Our Story's Diary

こころを動かされたものと、動いたこころのこと

エイティーン

昨日、9/3は私の誕生日でした。
毎年、事前に言うと祝ってほしいっぽくて恥ずかしいので事後報告するわけですが、6人ほどに祝ってもらえました。やはり嬉しいものです。
18歳です。免許も取れるし結婚もできるしビデオ屋のアレなコーナーにも行けるらしいです。今のところどれも予定はありませんが。18歳になる前から腐っています。
——————————–
2年前とか、3年前とか、5年前の自分のことを考えると、今の私から見たら考えられないことをしたり言ったりしていて、周りの人からどう思われていたのだろう、なんて考えるのだけど、
3年前は周りの人も3年前なのに、なぜかそんな気はしなくて、周りの人は前から全然変わっていなくて、3年前とか、5年前にすでに人格が完成されていたように思えてしまう。
ということは、案外、私も他人からしたらちっとも昔から変わっていなくて、黒歴史なんてどこにもないのかもしれない。
……だといいのだけど。はぁ。
——————————–
いろいろあって、『あの花』を一気見しました。
名前しか知らない作品だったのですが、いや、これは本当に見る価値のある作品ですね。
ああいう、キャラクター同士が精神的に葛藤しながらお互いを傷つけ合う作品、大好きです。ココロコやさくら荘なんかもそうなのですが、あの花はそれをもっと一般向けにした感じですね。
考察とかなしに、ただ女子陣の可愛さに見とれて、ただ感動すればいい作品です。いま劇場版やってるので興味ある人は行くといいと思います。
Secret Baseのタイミングが卑怯すぎて、ラストシーンは泣く一歩手前まで行ってました。中学の卒業式ですら寝かけてた私が泣きかけたので素晴らしい作品なのだと思いますよ。
……まあ、主人公が受験失敗した引きこもりなんで、必要以上に感情移入した部分も……いや、これ以上はやめておきますが。
——————————–
9月に入ってから、登校中に『あまちゃん』を観ています。
夏休み中も観たり観なかったりだったのですが、今週から震災編だったので、観るようにしました。
予想よりもかなり直球に震災を描いていて、演出や伏線に驚かされっぱなしです。
先週土曜の、震災直前回の演出が特に。3/11の12:00とか字で出ると息苦しくなる……。
——————————–
今日は校内の総合発表会的なものがあって、いろいろ見ましたが、
ああいうの見てると、私ももう少し頑張ってもよかったなあ、なんて思ってしまいますね。
例えば、初音ミクと音楽に関する研究とかテーマにして、ちゃんと研究すれば凄いことになってたかもな……。とか。
アイデアに対して努力が追い付かない。いつもそうやって、手の届く範囲の、「それなりにすごいもの」で満足してしまう私が嫌いだ。
「ちっともすごくないもの」ではない分、周りからそれなりに評価されたりして、それなりに満足する、そんな自分も含めて嫌になる。
——————————–
久々にブログを長々と書いてみました。せっかくの誕生日の翌日ですし、ということで、いろんなことを放出してみました。
いろんなことを考えて、伝えながら進んでいく。
何かを考えるのが好きな人間だからこそ、考えっぱなしじゃなくて、それを理解してもらえるようにしたい。
すべてのメッセージはエンターテイメントでなくてはならないと思う。
何の面白味もない綺麗事なんて誰の心にも残らないし、心に残らないメッセージは単なるノイズと何も変わらない。
面白味というのはもちろんギャグなんかではなくて、「心に残したいという思いとその表象化」だと思いたい。
メッセージというのは、もちろん手紙みたいなものだけではなくて、もっとありふれたすべてのもの。
——————————–
報告してないような気がしますが、先月に新曲を投稿しました。ニコニコにあるので気が向いたら聴いてやってください。
では。今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

person Profile

    Stories

  • ボンバーマン記事がSurface記事よりアクセス数で上回ってるー珍しい。どうやらTwitterで少しだけ拡散されたことは知りましたが。追記しとこうかな。

    (2018.08.15 20:02)
  • 1つのコメントや引用ツイートで全否定されてる気分になったり全肯定されてる気分になったりするのだから、コメントすることってやっぱり大事だな……。自分ではどうしてもそういうことが苦手だけど、有名人にリプライしたりするの、ちゃんとやらなきゃいけない気がしてきた。もちろん相手を人間だと思っていない失礼なリプライ送る人は全員ブロックされて然るべきだと思うけれど。

    (2018.08.15 14:57)

About

    Favorite Item List

  • Kindle Paperwhite

    Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

    何冊も持ち運べて、いつでも読み返せる。片手で読書ができる。使うまではピンと来ないけれど、一度使い始めると手放せない。

  • BOOTLEG

    【早期購入特典あり】BOOTLEG(ブート盤 初回限定)(CD+12inchアナログ盤ジャケット、アートイラスト、ポスター、ダミーレコード)(フィルムシート付)

    米津玄師さん待望の4thアルバム。『LOSER』『ピースサイン』などのシングル曲から『砂の惑星』カバーまで。

  • 青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

    青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない (電撃文庫)

    『さくら荘のペットな彼女』『Just Because!』の鴨志田一さんの傑作ラノベ。学校社会の独特な空気感と、そこに縛られた人々の心理を驚くほど見事に描いています。
    ヒロインたちも全員可愛く、毎巻あっという間に読み終えさせられます。アニメ化も決定し、作品も新展開に突入して今後がますます楽しみなシリーズ。

  • Apple AirPods

    Apple AirPods 完全ワイヤレスイヤホン Bluetooth対応 マイク付き MMEF2J/A

    Appleの左右分離型ワイヤレスイヤホン。コードから自由になる解放感、バッテリーの持ちも良好、完全ワイヤレスイヤホンの決定版。Android・Windows・iOSを問わず、一度ペアリングすればどのデバイスともスムーズに切り替えできる、Appleらしからぬ懐の広さも魅力。レビュー記事

  • Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

    ゲームの新たな可能性を提示した、2010年代最高傑作の続編。面白いに決まっているし、Switchごと買わない理由もない。

  • image (Maison book girl)

    image 【初回限定盤】

    ニューエイジ・ポップ・ユニットMaison book girlのメジャーフルアルバム。変拍子詰め合わせでありながら全く違和感を挟ませない心地良さ。アイドルソングの枠を超えて、現代音楽の最先端を突き進む1枚。

  • Surface Pro

    マイクロソフト Surface Pro [サーフェス プロ ノートパソコン] Office H&B搭載 12.3型 Core i5/256GB/8GB FJX-00014

    タブレットにもノートPCにもなる最強ガジェットの最新モデルにして完成形。「これさえあれば何もいらない」のコピー通り。値段も高いですが満足感も非常に高い。
    レビュー記事

  • Nintendo Switch (Splatoon2セット)

    Nintendo Switch スプラトゥーン2セット 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマホ壁紙 配信 ・Nintendo Switch Online 「個人プラン3か月(90日間)」利用券付き

    カタチを変えて、どこへでも。軽快に立ち上がって、自宅でも旅行先でもファミレスでもSplatoonが遊べる嬉しさ。

  • ドンキーコング トロピカルフリーズ

    ドンキーコング トロピカルフリーズ - Switch

    ディクシーコングと『スーパードンキーコング2』の作曲者・David Wiseが復活し、ビジュアル・サウンドの両面でレア社時代の空気感を更に強く受け継いだ、2Dアクションとゲーム音楽の最高峰。テンポの良い高難度2DアクションはNintendo Switchとの相性も抜群。

  • Xbox One S 500GB (Minecraft 同梱版)

    Xbox One S 500GB Minecraft 同梱版 (ZQ9-00068)

    Microsoftのスタイリッシュな次世代機。小型軽量化して4K/HDR映像とUHD BD(4k Blu-ray)に対応。BDプレーヤーとして1台持っておいても損はない。より高性能なゲーム機が欲しいならXbox One Xも。
    レビュー記事

  • 溺れるナイフ (Blu-ray & DVD)

    溺れるナイフ スタンダード・エディション [DVD]

    めまぐるしく変わるシーンとBGMの妙によって、一瞬たりとも目を離させない密度を持った映画。揺れ動く思春期の少女の感情を見事に描く、山戸結希監督の圧倒的な才能に驚かされます。