Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

2014年

 1年ももうすぐ終わりですね。
 私は紅白とかガキ使を適当に観ながらぼんやり過ごしています。
 昨年末のことはあまり思い出したくないです。何もしなくてよいことが幸せです。

 しかしなんだかんだ言いつつ前半2回しか更新しなかったのに今月も月8回更新に着地させる私すごくないですか?
 あんまり狙ってやってるわけじゃないのですが、だいたい2~3日して「そろそろ話題溜まったし書くか~」みたいにしていくと自然とこのくらいになるんですよね。
 私の考え事の溜まるペースがだいたい一定なのだと思います。

 ——————–

 紅白を観ていると、「知らない曲でもみんなが盛り上がれるようにする」一番の方法が
 「曲そっちのけで動画や演出のインパクトを優先させる」なのは皮肉というか何というか、

 こうするしかないのはよくわかるけど、歌番組という枠組みではないような気もしますよね。

 別に紅白に限ったことではないけれど、音楽の力というのは最終的に踏み台として落ち着くのでしょうか。いろいろ考えさせられますね。

 あと、Let it goが海外では少数派の象徴として同性愛のアイコンに使われていたりもするのに、日本では大合唱になってることとかも。

 ——————–

 2014年のことを振り返ると、まあいろいろあったなーという感じで、
 個人的にはとりあえず大学に入れたことが一番大きいのですが。

 一方で自分自身のことを見つめると、いろいろと守りに入ってしまった一年というか、
 「私とはこういうものである」ということを固めてしまった感じもあって、

 大学入った当初はもっと「こういうことにもチャレンジしたい」みたいなのがあったのですが、
 結局のところ「そういう風にはなれない」という結論を自分に対して下してしまった。

 まあ簡単に言うとウェーイ感をほんの少し察しただけで学祭委員を唐突に辞めてしまったあたりなのですが。
 ほかにも、ボカロ曲作らなきゃなーなんて思いつつ結局ポケモンやらスマブラやらやってて下半期ほとんど何も作れなかったこととか。

 正直な話、特に高校生の頃の私は、
 どうして自分にはこんなに何もないんだろう、なぜ自分はこんなに周りに負けてしまっているのだろう、みたいな自問自答をずっと繰り返していて、

 周りというのはもちろん同級生だけではなく、自分の感知する範囲にいるすべての人、であったわけですが、

 「何もしない自分には何の価値もない、何も作らない自分には生きている意味がない」くらいのことをずっと感じていた部分があった。
 だからこそ、小説を書いたり曲を作ったりメドレーを作ったり、とにかく何らかの「他人にはできないこと」をすることに喜びを感じていたし、そうではない、受動的な行為すべてを続けられなかった。

 ところが、それらの活動が今の自分にどう結びついているか、ということは別として、
 まあこういうことを言うのはダサいですがそれなりに良いレベルの大学に入れたこともあり、
 「現時点での自分は価値のない存在ではない」というある程度の保証を得られてしまった。

 そこに、大学でのハードな課題量も加わって、
 受動的に日々を生きていてもそんなに不足を感じずに済むようになってしまった。

 今年9月以降は特にそうで、
 スマブラ・ポケモンが出たことと、課題がそれなりに多かったことを隠れ蓑に、

 それ以外の作業を全然進めることなく、課題を片づけて、ブログを書いて、終わったらその達成感で何の生産性もないスマブラのネット対戦、というようなローテーションができあがってしまっていた。

 これではいけないなあ、という反省が強いです。
 おそらく、こういうライフスタイルの先にあるのは会社での仕事をこなして土日は寝るだけの社畜なわけで、
 そのように流れるのはもちろん楽だし、それはそれで楽しいと思うのだけど、
 自分としてはそれに抗っていきたいという思いが強いです。

 ——————–

 それはそれとして今年の最大の収穫はやっぱりゲーム作りですね。
 

アクションゲーム「HITOLIS」

 周りからは何の反応も得られなかったけれど私の中では大きな手ごたえがあります。

 というか、そもそも次はもっと周りに受けるものが作りたいですけれど。

 オリジナルインストBGMを20個作ったのは相当頑張ったと思うし、この経験は絶対先に繋げたいと思っています。頑張ります。

 あとは…そうそう、このブログに対する考えとしても、何かを発信していく活動そのものに自分の意味を置いていきたいと思っていますし、TwitterやFacebookとは違う、自分の居場所として大切にしたいと思います。
 長い文章の形で自分の考えをまとめるフォーマットがあるのはありがたいことです。

 ——————–

 別に反省とかではなく思い出として言えば、
 New3DSLLとかSurfacePro2とかいろいろ買えたし、

 ヒトリエワンマンとかろこどるのトークイベントとかいろいろ行けたことも嬉しかったし、

 個人的に最もテンション上がったのはグリマスのイベントでキリ番取って上位SR貰えたことかもしれないです。

 ——————–

 そんなわけで、2014年ありがとうございました。

 年末なのでとても鬱々としたテイストでしたが来年はもう少し明るいことも書いていきますので、今後もお付き合い頂けたら幸いです。よろしくお願いします。

 …ところで、Web拍手乞食した12月26日以降、拍手が1件も来なくてさすがに悲しい。
 強制するわけではないですけどもう少し気軽に拍手してもらえたら嬉しいです…

*ひとりごと*カテゴリーの最新記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    Favorite Item List

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事