常に罪深いものです。

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。